FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『蒼穹の昴』 第4話 皇后選び
『蒼穹の昴』 第4話 皇后選び


なんとも趣き深い作品となっていて
小説の想いの深さを
よくもここまで上手に
映像として表していることかと
作り手の監督さんやスタッフさんたちに
拍手してしまうほどの
深みのある作品にしあがっている。

小説として描きたかった世界や
内面の葛藤をいかに描くか。。
それが一番の興味あるところだったけれど
正統派の美しい物語となっていて
私達に展開させて観せてくれている。

ましてや日本人の作家の描いた
清の国の歴史物語を
中国の監督さんたちスタッフが
みごとに噛み砕いて理解して
繰り広げる物語の読みの深い作りに
正統派の映像を観るような気がする。

少しも手の抜かれていない
一場面場面が
隅から隅までとても美しい。

第4話となるお話の中では
光緒帝の孝心と優しさが際立つ。
浅田次郎さんの描くところの西大后は
今までの語り継がれていた
非道な西大后とは
少しだけだが
違った風な面を見せてはいるのだが

やはり 
どこかしら傲慢であることには
変わりはないようだ。

なんでもかんでも
自分の意のままにならぬことには
我慢がならず
無理を押し通してゆく。

無理強いの愛など育つはずもなく。
芽生えた恋心など 消せるはずもないものを。
なんと心無い人であったのだろうか。
と、
私はついつい 
西大后に批判めいた目を向けてしまう。

こういったことの全てが
清と言う国の行く末を左右していたのであろう。

西大后役の田中裕子さんや
その他の女性達の髪を飾る簪。
細工がとても美しくて。
目を奪われてしまう。

国は違っても美しい女性は美しい。

スポンサーサイト




テーマ:蒼穹の昴 - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1667-c8b93666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY