FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

12<<  2021.01 >>02
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ミステリー 民俗学者 八雲樹』2004年テレ朝
『ミステリー 民俗学者 八雲樹』2004年テレ朝


あら・・・
始まりの音楽からしていいじゃない?
お借りした及川光博さんの
『ミステリー 民俗学者 八雲樹』
ちょっとちょっと面白そう!

ちょっとばかり
『トリック』のドラマを想わせる作りだけど
どっちが先なんだろう?

まあ どっちにしろ
こういった
荒唐無稽なお話は嫌いじゃない。
童心になって楽しめる。
子供の頃培われた好奇心を
満足させるような探検物風なお話だ。

むかしむかし風な
古典物語的なお話をベースにして
描かれている物語を
紐解くのは大好きなほうなので
こういったお話には
するりっと入り込める体質だ。

普通だったら
おどろおどろしい趣のはずのお話も
なぜかこの人が主役を演じると
妙に明るい陽がさしているかのような
清々しい風が吹く。

にんまりとそのやわらかな笑いにも
包まれていくような作品になっている。

もって生まれた才能なのか・・(笑)
なんにしても人を惹き込む力はあるようだ。

この天然ボケの主人公。

僕は呑むとすごいんですって。
一口お酒を呑んだら
ひっくりかえって意識不明に(笑)
強いんだか弱いんだか。。
女にもめちゃ弱い。
お風呂でおぼれてしまうほどに。。(笑)

まあ。。
弱いものが多すぎる主人公だ。

乗り物には全般弱いし。
お酒も一口呑んだだけでころり。
雷にも弱いし。。
食べ物にも弱い。
って、
一体全体なんに強いんだろうか?

神経だけは図太いようだが。。
妙に繊細で細いようでもあるし。

心の闇を解き明かしてゆく。
愛の闇であったり。
怨みの闇であったり。
ねたみや嫉みの闇であったり。

その底の底にあるものは
憂いの大きな闇である。

さまざまの闇を解放してゆく。

及川光博さんのぼけぼけーーっとした
育ちの良さそうな青年ぶりがとても良い。
取り上げられている内容も
民話風で万人好み。
所々のギャグが笑える。

とても楽しい作品でした。
何回でも観てしまいそうです。

あみちゃんありがとう~~


どんなに深い悲しみも
激しい怒りや憎しみも
時が経てば
人は受け入れ
許すことができるようになる

人の心を癒すのに
時間にまさる特効薬はありません。

それは時間の力でもあり
同時に人間自身が持つ
強さだと私は信じたい。

強く生きろ!
最後に父はそう言いました。
その強さは
人を許す・・
いや、人を許せる強さなんです。

人が人に対してできること
していいこと。。
責めることでもなく、
憎むことでもなく、
ただ。許すことなんだって。
それが、
最後に僕に教えてくれたことなんです。

この八雲樹の言葉が胸に染む。

スポンサーサイト




テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント
あみちゃんへ
そうなんだあ。。
これはこれで好きだなあ。。
トリックも面白くて好きだけど。
なんかこういう笑のあるおどろおどろものって
好きですよ。(笑)
楽しい作品でいいですよね。
これもシリーズ化してほしかったなああ。
[2009/12/21 18:36] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]

ちなみに
トリックの方が先です。
設定や内容が似ているので、二番煎じ・・・って言われてしまったのかもしれないですね。

原作もあるみたいなんですが、私は見てないです。
[2009/12/21 18:33] URL | あみ #- [ 編集 ]

あみちゃんへ
八雲君いいですよねえ。
この天然キャラ・・
大好きです。
及川光博さんだから出来た役柄かもしれませんね
お似合いでな役柄でいいですねえ。
気楽に楽しめる作品で
気晴らしになります。
私はとても好きだなああこの作品。

楽しい作品だったわ
あみちゃん 本当にありがとう
感謝です。
[2009/12/21 18:26] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


この八雲くん、大好きなキャラクターです。
ただ気弱なだけのキャラじゃないんですよね、毒もはくし・・・・。
ミッチーがいい味だしてますね。

このドラマ、全体的におしいって思うんですよね。
役者さんも良かったし(平山あやは・・・・)設定もそれなりに・・・・って思うんですよ。
もう少しうまく作れば・・・・。
って思います。
[2009/12/21 17:33] URL | あみ #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1618-c51bae3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY