FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『大奥』映画 2006年
『大奥』映画 2006年


なんと
江島生島のお話は・・というと。
私の知っているのは
もう、それこそまたあ!
って言われそうなのだが。

40年も昔にもなろうか。。
有馬稲子さんと田村高廣さんとの
『大奥』という連続ドラマの中で
観たお話がとっても印象に残っている。

なんと切ないお話なのだろうと。
芝居を観に行ったかのように
ドラマに魅入った記憶がある。

もう古すぎる話とて
覚えている人など皆無であろうが。。

当時私は高校1年?位であったろうか。
まだ男と女の情念など
なにもわからぬ頃の物語に
興味津々の時代であった。

その頃としてはかなり斬新だったために
欠かさず観ている養母と共に
かなり生々しい愛憎劇の数々に
深いものを感じた時代でもあった。

そういえば。。
それよりも1・2年前には
『徳川の夫人たち』という
吉屋信子さんの原作によるドラマが
やはり世の奥様方を魅了していた。

今では
ちょっとした変なおじさんとなっている
秋野太作さんも
その頃には紅顔の美青年役で
お名前も津坂匡章さんとおっしゃっていて
公家出身の伊勢慶光院門跡尼君、
お万の方に佐久間良子さん。
その許婚の笛の少将を演じていらしたのだ。
はんなりとした優男さながらであったのに
なんと年月は無情なるものか。

そんな遠い作品までを想いだしてしまった。

話は戻るが。。
昔のテレビドラマの『大奥』では
錚々たる俳優さんたちばかりが出演されていた。

ちょっと笑えるところでは
あの美空ひばりさんが。
皇女和宮だったり。。
なかなかの個性的な配役が
なされていたというべきか。。

でも、その頃の女性達には
絶大の人気のテレビドラマだった。

18歳の頃には 親友達と
いの一番に泊りがけで旅行に行った先は。
なんと彦根城。。。
そしてこの
『大奥』や『徳川の夫人たち』のロケに使われた
楽々園に泊まりに行きました。

その頃は立派な料亭旅館ですばらしく
格式の高いお店となっておりました。
もともとは隣の八景亭と二つで一つ。
彦根藩井伊直弼の邸跡だったのです。
この映画でも
ちらっとお庭が使われていたりして
あ。。っと心に残りました。

泊まった頃には
金屏風を立てて 行灯と蚊帳。
隠し扉から隣の部屋へ
お風呂も昔のまま。。
夜は蝋燭だけの明かりで
怖いくらいで。。。
なにかが・・出そう。。

月明かりで見える彦根城が。
とても怖かった。。。

翌日には三船敏郎さんが
時代劇の撮影をやっておりました。

でも、数年前に懐かしみ
出かけてみたのですが・・
八景亭を残すのみで
楽々園は重要文化財としての存在だけで
誰一人足を踏み入れることのできない柵の中。。
あばら家のごとくになっておりました。

雷の間や。切腹の間。
謁見の間など。
まだまだ心に残っています。
気に入って2度ほど泊まったことも懐かしく
寂しい気持ちで廃屋化した建物を
眺めてきました。

なんて、
映画とはまるっきり関係のない話に。
いつものごとく脱線。(笑)

冒頭に。
東福寺の通天橋を歩いてくる
及川光博さんの間部越前守詮房さん。
なんとまあ。。
衣装がとてもお似合いだこと。

対峙する秋元但馬守喬知には
なんと、
あの『サムライ・ハイスクール』の
お父さんではあるまいか。
岸谷五郎さんが演じていらっしゃった。

へええ。。。

この映画が封切られたときには
正直、出ている俳優さんに
まったく興味がなかったせいか
今日まで観ることもなく・・・

あらためて拝見してみると。
これはこれで。

女性好みの美しい悲恋物語で
いかにも女性向な美しい映像。

及川光博さんのお侍さん姿を
初めて拝見し
まあ、お似合いじゃないですか。
能役者あがりという役柄にぴったりの
もともとの糸目。
能面のようなお顔だわ。

この方・・
光源氏なんかもやらしたら
お似合いじゃないだろうか。
なんてね。。
40歳でもまだまだ。
女三宮どころか
あまたの女をなびかせられそうですね。

スポンサーサイト




テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


コメント
NoTitle
昔の時代劇って衣装がすごかったですよね
小道具もすばらしかったり
ロケ地もちゃんとした昔のお邸をつかっていたり
そういう映画もドラマも沢山ありました。

大河ドラマもそうでしたし
佐久間良子さんが出演された
徳川の夫人たちも 衣装が素晴らしかったです。

上臈の内掛けなども
大きな菊の絵が描かれていたり
素晴らしかったですね。
このごろはそういう素晴らしいものを観なくなりました
[2009/12/17 12:35] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


仲間由紀恵さんのかな?私も絵島生島事件が大好きです、とちぎテレビでちわわんさんが見てたた大奥が再放送してまして衣装の豪華さに感動しました。小説では絵島の事を稀代の悪女と書いてあり、高校生の私は違うだろうと突っ込みいれた事あったなあ。
女の幸せを求めたら偉いこっちゃな大奥、現代に無くて良かったです。確かその頃の大奥って森山良子さんの曲が、主題歌になってたんだよなあ。そうだ「セラヴィー」って曲だあ。
そう言えば小説で読んだら、絵島さんはかなりの堅物だった様ですね、お嬢様育ちだったんだあ。男性より女性好きだったとの噂もあったとか、それを吹っ切る為に遊びに行ってとんだ事になった。なんか現代のホスト遊びみたい。すみません話が脱線しました、因みにお万の方様の回も見たんですが佐久間良子さんとは気がつかなかったあ。
[2009/12/17 09:26] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1610-dbb7f974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY