FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


★北野武監督が母校で講義★  その1
※※携帯で見られない人のために。
   そのまま載せてあります※※

北野武監督が母校で講義★  その1

映画監督の北野武が21日、
母校である明治大学のアカデミーホール
(東京都千代田区)で
「特別講義」を行い、
自らの映画手法などについて熱弁を振るった。

同日開幕した国際映画祭
「東京フィルメックス」の
第10回開催を記念したイベント。

たけしさん

東京フィルメックスが21日に開幕。
2000年に作家主義を掲げて
世界中からユニークな作品を集め、
その質の高さで
多くの映画ファンを虜にして今年で10年。
これを記念して
明治大学アカデミーホールにて、
「映画の未来へ」と題した
シンポジウムが開かれた。

海外の映画祭で評価の高い北野武
黒沢清、是枝裕和の3監督、
そして俳優の寺島進、西島秀俊が登壇し、
約5時間にわたり講義、
セッションを行う貴重な機会とあって、
約1200人収容の会場には
多くの映画ファンが集まった。

なかでも会場を沸かせたのが、
会場である明治大学出身の北野監督。

『その男、凶暴につき』(1989)で
監督デビューしてから今年で20年、
その間15本の作品を撮ったが、
なかなか当たらない現実を
毒舌を交えつつ振り返り、
北野監督は
「(来年公開の新作は)いろいろやったけど、
疲れ果ててヤクザ映画に戻ってきた。
でもメモリは1段上げている」と語る。

将来は
「監督、主演の両方を一度にやるのは大変。
監督はスタミナがいる。

いつか森繁さんみたいに
“ただ置いとけばいい”っていう役者になりたい。

行けばギャラもらえるっていう。
人の映画に出て、
わざと下手な演技して、
映画をダメにしてやるっていう
テロリストみたいな作戦に出るのもいい」
と笑いながら言うものの、

「映画の値段が均一なのはおかしい。
作品によって値段が違ってもいいのでは」
「『座頭市』を撮影しているとき、
同時にそのパロディ版を撮りたくて
しかたかなかった。

みんな公開作品に
同じ役者で撮ったパロディ版をつけて、
2本一緒に公開するのが
一番いい方法じゃないか」
と北野監督らしい
ユニークなアイデアが
次々に飛び出す様子からは、
将来最後まで
こだわり続けるのは監督業なのでは、
と思える。

また、
事前に
一般から受け付けた質問にも答え、
キャスティングについて
「撮影現場で
静かに撮り方や監督を見ている人がいい。
たいていそういう俳優はカメラ回してもいい」、

監督を目指す人からの
テレの克服については、
「テレビでも今当たっている人は
たいてい恥ずかしがり屋。
テレ屋な人は、
人より読みが深いと思う」
とシンプルな質問の中に、
北野監督独自の見方が
垣間見える話もあり、
あっという間の1時間であった。

後半には、
その北野映画に出演した
寺島と西島が登場し、
黒沢、是枝両監督にジョイント。

理解できないからつまらないではなく、
何だこれはと思うことが重要、
そんな映画が
上映されるフィルメックスの魅力について
熱い議論が交わされた。

みんなで
スポンサーサイト




テーマ:好きな芸能人。 - ジャンル:アイドル・芸能


コメント
猫又さんへ
やはり今年は武さんが語ったということが
とても大きかったようですよ。
寺友さんのお話では
やっぱり武さんの語りは上手かったようで
とても楽しめたそうです。

さすがですね。
一味も二味も深かったようです。

私も聞いてみたかったな。

なかなか年寄りの犬も居るしで
行くのには勇気と決断が要るようになりました。

でも寺友さんが色々と
教えてくださるので助かります。
感謝です。
[2009/11/26 14:20] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


普通なら絶対に集まらない面々、うーん行けなかったのが残念です。来年も寺島さんはご出演されるかな?来年こそは…行けたらいいなあ。
ちわわんさん、今日は良いお天気ですね。
出不精な猫又もつい外をお散歩したくなりました、ぷりんちゃんみたいな可愛いわんこさんに会えるかなあ?
[2009/11/26 10:41] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1563-04c23683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY