FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『真夏のオリオン』 映画感想
『真夏のオリオン』 映画感想

パンフレット

この映画を観に行って、
ちょっとばかり驚いたのは、
映画館に観にきていたのが、
お若い人達よりも、
80歳の齢を超えたと思われるような、
ご夫婦の姿が多かったことだ。

へぇ。。。。
珍しい。。。

帰りの道すがら、
一緒に信号待ちをしていると
話し声が聞こえてきて
あの鈴木と言う人は、
今生きていたら
80いくつかになっているんだろうかねえ。
まだ生きているのかねええ。。
などと、語っているのが聞こえた。

普通今までの戦争映画というと、
どちらかというと、
陰惨で、悲惨な場面が数多く登場し
思わず、その残虐な場面に
目を覆ってしまいがちなものなのだが、
この映画にいたっては、
観る人にとても優しい配慮がなされていて、
凄惨で血みどろの場面はなにもないのだ。

戦いのシーンにしても
人と人とのアップのみで
心情としての戦争を描いていて
血を見る場面は 極力避けられている。
叙情性の強い映画である。

今風な、
頭の中で構成して、理解できているという
基本線を元に描かれている。
ちょうど、文面で語られているような
演劇を見ているようなかんじのする映画である。
美しい場面場面も多く 映されている。

それが、決して嫌だというわけではない。

こういった美しい 
一編の楽譜そのもののような。

そんな戦争映画があっても
いいのではないだろうか。。。
と、私たちにおもわせてくる。

ひしっと。

そしてまた、最後に流れる歌が
とても美しい映画だった。

軍艦
スポンサーサイト




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/07/07 10:13] | # [ 編集 ]

猫又さんへ
とても美しい映画でした。

ファンタジーとまではいかないまでも
そこはかとない
ほんわかムードに
包まれてしまうような作品でした。

観終わったあとの感じは
人それぞれだとは思いますが
おおむね
ほわーーーーっとした
癒された気分で帰ってきたのでは
ないでしょうか。

こういった捉え方もあるんだなああ
と、
また新たな表現のしかたを学んだような気もします。

まわたでくるむように
戦争を伝えています。
[2009/07/07 08:47] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]


たしか主演は玉木宏さんかな?あの方は何を演じても、内なる激しさを表現出来る良い役者さんです。
楽譜が鍵を握ってる映画なんですね、美しい映画が少なくなった昨今鑑賞してみる価値ありですね。
[2009/07/07 05:35] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1298-6ac88f3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY