FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2019.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『天使と悪魔』 下巻 ダン・ブラウン原作
『天使と悪魔』 下巻 ダン・ブラウン原作


やっと全て読み終わりました。

上巻と中巻とを読み終えた後に、
映画を観に行ったせいか
お話の展開と段取りなどが、よくわかり、
複雑な、
想像の中では、空想しきれない部分をも、
理解しつつ、
映画を観ることができました。

そして、結末へ。

むむむ。。

なんとも、すっきりしないところが、
ひとつ。。。ふたつ。。

観終わったあとに残った。

そして下巻の結末へ。

少しかなしく、少しせつなく。
納得のいく謎解きが書かれている。
映画では触れられることの無かった、
親心だ。

不肖の子ほど 可愛いという親心。
後悔先にたたず。

神の愛は なによりも、
  親の愛でもあったのだ。

そして、もうひとつ。

科学の力のすばらしさと。
それを阻んだ信仰の力と。。

そんなものをも。浮き彫りにした。

それもまた、親心だったのだが。。。


スポンサーサイト




テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1204-b78f812d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY