FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2020.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


宮本武蔵 巌流島の決斗 1965年 昭和40年 監督内田吐夢
宮本武蔵 巌流島の決斗 1965年 昭和40年 監督内田吐夢


剣豪と言うよりも、
なにか、
がむしゃらに、
武芸の道へと突き進んできた、
仕事人間にも似た、

やるべき事を成し遂げてしまった男の、
空虚感が、漂うような作品だ。

歳を重ねてきた中高年にも似た、
目的を見失いそうな、
武蔵の姿が描かれている。

老いの大成とまでとは言わないが、
心の葛藤を描いているような作品で、
若さゆえに、勢いで、突き進んで行った
がむしゃらな強さは、感じられなくなってきている。

今までの自分を、振り返り、思い悩み、
自分の新年と、倫理観との狭間に苦しむ。
悔恨の武蔵の姿が描かれている。

すこし、哲学的な匂いすらする。

後に、養子として迎えることとなる、
身寄りの無くなった少年伊織との、
田畑仕事などしての生活も、
その後の、
隠棲した生活を営むこととなる武蔵の、
生きるべき姿への姿勢がのぞかれる。

子供とのふれあいが、
武蔵のささくれた心を癒したものなのか。

もくもくと、
生きる事を追求する。
無常の心にも似て、
無心の平常心を保ってゆく。

そういった姿が、たんたんと、
上手に描かれている。

あたりまえの姿を、あたりまえに。
自然に描いている。
監督さんの、武蔵像が、現れていると思う。

奇をてらうことなく、普通に描く。
そういうことも、一種の腕なのだろう。

今、この作品を撮ったなら、
こんなふうに、
自然体の映像として、描けるだろうか?

そんなことも想いつつ、
眺め観るような気持ちで、映像を観た。

だが、無心へと、
邪心を祓うがごとくの姿なのだが、
あくまでも、女に対しては、
無情な男だと思う。

剣は無情だ!という武蔵に対して、
いいえ、無情なのは、剣ではありません。
あなたの心です!
と、いうお通の叫び。

なんとも哀れではある。

非凡な男に惚れるより、
平凡な男に惚れたほうが幸せ・・
ということを証明するかのような、
あけみと又八の姿が、眼に痛い。


☆後に、武蔵の養子になる、
  三沢伊織に、金子吉延君。
  なつかしいな。この子。
  仮面の忍者 赤影や、
  ワタリとか、悪魔君とかの子だ。
  今はどうしているのだろう。
☆柳生但馬守に、田村高広さん。
☆細川忠利に、里見浩太郎さん。
  昔はこんなに優男だったのよねえ。。
☆家老の、長岡佐渡に、片岡千恵蔵さん。
  風格あるなああ。。
☆耕介(研師)に、中村是好さん。
  味のある俳優さんだった。

武蔵になりきっている 萬屋錦之介さん。
この作品を撮っていた頃は、なんとまだ33歳・・・
若かったのねぇ。。。

では、他の方は?と思って調べてみると。
高倉 健さんは34歳。
里見浩太郎さんは29歳
入江若葉さんは22歳
田村高廣さんは37歳
河原崎長一郎さんは26歳
木村 功さん 42歳
三国連太郎さん42歳
片岡千恵蔵さん62歳
千田是也さん61歳だった。

知らず知らずに 惹きこまれてしまっている。
やっぱり、
この作品は順番に5部全部を観てほしいかな。
そんな風に思える作品だった。

正直、
今の時代劇に物足りなさを覚えてしまう私には、
やっぱり、この頃の時代劇が好きだなあ。
観終わったあとの、満足感が違う。

スポンサーサイト




テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


コメント
猫又さんへ
萬屋錦之助にぴったりですね。本当に。
親と一緒に映画を観にいったときには、
内容がまだ難しくて 
その意図しているところがわかりませんでしたが、
迫力のある73人斬りのシーンなどは
とても印象にのこっておりました。

今、あらためて観て見ると、
監督さんの言わんとしていたところが、
少しつつ、理解できて来るように思います。

若いときに観た映画が、
今の年代で観ると、まったく違った意味を持って
こちら側の心に、うったえてくるようです。

色々な無常と、情けと、
心の動きのもどかしさ・・などが
伝わってきます。

高倉健さんとの巌流島は、
深夜テレビでも再放送されていたりで
何回か眼にすることもあったんですが、
こうやって 5部続けてみるといいですよ。

ぜひ観てみてください。
お勧めです。
この後の『真剣勝負』という映画も、
観てみたいのですが、
レンタルやさんに出ていませんでした。

今時代劇をシリーズで出しているDVDがありますが、
それは巌流島一本しかハイっていません。
それだとちょっとわかりづらいかもしれません。

寺島さんの武蔵、似合いそうです。
いいだろうなああ。。
[2009/02/12 06:28] URL | ちわわん #vkcXtX9g [ 編集 ]

お久しぶりです☆
宮本武蔵は、忠臣蔵に次ぐ時代劇の王道ですよね。非情な男なのね、萬屋錦之助さんにぴったりだなあ。
もしかしたら本屋さんにある、時代劇シリーズかしら?そうだったら購入して、見てみたいです。昔の時代劇は、何しろど迫力でしたよね。私が子供の頃は日曜日の3時に、たくさん放送されてて、確か巌流島も見たよなあ。ただ私は、ドリフ映画目当てでしたが。
私も時代劇好きです、これからも情報をお願いします。
寺島さんの宮本武蔵が、見て見たいと切に思います。
[2009/02/11 07:48] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1000-7e4a93f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY