偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

02<<  2017.03 >>03
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ご近所の薔薇!
死テロですp
さあ・・お出かけしようかしら? (*^_^*) って・・・

素敵
まるで私の車のようでしょ! byぷりん! ふふふ。。

お洋服もまるであつらえたように車にぴったんこ!似合ってるなああ・・・(*^_^*)

これは・・ 友人の娘さんの新車なんですよ! かっこいいなぁ~~!

おふろ
この頃美容院ばかりでなく・・・お家でベビーバスに入ることが多くなりました。

歳でしょうかねえ。。ヨダレも多くなってしまったし・・・おまたも汚れるようになりました。

背中にうたせ湯してもらうと・・・寝ちゃうんです! (*^_^*)

おはよう
おはようぅ~~!

おともだち
ご近所のトトちゃんとくんくんです! (*^_^*)
くんくんはもう夏バージョンのライオンカットなのですが・・・
この日はちょっと風が冷たくて・・・私はカーディガンを羽織っていますわん。

にら?

紫の薔薇
綺麗な色の薔薇でしょう~!

丹精こめて
毎年・・丹精こめて咲かせている知人のお宅!

薔薇
とっても素敵なんですよぉ~~!

いつも
いつも惚れ惚れ!

見とれて
見とれてしまいますぅ~~!

毎年
毎年毎年・・・楽しみなんです!

みんなで
(↑クリックすると大きくなります)

みんなで
こちらにも ぷりんと同じ13歳のワンコが居ます!

今日は
(↑クリックすると大きくなります)

今日は
今日は御家の中から・・出てきませんが・・・・(*^_^*)

毎日
毎日・・・通るのが楽しみなんです!

ふよう
(↑クリックすると大きくなります)

ふよう

咲かせる
毎年工夫がされていて・・・

工夫
咲かせる薔薇も色とりどり・・・

なんて
なんて綺麗なんでしょう~!

ばら
いつも・・いつも・・・お手入れをされていらっしゃるんですよ!

ため息
ため息ばかりだわ・・・・

桜餅
私・・・葉っぱさら食べれる桜餅も大好きなんですよ!

さくらもち
中を割ると・・こんなふう!

unagi
食べかけてから・・・はっと・・・写真を撮りました! 頂き物のうなぎ!美味しかったぁ~~!

ご馳走様でした。(*^_^*)

さて・・今日も電車に乗って薔薇を見学・・・

毎日朝と夕方には3時間近くをカートでぶらぶら・・とことこと。。
なかなか訪問できなくて・・ごめんなさいです!

のんびりと。。うかがわせていただきます!(*_ _)人
スポンサーサイト

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット


節分のお菓子色々
節分のお菓子色々


頂き物お菓子。
こちらはチャッピパパから京都のお土産で頂いた
ぬばたまの和菓子。
黒糖の香りも美味しく頂きました。
ご馳走様です。

節分の柊木
玄関には節分用の柊木を。

節分のお菓子。
節分のお菓子を色々と。。

俵や吉富
こちらは俵屋吉富さんの福豆。

鶴屋吉信
こちらは鶴屋吉信さんの福豆。

今はもうやっていないのだろうか?
20年近く前に。
お茶の先生や友人達と共に。
鶴屋吉信さんの季節のお菓子の頒布会に入っていたのだが。
毎月桐箱に色んな季節の上生菓子が入っていて楽しめたものだった。

そのときにこの福は内のお豆も入っていた。
ずっと変わらぬお菓子なのだなあ。

叶匠寿庵のおたふくさんのおせんべいセット。
あれも懐かしい。
自分の家でトースターで焼くと
おたふくさんが膨らんでふわふわのおせんべいになったな。

鶴屋吉信
こちらも鶴屋吉信さんのもの。

昔何月の頒布菓子だったか。
丸い桶の形の箱に。
ナスとかぶらのお菓子がぎっしり。
いまいちピントこない季節感だったが。
今思うと。
京野菜の季節を現していたのかもしれないな。

赤鬼さん
赤鬼さん。

青鬼さん。
青鬼さん。

おたふくさん
おたふくさん。

鬼の金棒
鬼の金棒。

豆まきの豆
豆まきの豆と。
芸が細かいのは甘春堂さん。

私たちの若い頃。
食べれる抹茶茶碗が人気で
直ぐに私たちも買いに行ったものだった。(笑)

好き?
僕のこと好き?
うぅ~~~ん。どうかな。

好き?
ぷりんちゃんはどう?
・・・・・。

すねちゃうぞ
いいよいいよ。

お菓子。
ママのお菓子あげないよ!

仲良く
ま。そういわずに。仲良くZ!

お芋とりんご
またまた。。
リンゴをさつま芋と一緒に。
一人で食べるには大きすぎるリンゴ。
ついつい手を加えてしまう。(笑)

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット


お正月のお菓子あれこれ。
お正月のお菓子あれこれ。

花びら餅
花びら餅。

花びら餅
20年くらい前に嵐山にあった老松で買ってから
毎年必ずお正月には購入。

今年は叶匠寿庵のものを買いました。

うさぎっぽいお菓子は?
と。思って探したら。。。

ロールケーキ
こちらはイエローパンプキンのうさぎのロールケーキ。

可愛いな!

そういえば。

うさぎの生菓子
こんなのやら・・

末富
末富のうさぎやら。

うさぎまんじゅう
こんなのやら。

まんがちっく
こんなに可愛いものやら。

うさぎまんじゅう
ネットで購入したいお菓子がいっぱい!

どれか買おうかしら?ね!

あなたならどれを買う?

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記


★雅の世界 百人一首★ 2010年1月2日 NHK
★雅の世界 百人一首★ 2010年1月2日 NHK


この頃、
百人一首離れというか。
あまり
百人一首を諳んじる若い人には
お会いすることも無くなったせいか。
どんなものなんだろうか?
と、想うことがある。

私達の子供時分には
だれもがみな当たり前のように
一首や二首は空で言えたものであった。

お正月だと言えば
家族、親戚一同うちそろっては
夜中過ぎまでも
百人一首やカルタ取りやら
トランプやらゲーム版やらと
飽くことなく歓喜して興じたものであった。

その時の勝者への
賞金ならぬ商品などは
名誉とみかん一個だけだった。(笑)。

一昨年に96歳で亡くなった叔母や
その一年前に99歳で亡くなった叔父などは
めちゃくちゃに強くて
プロはだしの腕前であって、
いつの間にやら彼等の前には
みかんの山がうず高く出来ていたものである。
それがまた、
私達には悔しくて・・悔しくて・・
なんとか二人を負かしてやりたいものだと
真剣勝負に必死になったものである。

詠みては。
声も朗々とまろやかに高らかに。
祖母が詠むのが常でした。
そして、
家族いっせいに向き合って
畳に両手をついて構えるのだ。
前かがみになっての戦闘態勢だ。(笑)

今ではとても懐かしく想いだされる。
いとこ達や、兄も私も、
いっせいに取り合うのだ。
10数人で興じる神経衰弱やトランプなども
またとても面白かったし。

花よりだんご。
犬も歩けば棒にあたる。。などなどの
オーソドックスなごく普通の大判かるたも
充分に楽しめた時代だった。
チェスやダイヤモンドゲーム、帽子取りゲームなども
あったなあ。。

そして、
百人一首にいたっては
いい年をした大人たちも
こぞって自分のオハコなる作者の札があり
それだけ一枚だけは
どんなことをしても死守したがったものだった。
誰にも取らせてはなるものかと
頑張ったことも懐かしい。

あさぼらけ~~♪
この歌も。
もう最初の一文字で
パン!と札がはたかれて飛んでいた。

叔父や叔母達の強いこと強いこと。
養父もめちゃくちゃ強かったなあ。
ムキになる子供等の真剣だったこと。。

今想うと 
とても懐かしい。
あんなふうに、
家族や親戚がうちそろい
遊ぶなんて。。
ここの所。
とんと見たことがない光景だ。
わいわいがやがやと
大家族だった頃も懐かしい。

恋すてふ わが名はまだき・・・
君がため 春の野に出でて・・・
・・
そんなことを想いだしつつ。。
この番組を観ていた。

そしてこの頃の
百人一首離れを憂いたものなのか
NHK土曜時代劇で
今度『この花 さくや』
という時代劇をやるようになった。

まだ一話だけの放送なのだが
30分枠と短くて
あまり話しの筋が見えてはこないのだが
ちょっとばかり
楽しみにしている私だ。

百人一首
これは私が42年ほど前に
養父に買ってもらったもの。

百人一首箱
いまだに大切に保管してあるので
金散らしもそのままに美しくて綺麗です。

ふだ
形見の品になりました。

天橋立百人一首
こちらは昔天橋立に行った折に買ったもの。

与謝野晶子の歌なども載っております。

本も一緒に購入してきました。

天橋立百人一首本
こちらがその本です。
解説が丁寧にされていて 美しい絵が。


テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術


万年筆とガラスペン。
さらさらさら・・・と。
私は万年筆が好きである。
だが、
もう、私よりも、
ひと回り下の年代の人には、
とんと、
使われなくなってしまったものらしく
今日も、
友人達と話をしていながら、
万年筆時代では、
なくなっていることを実感した。

モンブランにパーカー、
セーラー、パイロットにペリカン、
クロスにプラチナ・・と、
便利なカートリッジなるものも、
世に出てきて便利になったのも、
私たちの学生時代の話だった。

それまでは、
ちゅぅ~~っと
インク壷から吸い込んで
ためこむ形の万年筆を
ずっと使っていたものだった。

ちょっと油断したりすると
胸のポケットに染み出てしまって
洗ってもおちなかったり。。。
なんて、こともあったのだ。

今となっては、
それすらも、
とっても懐かしくもあるかな。。

私の学生時代には、
綺麗な色インクと便箋が流行し、
ペン先を綺麗に洗っては
丁寧に付け替えては とっかえひっかえ
美しい色字を書いていたものだった。

透けるような薄い黄緑色の紙に、
緑のインクで字を書いて・・
薄紫の紙に
紫色のインクで字を書いて・・
そっとラベンダーの香りを染み込ませ・・
なんてね。。。
練り香水をこすり付けて出したり・・
そんなお手紙を出したものでした。

そんなことも今となってはなつかしい。。

今様の文の交換も、
もう、無くなって久しいなあ。。

今はメールで済ましてしまう時代となり、
これでは なんとも味気なく、
つまらないものになってしまったことだと
思うのは。。
私の年代までのことなのだろうか。

香りのある手紙。
色のある手紙。

そんな色っぽい手紙を、
また書いてみたいものだ。

色とりどりのガラスペンと言うものを
ご存知だろうか?

学校の授業でも、
一度は使われたこともあるのでは?
ないだろうか?

美しい細工のガラスペンを
見かけることが少なくなってきた。
和心の込められた
美しいインクの色も 沢山ある。

ぎゅっと絞ったようなガラスペンの
シボの中に、
たっぷりとインクを含んで書く字は
意外にも細くて堅い。

神経質そうな繊細な字が生まれていた。

ちょっと字を書いてみませんか?
昔ながらの筆記用具で、
味のある字を。。

ガラスペン


テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記



Design&Material By MOMO'S FACTORY