ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「あの頃ぼくらはアホでした」  東野圭吾さん
「あの頃ぼくらはアホでした」  東野圭吾さん


この頃
めちゃくちゃに日当たりが良い
ぬくぬくとした部屋に居るせいか。
朝は早くから目が覚めてしまい
あれやこれやと一日の家事をこなし。
ばたばたと
生きているという活動を
開始するようになってしまった。

朝だなぁ~~っと実感するように
日の出すらも
眺めるようになってしまった。

これってひょっとして。。
すっかりと老人の早起きの部類かしらん。。
などとは。
露ほどにも考えないようにしつつ。
払拭し。
余った時間には本を読んだり。
編み物をしたり。。

丁度東野圭吾さんの
「あの頃ぼくらはアホでした」
という本を。
購入したままに
放置してあったのを手にとった。

ぷぷぷ・・・っと。
読み進うちには何度となく
そこかしこで笑いが吹き上げてきてしまう。

どうも東野さんのお姉さんと私とは
丁度同い年であるらしいのだが。
彼の書いていること一々が。
そうだな。そうだなっと。
私にはもっともだなっと
頷いてしまうような内容で
同調できるものばかりであるのだ。

特に怪獣映画という
総称で呼ばれている
特撮映画のハシリである
ゴジラやガメラなどという話に至ると。
出てくる怪獣全てを知っており。
現役バリバリで見ていた私。(笑)

そして。
円谷プロの手がけたテレビドラマ
ウルトラQやらウルトラマンやら。。

そこで東野さんが
熱く語られている内容が。
とても良く理解できてしまうのだ。(笑)

そしてその時代特有の
学生たちの学生らしい姿にも
見覚えがあり、
共感を覚えてしまう。

誰しもがこの頃に。
いろんなハジケタ青春の想い出を持ち。
今では考えられないような
面白おかしい青春模様の記憶があるものだ。

今のように
みんな一様な学生時代を送るのとは違って
かなり路線のずれこんだ子も多かったものだし。
破格の人種も多かった。

そんな想い出を
いつまでもとどめていて。
思い起こさせるような楽しい作品となっている。

まあ。
さしずめ。私に例えるとするならば。
私はいつでもアホだったということになるのだが。。

小さな文庫で
あっというまに読める一冊です。

ぜひどうぞ!

スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学


『予知夢』  東野圭吾著
『予知夢』 東野圭吾著


またもや東野圭吾さんの作品を読んでみた。
これも面白くて、一気読み!
内容的には、
テレビドラマの『ガリレオ』の物語の、
基となったお話になっている。

テレビドラマでは、少し手が加えられていて、
組み合わせや、
主人公達の関係が変えられていたりしたものも、
こうやって、また小説として読んでみると、
これはこれで、また、味わいがちがっていて、
おもしろかった!

そうおもってみると、
あの、ドラマ化に当たっての、
脚本家の方もすばらしく、
おしゃれに、
上手にまとめられていらしたものだと感心する。

今風な風の吹くような ドラマだった。
主人公を演じていらした福山雅治さんもおしゃれだし・・
本中での、絡み役の草薙刑事に代わって、
柴崎コウさんが華をそえた。

たいしたものである。

脚本家さんは、福田靖さん。
『HERO』や『救命24時』『海猿』なども手がけたらしい。


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学


『探偵ガリレオ』 東野圭吾著
『探偵ガリレオ』 東野圭吾著


映画、ドラマにと、
ガリレオシリーズが面白かったので、
そのルーツ的にと、
読んでみたいなとおもい、買ってみました。

あっというまに一気読み、
面白い!

どれも、テレビで観た話の内容ではあったが、
飽きさせず、連れ込まれるかのように、
ミステリーに引きずられてゆく。

眼に浮かぶ リアルな情景に、
にやにやしながらも、紐解き、遊び
読みきることができた。

確かに面白くて、
次も次もと、買って読みたくなる作家さんだ。
魅力のある作品が多そうだ。

作中に出てきた、
レイ・ブラッドベリの時代が私だ。
『10月はたそがれの月』
これがもう、たまらく怖かった。
心が冷えるというか 凍てつくような作品。
お勧めです。


テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学


『容疑者Xの献 身』 2008年 
『容疑者Xの献 身』 2008年 


原作は、『流星の絆』の東野圭吾さん。

少し体調が悪かったこともあり、
起き上がるのも、だるい一日。
わんこたちのお散歩を済ませて、
友人が貸してくれたDVDを観た。

恋物語・・・
私には、かすかなラブソングも、
聞こえてくるような作品でした。

淡い恋心が、
たとえ、冴えない風貌の男から、、
発するものであろうとも。

それはもう、りっぱなうたかたの恋。

面白い作品だった。
原作も読んでみたいなと思わせる。

いかにも、ひっそりと。
誰からも、関心を寄せられることも無く、
生きようと、死のうと、誰にも気に止められなかった、
数学者、石神哲哉。

その彼の心に、ぽくっと咲いた一輪の花。

それを守るためにならば・・・
献身の一言だ。

これぞ、まさしく。

ガリレオのドラマを、私はたまたま
1作品くらいしか観ていなかった。
今にして、思えば、とても残念におもう。

この作品を観る限り、興味がわいた。

もさっとした、いかにもモテそうもない、
哀しい男の、純情と、生きがい、
そんな風情を、堤真一さんが、
とても上手に演じてらした。

留置場で、天井に、4色色分けを展開させて、
夢見心地で、しあわせ感に浸っている様子は、
観ている私たちをも、
とてもしあわせな気持ちにさせてくれた。
あの場面が 好きだな。

最後に慟哭する場面も。

おもわず・・・もらい泣き。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY