ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


とんぼ   1988年 TBS  その2
とんぼ   1988年 TBS  その2


とんぼは やっぱ 極楽トンボからきているんだろうか?

それしか思いつかないが、
この作品を見ている間中、
まあ・・長渕剛さんの歌は みんなどれもそうなんだが、
歌に インパクトがあって、
ずっと耳に残る。

この作品の歌も、
かっては どこでもかしこでも 流れていたように思う。

長渕剛さんも 一時期は一世風靡した時代があって、
なんでもありのお方だったのだが、
そういえば、この頃 テレビでお見かけしなくなってしまった。
石野眞子さんと結婚離婚、志保美悦子さんとの再婚、
国生さゆりさんとの浮名・・と、
けっこう華やかな話題の 多い人だったなあ。

どうなさっているのだろうか?

作品自体には 男らしさが凝縮されていて、
”渇”のある、
気合のこもった 作品が多かった。

この作品をみて 影響を受けた・・云々という
せりふも なにかの映画の中に あったような・・ 

そのくらい 当時の男の人をも 虜にした作品だった。
これによって
ヤクザ人口が 増えちゃったのかもしれないね。。
あはは。    

ーーーーー★    -----     ★ーーーーー

クンクンクン・・
印象に残っているのは 
主人公の英二が やたらと食べ物の匂いを
クンクンクンと嗅ぐところだ。
いちいち 匂いを 嗅いで確かめてから 食べ物を食べるのだ。
そのしぐさが ずうっと後々までも 眼に残って
思い出せて笑えた。


この主人公英二さん。
ある意味、
自分自身の、人を見る眼が なかったということに
なるのだろうか。

自分が信じて ついていった 親でもあるような親分が、
最低最悪の人物だったのだが、
それならば なぜ、
彼は この人を 一生をかけても惜しくない人物だと
見込んで 信じ 盃を受けたのだろうか?
・・なんてね。疑問がわいてしまう。

寺島進さんは その最低の組長の 下っ端さん。
賭け賭博の 賭博場に詰めている組員の一人だ。

耳の上に煙草を一本 乗っけている。
白の上着に 派手派手の赤のプリントシャツ、
黒のズボンに、 白のエナメルベルト、
人相もワルっぽい こずるそうな顔つきである。

「お前も えらくなったのぉ~」とか いっちゃって
広島弁みたいな感じで喋るのだ。

耳には 大きな金色のピアス。
デザインは 安全ピンだったりする。

血がドバ!ドバ!!

ま。。この耳が ちょん切られちゃったりするんだけどねえ。。
そのシーンがあまりにも 強烈で 鮮烈で、陰惨で、
ここだけを覚えているという 友達が数人いたくらいだった。
だけど その切られた本人が 寺島進さんだったかは
覚えていないというひとが ほとんどだ。

またこの頃の寺島進さんに 共通しているのは。
どこを見ているんだか 居ないんだか、
見ているところの 焦点が定まっていないような
目つきをしていることだ。

俗にいう 
あっちへ いっちゃってる系の目つき・・が多い。
それが 怖いくらいなのだ。


「綺麗な耳をしてるなぁ~ 
  俺こっちないのぉ~~ 
   お前の兄貴によぉー ばさ!・・・」
と。
英二の妹に からむ場面があるけれど。。
この時の 悪そうな目も 怖い。
つま先歩き方すら危ない人で 怖すぎる。

しかも耳には 黒い蓋のような 耳カバーが掛けられている。
不気味な 危ない系の人である。

もともとは殴られ役だった 寺島進さん。
ばしんばしんと 長渕さんに殴られ蹴られ、
あげく 耳はちょん切られ、、
いいことなし。。の お役ですが。
しっかりと 万人の記憶には 焼きついいると思います。

また。事務所の電話で、
賭博の注文を 受けている場面では、

「いつも、どうもありがとうございます。
 あ?寺島さんですか?
 3-2?○○・・ ですね?」

って ノミ賭博の電話の応対に
自分の名前を いかにもお客様の名前のように
言っているのが笑える。

お茶目だね。  (笑)

あとは すごく後味悪く 印象に残っているシーンに

英二が路上で残党に めためたに刺されて 
血だらけで ぼろぼろになりながらも なお
ポケットから 煙草を一本 取り出して 
それを ちまちまっと吸う姿・・・
これが  目に焼き付いていていて
後年 
話の内容は覚えていなくても そこだけが 浮かんだ。
苦いドラマだ。

一生懸命な寺島進さんを どうぞ。


余談だが・・
昔ベーターで撮ったビデオ・・どうしてくれる?と
いいたいね。。

今もブルーデイになったけど。。
東芝製品を買ってしまった 私には。。
むむむ。。。
だね。
書くと長くなるから・・やーーめた。



スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


とんぼ   1988年 TBS  その1
とんぼ   1988年 TBS  その1



コツコツと アスファルトに刻む足音を、
踏みしめるたびに、
俺は俺であり続けたい
そう願った。

裏腹な心たちが見えて やりきれない夜を数え、
逃れられない闇の中で、
今日もねむったふりをする。

死にたいくらいに憧れた、
花の都、大東京、
薄っぺらの・・・・

あぁ~しあわせのとんぼよ~ どこへ~
お前は どこへとんでゆく=
あぁ~しあわせのとんぼが~ ほら~
舌をだして 笑ってらぁ=


ーーーーー★     -----     ★ーーーーー



海の中から 黒のチャップリン風にも見える スーツと帽子で、
長淵さんが 傘をさしたまま
歩いて出てくるシーンが 印象的だ。
昔ワンタッチの傘のメーカーが 出始めの頃、
こんなコマーシャル映像をやったなぁ。


実は、この作品に出てくる 寺島進さんは
上下真っ白のスーツではない。
のだが・・
白の着はじめなのかな・・っと。思うので 載せて見た。

真っ白な硬い材質の上着を かっしりと、
赤のプリントシャツの上に着ているのだ。
しかし なぜかズボンは真っ黒。

やっぱりまだまだ 下っ端ヤクザさんは
雑用もこなすし、ぱしりもするしってな具合で、
汚れやすいズボンは 履いては居られないのかもしれない。

しかし、ベルトは白のエナメルベルトを着用している。
寺島進さんって エナメルのベルトがお好きなようで、
このあとの作品でも 
眼の覚めるような黄色の エナメルベルトを締めている。
ヤクザさんとしては 光物でまとめていないと 駄目なのかしらね?
ふむ。

しかも、シャボン玉の時には
シャツはシルクのピカピカ艶のある 光る素材の薄紫で、
そこにカラーバリエーションよろしく 
キレイな黄色の鮮やかなネクタイ、
黄色のエナメルのベルト、まっききの靴下、
スーツは真っ黒と こんな具合だ。

だが、これがまた、
とても良く似合っていて ステキだったのだ。

と、
関係のないほうの作品の 洋服のことまで 及んでしまったが、
とんぼの方では
まだまだ 体格が良すぎて、少し ムキムキマン風だ。

だから、せっかくのお洒落も 
ちょっとばかり その体格が 邪魔をしてしまっている。
スマートに キザで粋に見えないのだ。
すこーし ダサダサに見えてしまう。

余計なお世話か・・・あはははは。


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


ビー・バップ・ハイスクール  高校与太郎哀歌      1986年
ビー・バップ・ハイスクール  高校与太郎哀歌      1986年


なんと、なんと 驚き桃の木。。
灯台元暮らしとは よく言ったもの。


ビー・バップ・ハイスクールの小沢仁志さんのものを
見てみたら 
なんとなんと ロケ地は静岡だったわ。。
あらららら・・・

ほとんどが旧清水市の駅前 清水銀座で撮影されていた。
へーーーー。。。
清水港に 興津。 羽衣の松。
へぇーーー。
知らなかったわぁーー。

静岡駅の駅ビル パルシェもはっきりと ロゴまで映っている。
へぇーーー
静岡のなじみある映画街 七間町のオリオン座。
その壁の絵まではっきりと 映っているし、
その前の旧東宝会館 現在のピカデリーの上で
小沢仁志さんと中村トオルさんが 争う場面が、

へぇーーーの連続、
びっくりだわ。

まったく今日まで 気がつきもしなかったわ。
そういえば 鉄道も草薙だし、、
バスは静岡鉄道だわ。

へぇーーーー
呉服町名店街の地下道も、
今はパルコになってしまっているが
その昔の西武デパート。
西武デパートの屋上だ。
長崎屋、日興証券・・今はない建物ばかりだ。
へぇーーー。

清水のセスナ空港の 道も海も。
へぇーーー。
大浜海岸の海とプールだぁー
へええええーーー。

と。話よりも何よりも ロケ地に眼がいってしまった。
これって 映画感想じゃないよね。(笑)


しかし今はもうない建物や道が・・
エスパルスドリームプラザが建っている場所も
この頃には 鈴与とホテルしかなかったんだなあ・・
と改めて見る。

そのホテルすら 今はない。

油井のこみいった町並みや 日の出埠頭。
まるっきりの さま変わりが激しいが
場所だけは よーく わかる。

なんとも懐かしいじゃあるまいか。

で。小沢仁志さん あなたも お若い。
お声もだみ声じゃなかったのね。昔は。
て。。ことは。
お酒と煙草で??ですか?

中村トオルさん。
あなたはまったく お変わりなく・・
歳をとらない人だったのねぇ・・・
ある意味すごい。

ふむ。。

まったく 覚えてない私もすごい。(笑)


テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


奇跡の人           1998年 日本テレビ
奇跡の人

奇跡の人・・と言うと  まずは サリバン先生とヘレンケラーの三重苦の話を思い浮かべてしまった。

でも それとはまったく関係なく 冒頭での衝撃的なシーンの後 横浜の海へ女性と一緒に 車でダイブして 
命は助かったものの 脳死状態になってしまい その後 2年間は寝たきりのまま過ごしていたという
主人公 相馬たけし(山崎まさよし)の話で 当時大評判になって 夢中でみた作品だ。

話の設定が面白く 毎週眼が離せない作品だった。
脳死状態の彼を 彼の母親が献身的介護をすることによって 奇跡的に意識を取り戻すのだが
手も足も動かせず しゃべることすらできない重症の記憶喪失障害になっていた。
そんなまっさらな 生まれたばかりの赤ん坊と同じ状態の彼を
母親八重は ひとつひとつ 赤ん坊の時と同じように 育てなおしたのだった。
いちおう 8歳くらいの知能程度まではもどったところで ドラマがはじまっている。

真黒な死の淵から 這い上がってきた奇跡の人
今の克己は まったく別の人生をいきている。
新しい人生のやり直しをしているんだ・・・と
院長先生が語る・・この言葉が この題名の意味らしい。

精神年齢が低い分 体は27歳の青年でも 心が純粋で美しい。
その純粋な感性が生み出した ハーモニカの音楽に目をとめる クリエイターの仕事をしている康子
この二人の出会い・・・・それからが 長い物語の軸となる。 

そこに出てくる くりくり眼が大きすぎるくらいの谷口刑事が 寺島進さん。
横浜での事件を 8年たった今も まだ 執拗に追い続けている刑事さんの役だ。
つるつるお肌で がりがりのせいか 洋服はだぼだぼだに見える。
だけど なにか強いインパクトがある刑事さんだ。

893タクシーで競演した豊原さんは 康子の恋人役で。
ソナチネのときの 勝村さんは 一緒にダイブした女性聡子の夫役船村で。
どんどん見ていると 展開も激しく 引き込まれてしまう。

最後はどうなるのぉ??と ずっと気になる作品だった。

俺には信じられねぇんだよ
前の人間がすっかり消えて
新しい人間にうまれかわるなんてことは・・・
とくに人間の悪っていうのは そう簡単に消えるのか?
俺は そう 思えねえんだよ
いつまた昔の あの相馬克己が 姿を現すか
眼を離すわけには 行かないだろう?
と 谷口刑事(寺島さん)さんがつぶやく

眼が大きく ぎらぎらと輝いていて 黒い瞳が大きすぎるのでは?と思うほど 印象的。
終始厳しい顔つきで 地味なスーツに白のシャツ 今回はネクタイも地味。

母親八重が亡くなって 克己を引き取ることにした康子
東京にでた彼を一緒にダイブした女性聡子と彼女の夫船村が偶然に出会うところから
話がどんどん佳境にはいっていく

その夫婦に おびえるような材料を わざとなげかけてゆく 谷口刑事の寺島さん。
火のないところに 煙をたてたいかのように。
ぎらぎらとした 鋭い眼が 顔が 怖いほどの迫力で 迫っていく
それによって 何かが変わると信じているかのように 二人に接触しておびやかす。
そして ちょっとつつ 船村夫婦が 気になるようなことを ぽろっと呟いてゆく。
反応をみて なにか事件の手がかりが始まるのをまっているかのように。 仕掛けてゆく。
じわり・・じわり・・と。
そんな 事件に対して くいつくような執念で とりくむ刑事さんの役回り。

何回見直しても 夢中で見れる作品でお勧め。
ぜひどうぞ。なんか見ていたころを想い出します。


私も愛犬の手術の経過待ちのあいだ。。
ひたすら奇跡を祈って 見ていました。
もう15歳なので ダメなことを覚悟しておいてください・・と

何も手に付かず・・ 祈る気持ちで 繰り返しみてしまいました。


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


『RUN』    1996年 TBS
『RUN』    1996年 TBS


らんらら らんらんらぁ~~~
   らんらら らんらんらぁ~~

賽銭箱にぃ~百円玉なげたらぁ~
つり銭出てくる 人生がいいとぉ~~

私はこの歌が好きだったなぁ。。

高級ホテルの最上階のスイートにニワトリ2匹と一緒に住む 輪宝という占い師
夜は仲間3人と不徳に稼いでいる 悪を懲らしめるみたいな
正義??の泥棒組になる。
現代版ねずみ小僧ような 設定かな。

みやこ喋々さんと その息子役の おかまの げんちゃんとのからみが とてもよかった。
彼は4人目の仲間になるのだが・・
彼が死ぬ時の話は 涙をさそう・・。

そのわりに輪宝の最後があっけなくて・・
神様になりたいなぁ~~と こときれる。クリスマスの日の空港。

寺島進さんは 最終回のみに。
室田日出男さんの先輩刑事の部下の役。

寡黙ながら 先輩のことも 輪宝のことも
警察組織のからみも 思うことあり・・といった感じの刑事さん。
たんたんとした眼でみながら 存在している。


テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ



Design&Material By MOMO'S FACTORY