偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


老いてきたなあ。。。牧之原 の 彼岸花と案山子 その2
牧之原

肝心な彼岸花の方は? どうよ?と思いきや・・・・

どう
(↑クリックすると大きくなります)

どう

うぅーーんと。。。

ちょっと

ちょっと、もう。終わりがけの感じが・・・・

白

赤に混じって 大振りの白や黄色の彼岸花が咲いています・・・

色
(↑クリックすると大きくなります)

色

赤と白のコントラストが華やかさを増しているようです。

このごろは

この頃は ダイヤモンドリリーのように・・・

色んな色の彼岸花が出てきていて・・・

曼珠沙華と言われた頃の お花とはイメージが違ってきているなああ・・・

調べてみると・・・

★曼珠沙華・・・

「曼珠沙華(まんじゅしゃげ/かんじゅしゃか)」は、
サンスクリット語で天界に咲く花という意味。
おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ています。
サンスクリット語ではmanjusakaと書きます。

★お彼岸の頃に咲くから「死人花」「幽霊花」

開花期間が1週間ほどなのに、
秋の彼岸と時を同じくするかのように開花する彼岸花は、
あの世とこの世が最も通じやすい時期に咲く花でもあります。

お彼岸に咲き、
土葬をモグラや野ネズミなどから守る(次項参照↓)意味もあって墓地などによく植えられているため、
「死人花(しびとばな)」「地獄花(じごくばな)」
「幽霊花(ゆうれいばな)」のようなちょっと怖い呼び名もついています。

★毒があることから「毒花」「痺れ花」

彼岸花にはアルカロイドという毒があるため、
「毒花(どくばな)」「痺れ花(しびればな)」などと呼ばれています。

その反面、
でんぷんを多く含んでいるため食用可能でして、
毒は水にさらすと抜けるため、
昔は飢餓に苦しい時に毒を抜いて食用にすることもあったそうです。

田んぼの畦道に彼岸花が多いのは、
その毒でモグラや野ネズミを防除するためだけではなく、
飢饉に備えて植えたという説もあり、
危険を覚悟してまで口にしなければならなかった昔の苦労がしのばれます。

★花の姿からついた名前「天蓋花」「狐の松明」「葉見ず花見ず」

花の様子から、
「天蓋花(てんがいばな)」
「狐の松明(きつねのたいまつ)」「狐のかんざし」
「剃刀花(かみそりばな)」など、全国にはたくさんの呼び名があります。

また、
花のある時期には葉がなく、
葉のある時期には花がないという特徴から、
「葉見ず花見ず(はみずはなみず)」と呼ばれています。

※天蓋……祭壇の上などの装飾用のおおいのこと

呼び名だけでもかなり妖しい雰囲気が漂いますが、その生長ぶりがさらにアヤシイ。

彼岸花には、
すーっと伸びた茎に鮮やかな花だけがついていて、
葉っぱが全く見あたりません。
これも妖しく見える原因のひとつですが、
実は、
花が終わってから葉が出てくるのです。しかも、普通の植物とは逆のサイクルで!

★花言葉

花言葉は、「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」。

★★・・・・なるほどねええ。。。。微妙なお花ですねぇ・・・・

あつい

暑い・・・・この日は何故かまた31度にもなったのです・・・・・やだやだ。。

うごけませーーんbyぷりん。

でも

でも! 元気一杯な仲間たち!

暑さ

暑さなんか! へっちゃらなようです!

一番後ろ! レン君の後を しょぼしょぼと付いていくぷりんばぁさん!

よいしょ

本人!コレでも。走っているつもり? (=^・^=)

よいしょ

よいっしょ!

がんばる

頑張る

がんばる

頑張る

すごいなああ~

かのん

かのんが心配して 戻ってきてくれました!

おんやあ

おんやぁ~

あのやんちゃな、まりっぺもやってきましたよ!

このまりっぺを見る、ぷりんの目! あはははあは。

かのん

かのんは 大好きなんだけれどなああ・・・・(笑)

よいしょ

よいっしょ!

した

下に行くよぉ~~~

えっさ

えっさ・・・えっさ・・・・

ふしぎ

不思議な魅力のある子なんだけどねええ。。。。(笑)

一番最初の出会いがまずかったのかしらん・・・・・

まあ。。その頃の様子をアップしたものが・・・
コモドドラゴンみたいな子でしたよおおお。↓
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/blog-category-278.html

ぷりんを母犬と間違えたのか・・・・
尻尾にじゃれて 噛む。。。
頭を猫たたき・・・・

逃げ回って椅子の下へ・・・・ぷりんばあさん。。。。

べったり

べったり!

ごっきげん

ごっきげんなぷりんばあさんの1日でした。

1日1日の変化が激しく・・・

とても快調な時と・・・

縁側に座って・・・庭を眺めている老人のようなぷりんと。

日々変化をしています。

良いときはこんなふうな若々しいお顔になり・・・

悪いときには・・・無感動で何も食べなくなってしまったり・・・・

気難しい年寄りになりました。


ぷりん

ぷりん

↑カノンママが撮影してくれた 写真。

ぷりんが 笑っているようでしょ!
スポンサーサイト

牧之原 の 彼岸花と案山子 その1
駄目よ

今大人気の”ダメよぉ~~ダメダメ!”

顔の表情が抜群に、よく出来ている!(=^・^=)

エレキテル

私には・・・・ちょっと苦手な部類の笑い処を持つグループだが・・・

今では・・・巷で大人気ででもあるようだ。

アナ

もう一つ、今年は大人気だった”アナと雪の女王”の雪の女王かな? (=^・^=)

ひょっとこ

衣装がめちゃめちゃ立派過ぎる ”ひょっとこ” 

案山子の概念を覆しているなああ。。。

おかめ

ひょっとこときたら・・・”おかめ”さんでしょ! やっぱり! (=^・^=)

ふじっぴー

”草刈ふじっぴー” これまたローカルな富士山だなああ。。。(=^・^=)

茶娘

やっぱり やっぱり! 富士山ときたら・・・

そりゃああ・・やっぱり! 茶所”牧の原”ですもの・・・茶娘でしょう!

なんと

なんと!本物のお茶の葉っぱを持っていますよぉ!(=^・^=)

茶おじさん

おっとっと! これは 茶所のお茶を手もみするオジサンかしらん? (=^・^=)

おじさん

こちらは今では見なくなった 自宅での門松作り? (=^・^=)

こんなふうにお爺さんが作ってくれたら 嬉しいだろうなああ・・(=^・^=)

すばらしい
(↑クリックすると大きくなります)

すばらしい

沢山の案山子たちが 順序良く並んでいる! (=^・^=)

どの案山子も衣装が立派! 

ちょっきんぎょ

ちょっきん魚を釣っている 釣り人のおじさん! 洒落も聞いているなああ・・・(=^・^=)

うどちゃん

これまた良く出来ている↑ うどちゃんの旅人! 最高だわ

ごきげんよう

↑こちらは朝のテレビ番組らしい。

かっぱ

川を守る河童だそうです。↑

ソフトバンクの河童とは違いますよぉ~~! (=^・^=)

しめくくり

しめくくりは・・・こちら↑・・・なるほど。。

その2につづく。

昨日、久しぶりに写真家さんにぷりんを撮っていただきました。

そういうイベントがポケットさんであり・・・
とても可愛く撮っていただきましたよおお。

これでいざという時の 写真は用意できたなああ。。。

お手製の浴衣2種類を着て 撮影してきました。

3週間後に出来るとか・・・楽しみだなああ。。大奮発してしまいました。


ちょっとボケの症状が出始めたぷりんばあさん。

なるべくぷりんばあさんに刺激を与えてあげようと・・日夜努力のみ。。
優先している私です。

なかなか訪問やコメントの返事が出来ずにおりますが。。

コメントはとても楽しく読ませていただいております。

ぜひ一言書いてくださいな。

お返事はゆっくりですが・・・訪問させていただきます。



Design&Material By MOMO'S FACTORY