偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


わんこと一緒に法隆寺! その3
にゃあご

にゃあぁ~ごだよぉ~~!

見よう

見ようによっては・・・とっても品のある御ネコ様に見えてしまった三毛猫ちゃん!

外国の

外国の、観光客の方たちも写真を撮っておりました!

けっこう。ネコにしたら・・・美ネコちゃんのように思えましたが? どう?

オスなのかな? メスなのかなぁ?

場所が

場所が場所なので!

御ネコちゃんまで 野良猫さんとはいえ・・品が良く見えましたよ。( ´艸`)ムププ

道
(↑クリックすると大きくなります)

道

夢殿への道を・・・外国の方数人と御一緒に!

この日は観光客が少なくて・・・とっても静か!

チリ

チリ一つ無く・・・掃き清められている道。。。

以前真夏に来たことがあり・・・暑さに参ったことを想いだした。(=^・^=)

手水舎(ちょうずや)
(↑クリックすると大きくなります)

手水舎(ちょうずや)

手水舎(ちょうずや)の鳥!

そういえば・・・

斑鳩と言う名前を調べてみると・・・

イカル 「斑鳩・鵤」・雀目アトリ科の鳥。全長約23C m。
頭、風切羽、尾羽は金属光沢のある黒色、その他は灰色、翼に白斑がある。
くちばしは太い円錐形で黄色。

イカルガ、アサナキドリ、マメマワシ、マメコロガシ、マメウマシ、ジユズカケ、
三光鳥などの別名でも呼ばれる。

斑鳩の属するアトリ科は、
雀目の中の噂の太く短い穀食性の小鳥の総称という。

『万葉集』にも鳥の斑鳩・イカルガとして歌われている。

鳥

↑イカルはこういう鳥で・・・
「まだらのハト」と呼ばれているのもわからなくもありません。
(生物学的にはハトではないわけですが昔の人のことですから)

「斑鳩」は当時の先進国中国の隋の文字だったそうですよん。

鳥

この鳥は? 何なんだろう? 

普通だったら鳳凰かとも思ってしまうのだけれども。。。ねぇ。。。

夢殿
(↑クリックすると大きくなります)

夢殿

夢殿!

圧倒的
(↑クリックすると大きくなります)

圧倒的

圧倒的な存在感!

夢殿
(↑クリックすると大きくなります)

夢殿

上の宝珠で押さえられているという屋根!

夢殿
(↑クリックすると大きくなります)

夢殿

こちらは回廊の美しさも!

魅力
(↑クリックすると大きくなります)

魅力

魅力の一つだなぁ~~!

うんうん

うんうん! そうだよなぁ~~~ by ワンコ!

わん
(↑クリックすると大きくなります)

わん

ふふふ。(=^・^=)

みている

眺めている私たち・・・

ほんと
(↑クリックすると大きくなります)

ほんと

ほんとかって? 本当だよぉ~~! (=^・^=)

建物
(↑クリックすると大きくなります)

たてもの

建物の美しさがいいなああ。。。

さて

さて・・・

へい
(↑クリックすると大きくなります)

へい

私はこの土塀の道が好き。。。

だぁれも通らない・・・ひっそりとした道に・・・土塀がずうっとつづく。。。

西からでて。。表に向う ぐるっと法隆寺全体を取り囲んでいる塀です。。

法隆寺のお守り 古いもの

↑こちらは昔訪れた時に買った お守り!

うらがわ

今も同じものを売っていたのかなああ? 見るのを忘れてしまったわ。(=^・^=)

↑こちらは・・・

匂い袋にもなっていて 白檀の香りが芳しい~! いまだに香っていますよぉ~~!

法隆寺の古いお守り

↑こちらはもっと古いときのもの。。。30年か・・40年前のもの。(=^・^=)

飛鳥寺のお守り

↑こちらも40年近く前の飛鳥寺のお守り!

この頃は どこも匂い袋のタイプが多かったんだな。。。

飛鳥寺のお守り

↑こちらも古い飛鳥寺の女守り。。。

大原のお寺なども こういう綺麗な女性向きのお守りがあったなあ。。。

今では

↑今では・・・どこにでもあるような・・・タイプになってしまったようですねぇ。。。

スポンサーサイト

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット


わんこと一緒に法隆寺! その2
法隆寺
(↑クリックすると大きくなります)

法隆寺

ふふ

ふふふ。

むかしも

こちらでも!

一並びに

一並びに!(=^・^=)

仲良く
(↑クリックすると大きくなります)

仲良く

並んでみましたよ! (o^^o)

みつめあう

見詰め合う・・・二人! なんちゃって・・・あははは!

よく
(↑クリックすると大きくなります)

よく

その昔・・・よくよく こんな建物を造られたものだなああ・・・

建物
(↑クリックすると大きくなります)

建物

そういえば・・・

私たちの若かりし頃・・・・

梅原猛さんの唱えた怨霊封じの話が大きく取り上げられていて

聖徳太子の子孫を蘇我の入鹿が皆殺しにしたのだという事件などが騒がれたことがあったなあ。。。。

丁度その頃だったろうか・・・

それまでには伝説だと思われていた・・・

聖徳太子の存在云々の本やらTV番組やらで多くが取り上げられたのは・・・

私もあれこれ夢中になって読んだものだったなああ。。(o^^o)

そんなことに影響されたことがきっかけだったと・・ 

ご自身がおっしゃっている・・・・

漫画家の山岸涼子さんも『日出処の天子』と言う傑作を描かれたのだそうだ!

漫画

↑こちらの漫画! 大好きだったなああ。。(o^^o)

たてもの
(↑クリックすると大きくなります)

たてもの

花の時期ではなかったこともあり・・・

うしろ
(↑クリックすると大きくなります)

うしろ

訪れている観光客も殆ど居ない。。

ひと
(↑クリックすると大きくなります)

ひと

こちらの後ろにある木にも・・・本当なら桜の花が・・・ねぇ・・・

ぷりん

残念だわ・・・byぷりん。

と
(↑クリックすると大きくなります)

と

風情の
(↑クリックすると大きくなります)

風情

風情のある蔀戸(しとみど)・・・いや・・板戸になるのかな?この時代では?

へい

美しい扉や塀に・・・ついつい 目が行ってしまう私。。。(o^^o)

その3につづく。

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット


わんこと一緒に法隆寺! その1
なつかしい
(↑クリックすると大きくなります)

なつかしい

懐かしく思われる方も・・・多いのではないかしらん・・・

昔と
(↑クリックすると大きくなります)

むかしと

昔と変わらぬままの・・・

法隆寺
(↑クリックすると大きくなります)

法隆寺

法隆寺!

この日
(↑クリックすると大きくなります)

この日の

この日のお天気は あいにくの曇り空・・・・ありゃま!

ラーメン

欄干の模様ってこんなだったんだ!へぇ~~!

正式には「雷文」(らいもん)!

この「雷文」は雷の稲妻を図案化したもので、
遠く殷【いん】の時代(紀元前1500~1100年頃)から使われている文様です。

中国では古来より
雷は天の意志を表すものとして恐れ崇められ、
魔除けのおまじないとして使用されてきたようですよ~

「唐草模様」「八卦(はっけ)模様」とも呼ばれています。

今まで気がつかなかったなああ・・・(=^・^=)

だれだぁ~?

ラーメン丼ぶりのふちの柄だと思った人は? あははは。

ぶり
(↑クリックすると大きくなります)

ぶり

さすがに此方は私も十数年ぶり・・・

いつも
(↑クリックすると大きくなります)

いつも

いつもおおらかで・・・優しい気質なのか・・・

一番
(↑クリックすると大きくなります)

いちばん

一番多いときで 7匹を連れて歩いて見てまわったこともありました!(o^^o)

みんな

パチリ! (o^^o)

いつ
(↑クリックすると大きくなります)

いつ

いつ 行っても・・・暖かく迎えいれてくれることが とてもありがたいですねぇ~! (o^^o)

感謝
(↑クリックすると大きくなります)

感謝

感謝の気持ちを忘れずに!

感謝
(↑クリックすると大きくなります)

感謝

ありがとう!のお顔でパチリ!

もう
(↑クリックすると大きくなります)

もう

もう・・・ぷりんばぁばにとっては・・・

最後

最後になるのだろうなあ・・・

いつまでも

いつまでも! 元気で居てね! 

その2につづく。

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット



Design&Material By MOMO'S FACTORY