ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


しっぺい太郎の霊犬神社にお参りに!
もと
(↑クリックすると大きくなります)

もこもこ
もこもこもこ~~!!

こんなに
(↑クリックすると大きくなります)

こんなに
こんなにこんもりと・・もっこもこのつつじの花!

もと
(↑クリックすると大きくなります)

ツツジの
大きくて立派でしょう~!!

色あざやかで
色鮮やかで圧倒されてしまいます!

かわいらしい
ふにゃ。。。

これほど
これほどの見事なツツジの花を見たことがないなぁ~~

てくてく
てくてく・・・

ツツジ公園
その名もツツジ公園です! (*^_^*)

てくてく
(↑クリックすると大きくなります)

ずうっと
ずうっと。。ずううっと。奥の方に。。

今日の
(↑クリックすると大きくなります)

今日の
今日もまた、是非にと私の来たかった場所があります。

それは
それは・・こちらの霊犬神社です! ワン!

ちゃりん
ちゃりぃ~~ん! お賽銭をいれて・・・ ばらママさんですニヤ(o^^o)ニヤ

なむなむ
なむなむしましたよ!

なむなむ
私の長寿と健康を。。。

ふふ
ふふ。。テンちゃんもお祈りした?

うん
うん!

うんうん
うんうん!

あついよお
暑いよぉ~~ ラブちゃんパールちゃん。チャ子ちゃん! 風が通らないかな?

せいぞろい
(↑クリックすると大きくなります)

せいぞろい
勢ぞろいだよ~~ん!

天神
(↑クリックすると大きくなります)

天神
天神様のお社です!

さくら
春らしい桜みくじ・・・なんてのもあったんだね。。

私は
私はワンコのお守りを・・・

おまもり
こちらと・・・

おまもり
こちらを買って帰ってきましたよ。願いと期待をこめて。。。パンパン!
スポンサーサイト

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット


しっぺい太郎 その3 霊犬悉平太郎伝説(れいけん しっぺいたろう でんせつ)
しっぺい太郎
なんと・・・この磐田市のゆるきゃらはしっぺい太郎なんだとか。。。知らなかったなぁ~~!

ぱさ
かしこみ~かしこみ~~

神主
神主はマロンちゃん。巫女さんがぷりんちゃん。(=^・^=)

見附天神
眺めているパールちゃんとらヴちゃんです。(=^・^=)

なかなか
なかなか・・・

ベスト
ベストなお顔が揃わない・・・

揃わない
集合写真なんですが・・・・(=^・^=)

これでも
これでも精一杯? (=^・^=)

★・・・しっぺい太郎のお話・・・★ 霊犬悉平太郎伝説(れいけん しっぺいたろう でんせつ)

 その昔、花園天皇の治世だったというから今から700年程前の話である。
信濃駒ケ岳のふもとにある光善寺で、
どこからともなくやってきた一匹の雌の山犬が五匹の子犬を産んだ。

寺の和尚も、
この山犬の親子の暮らしぶりを見守っていたのだが、
子供たちが母犬と区別できないほどに育った頃、
母親と四匹の子供は山へと帰っていった。

しかしどうしたことなのか、
五匹の中でもひときわたくましく利発だった子犬だけが寺に残っていた。
何かと親子に目をかけていた和尚は、
少し不思議に思ったものの、この一匹が寺に残ったことをたいそう喜び、
これを「しっぺい太郎」と名づけて慈しみ育てた。

 同じ頃、遠州の見附宿あたりのこと。
村人に人身御供を要求し、
これに従わなければ近隣の田畑を荒らして凶作をもたらす神がいた。

秋祭りの頃になると、
毎年のように村の家の戸口に白羽の矢を立てるのである。
矢を立てられた家は娘をこの悪神に差し出さなければならなかった。
村人たちは、
背に腹はかえられぬと仕方なくこの悪神の要求に従ってはいたが、
やはり娘を贄に差し出さなければならなくなった家の者の悲しみは言い様も無いほどだった。

 ある年のこと、
この悲劇を見かねた見附天神社の社僧・一実坊弁存は、
何か手立ては無いものかと物陰から人身御供の様子を伺っていた。
果たして、正体不明の怪物が、
白木の箱に入れられた娘を求めて弁存の前に姿を現した。
いや、見えたのは怪しげな影だけだったと言った方が正確かも知れない。
しかし、その怪物は奇妙な歌を歌っていた。

「今宵今晩この事は 信州信濃の光前寺 しっぺい太郎に知らせるな」
 その直後、人身御供の娘の悲痛な叫び。
 弁存は、怪物の恐れる信濃光前寺のしっぺい太郎を探すため旅に出た。

 旅を続けた弁存は、
ついに光善寺のしっぺい太郎の噂を耳にする。が、
彼が探し続けた勇士・しっぺい太郎は、あろうことか犬なのだという。

これには弁存も落胆したが、太郎を知る人はみな口々に太郎を誉めた。
弁存もついに、「せっかく長い道のりをやってきたのだから」と
太郎の顔だけでも見ていこうという気分になった。

そして、太郎と対面を果たした弁存は、
その聡明さと精悍さに感じ入り
「これならばあるいは…」と認識を改め、光前寺の和尚にいきさつを話した。
和尚も弁存の話に不思議な縁を感じ、怪物退治のために太郎を貸し出してくれた。

 そして、その年の秋祭り
。弁存は太郎を白木の箱に入れ、少し離れた場所から様子をうかがっていた。
同じく箱を運んできた村人たちも、
弁存と同じく何が起こるのか、固唾を飲んで見守っていた。

やがて、
去年の同じ日に弁存が聞いたあの歌が聞こえてきた。
怪物は、ひとしきり箱の周りをうろうろしていたが、
やがて箱のふたを取ったようだった。

その瞬間、箱の中に潜んでいた太郎は猛然と怪物に体当たりした。
がたがたと激しい物音に混じって、二つの声が聞こえてきた。

一つは太郎の咆哮だった。もう一つは怪物の叫び声だろう。
暗くてはっきりとしたことは何もわからない。
弁存と村人たちは、血も凍る思いで暗夜の格闘の成り行きを見守っていたが、
やがて二匹の死闘は終わったようだった。

しかし、
その場に居合わせた者は恐怖のために戦いの結末を見届けに行く事が出来なかった。
そして夜が明ける頃、
意を決した弁存が昨夜の戦いが行われていたあたりまで行ってみると、
血の海に倒れこんだ怪物の躯を見つけた。
怪物は、年経た猿の化生だった。しかし、そこに太郎の姿は無かった。

 同じ朝、
昨夜が見附の秋祭りの期日であることを知っていた光前寺の和尚は、
矢も楯もたまらず寺の山門の前に立っていた。
すると、東雲の道を何かが近づいてくるのが見えた。

はじめは小さな黒い点だったそれは、
寺に近づくにつれて犬の形になっていった。太郎だった。
その足取りはよろよろとしておぼつかないようだった。

ようやく和尚に抱きすくめられても、
太郎には以前と同じく和尚にじゃれ付くだけの力は残されていなかった。
全身に深手を負いながら、
それでも恩のある和尚のところまで帰って来たのだった。

太郎は、和尚に抱かれながら息絶えた。
和尚と村人は、光前寺の境内に太郎を手厚く葬った。

長野県伊那地方から静岡県遠州地方にかけては、
類似した多くの伝説が残されており、
その一つ一つは他の類話と微妙に異なっているという。

と。書かれておりました。参考までに引用して載せさせていただきました。

★・・・・

もう一つ水窪に伝わるお話で・・・
国道152号沿い、
足神神社北側の大きな岩の上の小さな祠の中に、犬とおぼしき小さな像があります。

民話で有名な“霊犬しっぺい太郎”。
いつ頃、誰が建てたか知る由もありませんが、
磐田見付天神で怪神と闘い傷ついた霊犬が、
故郷の信州駒ヶ根の光前寺へ帰る途中、この地で命絶えたと語り伝えられています。

★・・・・と色々なお話が伝わっているようです。

公園で
この神社の横の公園でお弁当を・・・

わんこ
しっぺい太郎とは縁遠そうなお顔の面々! (笑)

退治
悪者退治も出来そうもなく・・・・すぐに退治されちゃいそうな私達。。

いやあ
いやぁ~~~~そんな中・・・果敢にも戦っているやつが・・一人!マロン娘ですが・・(笑)

大きなネコのボスと対峙していて・・・唸ってます。。。ほえぇ~~~!!!

このネコちゃんこの後 ぴんくの鞄の上にまで乗ってきて
今にもマロンに飛び掛りそうに~~~~

ひえぇ~~~~っと。追い払って大事無し・・・・怖かったねぇ・・・・

☆・・・ばあばママさん連れていってくれてありがとう~~~~☆

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット


しっぺい太郎の霊犬神社 その2
しっぺい太郎
このわんちゃんの縫いぐるみの首にかかっているお守りの中には・・・
ちゃああんと しっぺい太郎のお守りが入っているのですよ。(^-^)❤

霊犬神社
先ほどの見附天神さまから右手奥の方に向かっていくと・・・

つつじ
このあたりでは有名なツツジ公園の真ん中に・・・

霊犬
(↑クリックすると大きくなります)

しっぺい太郎
このずううっと奥の方に見えるのが霊犬神社・・しっぺい太郎が祭られているのです。

てくてく
てくてく・・・・今日はいつになく ごっ機嫌で歩きます~~~〜♥

ここが
ここがとっても気に入っている様子! 楽しそうです!

たてふだ
立て札・・・

どん
どん!
なるほど。。。。

どうぞ
どうぞ!元気で年が越せますように~~~

私も
私もよろしくお願いいたします~~~~

左に
左にならえ~~~~

これが
これが一番のベストショット!

あがったり
尻尾もピン!

元気溌剌に・・・普段は上り下りもしないような階段もなんのその!自力でるんるん!

心配
体調を心配してカートに入れても・・・自分から降りて歩きたい~~~って。乗り出してきましたよ。

めったにない光景!(=^・^=)

その3につづく。

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット


おみくじ色々
こちら・・・
こちら・・・なんなのか知ってらっしゃいますか?

なんと
なんと・・・こちらはおみくじだったんですよ!

犬みくじ
犬みくじと言うそうです! 可愛い!

巻物みくじ
そして・・こちらは巻物の形が沢山!

巻物みくじ
巻物みくじと言うそうです!

鳥みくじ
うぐいすだろうか・・・鳥のおみくじ?

鯛みくじ
鯛のおみくじもあるし・・・鯛にそっくりな鯉のおみくじも並んでいる。(=^・^=)

みくじ
鳥みくじ。と。一年安鯛みくじ。と。鯉みくじ。

まあ。どれも可愛いものばかり! (*^_^*)

おみくじ
いろんなおみくじがあるんだなぁ~~~ (*^_^*)

おまもり
お守りにしてもペットに優しいお守りも売られている。(*^_^*)

わんこのお守り
しっぺい太郎のお守り。木彫りで出来ている。

おまもり
防犯ベルになっているお守りもある。(*^_^*)

おまもり
こちらは私も一つ買ってきました!
上の鎖がひっこぬけないように気をつけないと。。。ぶーーー!!っとベルが鳴ります。(笑)

おまもり
こんな風なお酒やら土鈴やらも。。

とっても珍しいおみくじやらお守り。。
私が知らなかっただけなのかしら? 

こちらは
こちらは・・磐田市にあるとてもりっぱで綺麗な見付天神さま!矢奈比賣神社!

hadakamaturi
重要無形文化財で有名な裸祭りで有名な天神様だということです。知らなかったわ。。。。へぇ~~

つづく。

余談ながら・・・・
20年ほど前に・・・京都の清水寺で大凶が出てびっくりして。。

またその上にある清水寺地主神社でまた挽きなおしたら・・・なんと最大凶が出たことが。。

これにはびっくりしましたよ。いまだに忘れられない思い出です。。。

ここは恋の神様で最近はやっている所だったのですが・・ねええ。。(*^_^*)

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット



Design&Material By MOMO'S FACTORY