偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


NHK ドラマ『塚原卜伝』
塚原卜伝

男の俳優さんで
弱腰と泣き顔の似合う俳優さんというのは
余り居ないのではないかとも思われるのだが・・・(笑)

塚原卜伝

この俳優さんには
それがとても似合うような気がするのだ。

塚原卜伝

映画「ゴールデンスランバ^」の中で
泣きそうな顔で身に覚えのないことで逃げ回るのも・・・
映画「クヒオ大佐} のように
どこか軽くてこっけいな荒唐無稽な役柄も・・・
映画「南極料理人」の時のように
飄々とした料理人役も・・・

卜伝

どれもこれも とても良く似合っている役者さんだなあ。。

卜伝

この頃・・・
よしながふみさんの『大奥[有功・家光篇]』のドラマ化を見ていると・・・
段々に好感が持てるようになってきた。

卜伝

初めはこの人が万里小路有功役をやるのだと聞いて・・・
え?っと、
イマイチ不釣り合いではないかと思っていたのだが・・・

卜伝

どうして・・どうして・・・とても良く似合っているではないか。。

卜伝

役者が演じきるというのは・・こういうことを指すのかもしれないなあ。。

卜伝

見ているうちに・・
それらしく見えてきて・・
なんの違和感もなくなってきて
それらしく美しい気品すら感じられてくるように思えるのだから不思議だ。。(=^・^=)

卜伝

そんな成りきれる役者さんの一人ででもあるようだ。

卜伝

また出演されている俳優さんたちが豪華!

卜伝

そういえば・・2代目中村錦之助さんが実父役で出演している。
初代錦之助さんの甥。中村獅童さんの従兄弟さんに当たる人だ。(↑右端のお方)

旅

こちらのドラマ
2013年1月24日(木)総合での放送が開始される! 連続7回【総合】
ぜひどうぞ!
スポンサーサイト

テーマ:NHKドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


『ゴールデンスランバー』 2010年 映画の感想
『ゴールデンスランバー』 2010年 映画の感想


人柄の良い
働き者の青年が
知らぬまに標的とされ
大事件の犯人役として
日本の警察に追い詰められてゆく。

なんともまあ。
末恐ろしい限り限りのお話の顛末である。

こんなことが
実際に自分の身に起こったとしたらと考えると。
たまったもんじゃない。
くわばら・・くわばら。。

楽しくも笑を籠めて
展開されてゆく物語には
悲壮感よりも。
色々なあたたかなメッセージが籠められている。

人の善意と信頼と。
親の愛情の深さと。
友情の温かさと。
赤の他人との触れあいのぬくもりと。
人と人とのつながりの大切さ。
人は誰しも一人では生きられないのだと。
誰かの助けがあって
初めて生かされているのだと。
いうメッセージが籠められている作品でもある。

人を無償で信じるということは難しい。
ましてや肉親でもないものが
接したときの感のみで信頼しあうということは。
この人は
信じるに足る人かということを
思い起こさせてくれる作品。

長い人生に私にも
多くの友人知人知人たちと
知り合いになり
友好を深め。
そんな中で
この人はと信じきれる友人が何人できたであろうか。
この人はと信じてくれる友人が何人できたであろうか。

少々信じ込みやすい性質でもある私なのだが。
裏切られても騙されても
それもまた人生であると思いたい。

人を信じきるということの
大切さをも思い起こさせてくれる作品だ。

とても優しい気持ちにもなってくる。
かっての友人や知人たち。
ほんの通りすがりに知りあって
声を掛け合っただけの人たちもいる。
ご挨拶だけの人もいる。
そんな中で
この人を。。っと思える人は。

なあんて思いつつ。
惹き込まれてゆく。

面白い作品だった。
大人向けの映画で
それぞれの配役さんが全てとても良い。

中でも不思議ちゃんなキルオ役の
濱田 岳君。
鴨川ホルモーの時にも良かったが
とても印象的でピカッと光っていた。

お父さん役の伊東四郎も。
お母さんも。刑事さんも。
巡査さんも。宅配のお兄さんも。
整形後の姿役の滝藤 賢一さんも。
だれもかれもがとても適役でぴったり。

私には大好きな映画だった。
お勧めです。
ぜひどうぞ!!

ただ。。。
結末はこれでいいのか?
・・・と釈然としないのだが。。。

皆さんはどう思われたのだろうか?

もともとは伊坂幸太郎さんによる小説。

本もぜひ読んでみたいな。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY