偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


龍潭寺(りょうたんじ) その3
さて・・・
龍潭寺(りょうたんじ)の一番の見所の。。
奥のお庭を・・

こちらのお庭は・・・
江戸時代の初期に造られたそうで、
小堀遠州作の池泉鑑賞式庭園だと言われています。

こちら
こちら側をまわって・・・

まわって
お庭の方へと
抜けるのだけれど・・・

あ・・
そういえば・・

以前には

梁

竜
左甚五郎作だと言われる 
竜の彫り物などがあったのだけれど・・・

写真
っと。
ありました、ありましたよぉ~~

長い年月を、
保存してゆくって 大変だろうなぁ~~

以前
↑のように・・
以前に行った時には
誰一人 居なかったお庭も・・・

人が
今ではこんな具合に・・・

たくさんの人が
ずらぁ~~り!いっぱい。。(*´艸`*)

お庭
目の前~

お庭
目の前から・・・
目線を右へ~~

真ん中
真ん中の

左側
鶴と亀の由来を聞いて~

ずうっと

見渡すと・・・・

みわたす

また違った気分になりますねぇ~~~ (*´艸`*)

ゆったり
ゆったりと見たあとには・・・

表へ
表へ・・・

門から
門から眺める・・

本堂
本堂・・・

つわぶき
↑のように・・・
以前、
行った時には、
たくさん咲いていた黄色のツワブキが・・・

ツワブキ
今でもたくさん植えられていたのが 
うれしいこと。。。(*´艸`*)

立派な
立派な梅の古木が・・・
綺麗に咲いている。。

龍潭寺(りょうたんじ)

一度
一度・・・
行かれてみては
どうでしょうか? 

おすすめです。

スポンサーサイト

龍潭寺(りょうたんじ) その2 直虎像なども。。
入り口
入り口を入って行くと・・・

ウグイスばり
大きな音を鳴らしている
左甚五郎作だと言う・・
うぐいす張りの廊下があって
その先へ 進んで行くと・・・

左
左側の本堂前には 

お庭
普陀落のお庭が広がっていて

竜
右側の
仏様を挟む形の両襖の絵柄が
江戸時代に
旭英筆によって描かれた「龍虎古襖」になっていて・・・・

虎
「虎の絵図」は、
今回だけの
特別拝観になっているようです。
(普段は「龍の図」4枚のみが、公開されているそうです。)

そういえば
そういえば・・・
以前行った時にはあった
↑の絵屏風が 
今回は飾られて居なかったなぁ?
こちらも、
とても綺麗な絵屏風だったので
印象に残っているわ。。

よこ
奥側には・・・
以前には無かったものが・・・
飾られていて

直虎像
こちらのお人形は
どなたが作ったものなのかしら?

直虎
こちらも
入り口近くに、

直虎像
展示されていた直虎像。

直虎絵
こちらの絵も美しい。。

新聞記事
新聞記事が飾られていて・・・
一緒に行ったマロンママのおばあちゃまがいらっしゃる
水窪の方まで
三浦春馬さんや、柴崎コウさんが
撮影にいらっしゃっていたそうだ。。

へぇ~~~
かなり田舎の方まで
来ていたんだなぁ~~~と、
NHKの史実に忠実な姿が見えるなぁ。。。

その3につづく。


龍潭寺(りょうたんじ) その1 数年前と今と。

女城主直虎のドラマの中では
しょっちゅう出てくる龍潭寺(りょうたんじ)。

マロンとぷりん
数年前に、
ぷりんを連れて、
マロンママと一緒に行った時の
想いでの記事はこちら↓
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/blog-entry-3018.html

入り口
このときにはまだ、
NHKで、直虎のドラマが始まるとはつゆ知らず
訪れて来る人も全く居なくて・・
私たちだけしか
いなかったなぁ・・

入り口
他には 誰も来て居ないので
入り口でわんこたちのカートを置かせてもらって、
和気藹々と
お寺の方とも 
お話をしながら・・
見させてもらったことも懐かしい。。

すたこら
すたこら歩くぷりんちゃんと、

案内
このとき・・・
案内してくださったブログのお友達わんこたち。。
本当に、
ありがとうございました。
とても懐かしく想い出されます。

ここから
ここからは今現在の龍潭寺(りょうたんじ)です。

それが、
今では・・
駐車場
大きな駐車場には観光バスが数台も、
たくさんの乗用車が止まっていてびっくり!

omiyage
お土産物屋さんも できておりました。

玄関
入り口も・・・
ひっきりなしの人の列・・・

梅
ちょうど、
梅の花も咲いていて・・・

ほんのり
ほんのりと香ってくるような・・・

お寺
↑こちらの写真一枚は
龍潭寺(りょうたんじ)のほーむぺーじからいただいてきました。
今一番の見頃のようですよ。
http://www.ryotanji.com/index.html

人
今回訪れた
同じ玄関も・・・

屏風
衝立屏風の絵が
以前より、
数段立派なものに代わっていて
お寺の風格を
数段アップしていましたねぇ~~~

その2につづく。

龍潭寺(りょうたんじ)横の、井伊谷宮へ・・・
にゃおとら
猫好きさんには、
たまらないかも~ (*´艸`*)

直虎
次郎姿のお人形も
いっぱい売られていて、

直虎
あれもこれもと・・・
迷うばかり・・・・

あれも
さっすが、、
家康君まで、参加していますねぇ~ (*´艸`*)

お米
おしゃれなパッケージになった
お米もあったり、

いろんな
かわいらしい猫になった
直虎など、色々。。。

直虎煎餅
こんなに可愛い、
直虎煎餅なども、売っていましたよぉ~~ 〜♥

ぎゃっこう
逆光なんだけれども・・・

さくら
いろんな種類の桜が・・・

いけ
池の周りに・・

ひっそりと
ちょこちょこと咲いている・・・

井伊谷
井伊谷宮へ・・・

まばら
訪れる人も少なく・・・
ひっそりと。。。

境内
伸びやかな場所となっている。。

交通安全
なんて、可愛い〜♥
交通安全の絵馬。。。
これいいなぁ〜♥

これは
これは?
なんだろう?

面白い絵馬だけれど?
へぇ・・・・

次は龍潭寺(りょうたんじ)を載せたいと思います。

相変わらず編み物もあれこれと。
龍潭寺(りょうたんじ)が終わったら載せようかな。。。

お出かけが多く、
訪問コメントが遅れていてごめんなさい。


名勝 龍潭寺(りょうたんじ)
basyo
20年ほど前に行ったきりとなったお寺に龍潭寺(りょうたんじ)というお寺がある。

tekuteku
場所は浜松の引佐群・・今は浜松市に合併しているのだという。

入り口
臨済宗妙心寺派の寺院で・・・

龍潭寺(りょうたんじ)
733年(天平5年)に・・行基によって開かれたと伝えられ、

伝承
当初は地蔵寺であったが・・・

井伊家
1093年(寛治7年)に遠江国守、井伊共保(ともやす)が葬られ、以降井伊家の菩提寺となります。

伝承
平安時代から井伊氏の菩提寺であったとされていて。
元中年間(1384年-1392年)に、宗良親王(後醍醐天皇の皇子)がこの寺を中興したとも言われています。

伝承
戦国時代の1560年(永禄3年)に戦死した井伊直盛がこの寺に葬られると、直盛の法号から龍潭寺と改められ。

伝承
以後、24代井伊直政が彦根に移るまで、およそ500年の間、井伊氏に帰依されてきました。

うぐいすばり
(↑鴬張りの廊下)
幕末の大老井伊直弼(なおすけ)も龍潭寺に位牌が祀られています。

左甚五郎
(↑左甚五郎の龍)

この他にも水晶玉やら・・魚の大きな彫り物などを写したのだが・・
なんだか不気味な写真になってしまって・・怖かったので止めた。。

お庭
まぁ・・・よーく手入れをされているお庭!

お庭
どこもかしこも一寸の隙が無い位に手入れが行き届いている。

庭
↑クリックすると大きくなります。

庭
こちらのお寺は昔からお庭で有名なお寺!

お庭
↑クリックすると大きくなります。

庫裏
↑庫裏の廊下で皆が並んでお庭を眺めているところ・・・頭の先が写っていますよん。。(笑)

小堀遠州作・龍潭寺庭園は、江戸時代初期に本堂北庭として築かれた池泉鑑賞式庭園。

中央に守護石、左右に仁王石、正面に礼拝石(坐禅石)が配され、
更に池の型が心字池となっていて寺院庭園として代表的な庭となっていて。
数多くの石組みで、瀧・渓谷が表現され、鶴亀が表現されているそうだ。

所がこの鶴と亀がなかなかみつからなかった私達。。。あははは。

すばらしい
↑クリックすると大きくなります。

なんて素晴らしいのでしょう~!

名勝
名勝の名にふさわしいお庭となっております~〜♥

つわぶき
2年前まで家にも沢山咲いていた、石蕗(つわぶき)の花。

藤
5月にはさぞや美しく咲くのだろう~ 古木の藤棚も多い。

大文字草 (だいもんじそう)
私が好きで育てていた大文字草の花も咲いていて・・嬉しい限り!

実?
これは何の実?だったかしら??

ぷりん
四季の花々が多く咲いているお寺。。。
臨済寺もこんな風にしてみたら・・・いいのになああ。。。

ちょっぴり紅葉
ちょっぴり紅葉と。。

家康君
浜松のゆるきゃら・・家康君”

よーく見ると・・・なんと欲張りなキャラだろうか。。(笑)
頭はウナギだし。。袴はヤマハのピアノ鍵盤だし。。家紋はみかん!

ゆるきゃら
良いとこ取りの浜松をあとにしました。

楽しかった一日に感謝です。ありがとうねぇ~~~!

テーマ:わんことおでかけ♪ - ジャンル:ペット



Design&Material By MOMO'S FACTORY