偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


臨済寺 秋の特別拝観 その5 茶室 夢想庵
臨済寺
↑クリックすると迫力がありますよん。。

夢想庵
さあ・・お茶室に行ってみましょうか。。

左下
左下を見ると・・・・

おっとっと
おっとっと・・・上から人が・・・・狭いのですれ違うのが大変~

かなり
かなりの急勾配です~

眼下
↑クリックすると眼下に広がる景色が。。。

眼下に
階段を登りつつ眺められる景色です~~

景色
↑クリックすると大きくなります。。素晴らしい景色をどうぞ!

心が
かなりの迫力のある階段からの景色です。

夢想庵
↑クリックすると夢想庵からの景色が広がります~~

夢想庵
茶室の夢想庵に到着です~~

ほう
↑クリックすると大きくなります。

なかなかの
なかなかの絶景です~~

正面に見える高い建物は駿府城傍にある市役所や県庁の建物です。
当時・・真っ直ぐに駿府城が見えていたのでしょうか。。

絶景
↑を一歩ひいて眺めてみました。

一歩
一歩座敷に入って撮影してみると。。

お茶室
こちらがお茶室。夢想庵。
私たちが20代の頃にはこちらの方丈様が茶道で有名な方だったなあ。。

おりる
さて・・戻りましょうか。。。上から階段を見下ろして。。。

下
庭も見下ろして・・・

って。私たちの小学生の時には・・なんと。ここまで勝手に登ってきたものだった。

わいわい、がやがや・・お墓でも遊んでしまっていたのが申し訳ない。。

それも
それも・・今は昔。。。懐かしい想いでとなっている。。

それも

いちど・・・訪ねられてはどうだろうか。。
スポンサーサイト

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真


臨済寺 秋の特別拝観 その5 竹千代御手習い之間!
龍天井
↑龍の天井画!!クリックすると大きくなります~~

天井龍
ふむ。。。

この龍の絵を毎日見ていたら・・壮大な野望も目覚めるというものだろうなあ。。。

竹千代の部屋
↑こちらは竹千代御手習い之間です。

だけれど

人の一生は
重荷を負うて、遠き道を行くがごとし
急ぐべからず
不自由を、常と思えば不足なし
心に望みおこらば、困窮したる時を思い出すべし
堪忍は、無事のいしずえ
怒りは、敵と思え
勝つことばかりを知って、負くることを知らざれば、
害、其の身に到る
己を責めて、人を責めるな
及ばざるは、過ぎたるに優れり

の掛け軸が。。。

竹千代
↑クリックすると大きくなります。

部屋
だけれど・・・

手習いの間
↑クリックすると大きくなります。

竹千代の部屋
武田軍によって・・・
焼かれてしまったあと。。
家康に寄って再建されたのだと言うのだから・・
家康の心にある学びの部屋の再現だったのだろうなあ。。。

竹千代の間
思えば・・・8歳の時から12年間も・・
今川義元の軍師でもあった師の太原雪斎について学んでいたのだという。。

書院
何を教えたかったのだろうか・・・

書院
何を学び取ったのであろうか。。

家康
感慨深し。。

自然
自然光の中で・・・

heya
部屋を下から見ると・・・

階段
こんな感じ・・・

階段
階段横には・・・

船
船形のつくばいが・・・・いいねえ~!

その5につづく。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


臨済寺 秋の特別拝観 その4
さて
さて・・こちらのお部屋では・・

どどーーん
↑どどぉ~~ん!!と。クリックしてくださいな!

鉄舟
幕末の幕臣で書で有名だった山岡鉄舟の筆になるもの。。

でlっかい
↑でっかい!でっかい!

全体に
東照宮大麻利支尊天と書いてある。。

明治政府では、静岡藩権大参事になった山岡鉄舟。

禅にも造詣が深かったとか。。
彼が南北朝時代からあった清水のお寺を鉄舟寺として改名し
妙心寺派臨済宗のお寺を開いた話は有名。

庭
そしてこの部屋をつっきった・・正面には地味だけれど・・・ゆかしい庭が広がっているのです。

庭
↑右上には夢想庵というお茶室も見えます。

おおきい
↑クリックすると大きくなります。

昔はよくお茶会なども開かれていて・・
”微妙”という名前を愛用の茶杓に名前をつけてくだっさたりしていたものだったが・・・
今ではお茶会すらも全く開かれなくなってしまっているのが残念だ。。

もったいないこと。。。

庭
季節柄だろうが・・名勝とは言え・・花が無くて寂しいなぁ。。。

もっと昔は草木が鬱蒼としていたような。。。はて。。。

庭
ここで一服お茶でも飲みたいところだが・・・・

kakejiku
虫籠の緻密な絵やら・・

竜虎
龍虎盛衰の図か?

昔は割りと各家庭に寅年の人がいたり・・辰年の人がいたりすると
こんな風な掛け軸があったものだなああ。。。(=^・^=)

ほかにも
その他にも色々な掛け軸が・・・・

本堂
こちらの奥も拝見することができます。

その5につづく。。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


臨済寺 秋の特別拝観 その3
ささ
ささ! どうぞ!どうぞ!

ここでは全てが太鼓や鈴などによって 合図とされているようだ。

こちらから
こちらから・・・

古そうな
古そうな板戸の絵を眺めつつ渡り・・・

廊下を
廊下を廻って・・・

本堂
本堂へ・・・

ここから
こちらから眺めると・・・

こんな
またぐるっと・・・

つち
こんな具合に市街も望めます~。

良い天気だわぁ~~~!

ほう
ほうぅ~~~!

襖絵
↑クリックすると大きな写真が現れます~~!

鶴
鶴の絵が・・・華やかなり・・・

もと
↑クリックすると大きくなります~~

学ぶ
雄大な羽ばたく心を思わせます~~

こちらも鶴
こちらも鶴~~

鳥が
空に羽ばたく鳥を好んだものだったのかしら?ねぇ?

今川義元像
↑今川義元像と。今川氏輝像が並ぶ。

その4につづく。。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記


臨済寺 秋の特別拝観 その2
階段
さて・・・先ほどの門をくぐると・・・正面には階段があって。

銀木製側
昔私たちの小さかった時分には武者階段とも呼ばれていたような記憶があるのだが・・
今では鬼階段と書かれていることが多いようだ。。

鬼よりも今川義元やら徳川家康ゆかりの寺なのだから・・
武士にちなんだ名前の方がしっくり来ると思うけどなぁ・・・

明治生まれの養父は良く一緒に来るたびに武者階段だと説明してくれた。。

しかし
これは普段使われている通用口につながれているゆるやかな階段の方を姫階段というそうな。。。
女性にもゆるやかに上がれるようにとの配慮からだったのか。。

でも・・・・こんなに綺麗になってしまって・・・驚いた。。

普通に小学生の足で飛び回っていた場所だったのに。。。(笑)
赤土もまったく見えなくなってしまっている。。

きんもくせい
すぐ右側にはちょっぴり酸っぱい香りの白っぽい銀木犀が咲いている。
金木犀も直ぐ近くに咲いてはいたのだが・・・銀木犀の方が香りに濃い甘さが無いように思える。

左
左側には・・・私の見知らぬ新しい仏殿が建てられている。

座禅?
なんと平成9年に建てられたそうだとか。。。なるほど。。

右に
右に鐘楼を眺めつつ。。登りきった所に・・・

どぉーーんと
どぉーーんと本堂が。。。

本堂
↑どおおん!と感を味わって下さいな!

なかなかの
なかなかの威厳と風格が感じられる。

風格
↑ほうぅ~~!! 

良い
良い雰囲気になったわねぇ~~~~!

いつから
いつ頃からこんなふうに お洒落になったの?

階段の下もそうだけど・・随分石を使うようになったんだねえ。。。
お掃除が楽になるからかしら?ねぇ??
修行もこの頃では 楽が見え隠れするようになってきたのでは??

つち
昔懐かしい赤土の土肌は消えてしまっているようだ。。

その3につづく。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記



Design&Material By MOMO'S FACTORY