FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2018.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


臨済寺 今川義元公命日、特別拝観。その3 茶室と竹千代の部屋
部屋
こちらは、
徳川家康が竹千代の時代に
預けられていたとされるお部屋。

せっさい
雪斎禅師によって
教育がなされたのであろうか?

ただ・・・
私が子供だった頃や
若かった頃には
普通に。こちらの庭で、
わいわいと遊ぶことができ、
池の周りを駆け回り・・
蛇やカエルを捕まえて遊んだ記憶があるのだが・・

いつの頃からか
門戸は閉ざされてしまったのが。
とても残念だ。。

重き
家康公の有名な言葉が、
描かれたものは、もう、読めないくらいになってしまっていて
こちらは、
慶喜公が後生に描かれたものらしい。

庭
こちらのように・・・
庭の下から上を見上げてみると。
上の方に、お茶室が見えているのだが・・

この茶室へは・・・

階段
こちらのような
狭くて、崖縁に繋がっている

階段
細い階段を上っていくようになっていて。。

茶室
小さな・・
茶室にたどり着く。。

その昔。
私たちの若かりし頃。
お茶会が毎週のように開かれていて
裏千家でも。表千家でも
華やかに執り行われていて
私も数階。
友人達と着物を着て、行ったものだったなぁ~

今では、
まったく、開かれることはないのだとか・・
ちょっと。もったいないような気持がするのだが、、なあ。

上から
上から・・・
下の庭を臨むと・・・

庭
こんな感じであって。

ひょうたん
ひょうたん型の池が
はっきりと解る。

また
また・・・
屋根越しには・・・

街
静岡の街並みが
見下ろせる~

庭
歴史好きな方は

一度訪れてみて欲しいですねぇ~~

終わり。

スポンサーサイト

臨済寺 今川義元公命日、特別拝観。その2
大勢
大勢の人が・・・

れつ
並ばれて・・・

位牌
普段は見ることのできない
今川義元公のお位牌を・・

みる
みることができました。

本堂
雪斎禅師のお歌が~

歌
お坊様に
お歌の意味をお聞きしたところ・・
今日の、朝、急に出てきたお歌なので
残念ながら・・
私たちもみるのがはじめてで
何が、描かれているか解らないとのお答えでした。

掛け軸
禅師のお姿?

「太原雪斎」(たいげん・せっさい 1496 ~ 1555)とは、
臨済宗の僧にして今川家の執政であり、
軍事・外交・内政全てに秀でた今川家の柱石ともいうべき存在である。

外交面では
武田・北条・今川三国同盟(甲相駿三国同盟)を締結させ、
軍事面では三河侵攻作戦、
内政面では今川仮名目録の制定など、
彼の今川家での功績は計り知れない。

こちらの禅師のお姿の仏像も
公開されておりました。

その3につづく。


臨済寺 今川義元公命日、特別拝観。その1
臨済寺
静岡の臨済寺で、
今川義元公の法事が行われましたよ~

階段
そして・・
階段~

本堂
本堂~

はいって
はいってすぐに・・

象
象に乗った・・・

こちらが
こちらが・・
最近作られたもの。

本堂へ
本堂へ

大勢の人が並んでいます。
そして、奥に入って
義元公の位牌を見せていただけます。

おぼうさん
右側には・・
御朱印を描く、お坊様が・・・

こちらは
こちらは・・・
もう・・・50年以上前に訪れた時から
飾られて居る、衝立屏風です。

たたく
お客様の訪れを告げる・・

ほとけ
仏様を写してみたのだけれど・・・
こういう場合は
どうやって写すのだろうか???

明るく
明るくしてみたら・・・
こうなっっちゃったんだけれどなあああ。。

どおうやるの??
教えて~~~

つづく。

臨済寺 秋の特別拝観 その5 茶室 夢想庵
臨済寺
↑クリックすると迫力がありますよん。。

夢想庵
さあ・・お茶室に行ってみましょうか。。

左下
左下を見ると・・・・

おっとっと
おっとっと・・・上から人が・・・・狭いのですれ違うのが大変~

かなり
かなりの急勾配です~

眼下
↑クリックすると眼下に広がる景色が。。。

眼下に
階段を登りつつ眺められる景色です~~

景色
↑クリックすると大きくなります。。素晴らしい景色をどうぞ!

心が
かなりの迫力のある階段からの景色です。

夢想庵
↑クリックすると夢想庵からの景色が広がります~~

夢想庵
茶室の夢想庵に到着です~~

ほう
↑クリックすると大きくなります。

なかなかの
なかなかの絶景です~~

正面に見える高い建物は駿府城傍にある市役所や県庁の建物です。
当時・・真っ直ぐに駿府城が見えていたのでしょうか。。

絶景
↑を一歩ひいて眺めてみました。

一歩
一歩座敷に入って撮影してみると。。

お茶室
こちらがお茶室。夢想庵。
私たちが20代の頃にはこちらの方丈様が茶道で有名な方だったなあ。。

おりる
さて・・戻りましょうか。。。上から階段を見下ろして。。。

下
庭も見下ろして・・・

って。私たちの小学生の時には・・なんと。ここまで勝手に登ってきたものだった。

わいわい、がやがや・・お墓でも遊んでしまっていたのが申し訳ない。。

それも
それも・・今は昔。。。懐かしい想いでとなっている。。

それも

いちど・・・訪ねられてはどうだろうか。。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真


臨済寺 秋の特別拝観 その5 竹千代御手習い之間!
龍天井
↑龍の天井画!!クリックすると大きくなります~~

天井龍
ふむ。。。

この龍の絵を毎日見ていたら・・壮大な野望も目覚めるというものだろうなあ。。。

竹千代の部屋
↑こちらは竹千代御手習い之間です。

だけれど

人の一生は
重荷を負うて、遠き道を行くがごとし
急ぐべからず
不自由を、常と思えば不足なし
心に望みおこらば、困窮したる時を思い出すべし
堪忍は、無事のいしずえ
怒りは、敵と思え
勝つことばかりを知って、負くることを知らざれば、
害、其の身に到る
己を責めて、人を責めるな
及ばざるは、過ぎたるに優れり

の掛け軸が。。。

竹千代
↑クリックすると大きくなります。

部屋
だけれど・・・

手習いの間
↑クリックすると大きくなります。

竹千代の部屋
武田軍によって・・・
焼かれてしまったあと。。
家康に寄って再建されたのだと言うのだから・・
家康の心にある学びの部屋の再現だったのだろうなあ。。。

竹千代の間
思えば・・・8歳の時から12年間も・・
今川義元の軍師でもあった師の太原雪斎について学んでいたのだという。。

書院
何を教えたかったのだろうか・・・

書院
何を学び取ったのであろうか。。

家康
感慨深し。。

自然
自然光の中で・・・

heya
部屋を下から見ると・・・

階段
こんな感じ・・・

階段
階段横には・・・

船
船形のつくばいが・・・・いいねえ~!

その5につづく。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。