ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


辺鄙な空港。。。
辺鄙な空港。。。


いとこが藤枝に行くというので。
ついでに。
富士山静岡空港見学に行ってきた。

何も無い道・・
行けども行けども。。

何にも無い。。。

どこが富士山静岡空港なんだか。。

これじゃあ牧の原静岡空港とか。
吉田静岡空港とかの方が
正しいネーミングじゃなかったのか?

疑問が沸く。

やってみえてきた
ふむ。

飛行機。
見えてきたけど。

ちっちゃい?
以外にちっちゃい飛行機で拍子抜け。。

門松
門松が飾られてあり。お正月らしい。

門松
ここの門松はやっぱり蜜柑の産地らしく。
大きな橙が一緒に飾られてある。

雪だるま
雪だるまの飾りやら。

雪だるま
クリスマスにも使えそうなライトが。

テレビ局の取材?
テレビ局の取材やら。

おみやげ物
おみやげ物屋はキオスクよりも小さなものが一軒。。

しかも。売っているのは
おみやげ物
なぜか竜馬グッズ!

なぜだ?

ここ吉田に来たのだろうか?

鈴
富士山静岡空港鈴。。370円。
可愛いので自分用に買いました。

飛行機と
飛行機が一機。

飛行機
飛行機が2機。

飛行機と一緒
なんとも。

飛行機と一緒
殺風景な。。

飛んでる飛行機
もうちょっと便利な処に欲しかったなああ。。

殺風景
何も無い僻地を下りつつ。。そう思った。

みかん
蜜柑を百円で買って。食べながら。

遠くに見える小山城
遠くに見える小山城へ。

小山城
天気の加減で薄暗く。

寒々しい城
寒々しく。

お城
夥しいお墓の横を通って行かねばならず。
断念。

弥勒交番で
帰り道弥勒の交番で。

機動隊のバス
機動隊のバスに葵の紋がついているのを。

発見!

面白い!
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


『素浪人月影兵庫』の舞台となった藤枝宿の傍・・島田宿
『素浪人月影兵庫』の舞台となった藤枝宿となり 島田宿


自分の住んでいる町を、
じっくりと見直すことがある。

温暖で、雨も少なく、
年がら年中、ぽかぽかとした
ぼおぉ~~っとなってしまうような町なのだが、

あちらこちらと、
昔ながらの良いところが、いっぱいある。
・・と、この頃、見直している。

車の運転が出来ない私の事、
もっぱら、電車と、バスと、歩きなので、
時間がかかってしまうのだが、
それが、またいい。

静岡には昔ながらの変わったお祭りも多い。
島田の帯祭りも、その一つだ。
ちょっとや、そっとでは見られないような
変わったお祭りだ。
日本三大奇祭の一つだというのも頷ける。

島田に行って 驚くのは、
昔からの芸事がいまだに、盛んだということだ。

かって、静岡にもお祭りには 13基くらいの数の
オネリの山車が出たものだった。
各町内ごとに競い合って、
お姫様やら、町娘やらと数人の子供達が、
きらびやかに着飾って扮装して乗っていた。。
そして踊りを披露しては 練り歩くのだ。

それが、今では、
お金もかかりすぎるということなのだろう・・
乗る人すらも居なくなってしまった。
なんとも寂しいことだ。

だが、島田はいまだに、脈々と息づいていて、
多くの子供達が賑々しく 乗って踊っている。
可愛くも美しい 藤娘や若衆姿に
気持ちがほころんでしまう。
帯祭り大奴

そして圧巻は、なんといっても、この帯祭りだ。
そして珍しい大奴の踊り。。
その格好が度肝を抜く。
この独特のスタイルで、見栄をきりつつ歩いていく。
大迫力である。

また、このお祭り、他にも古きよき時代の
様式をもった、お祭りが続く。
天狗さんとか 女神?さんとか・・。
是非とも 一日がかりで観にいらしてはどうだろう。
ただし4年に一度の催しなので、
今度は2011年になると思う。

よければ下のサイトを覗いて見て下さい
大奴の様子が良く見れます。
ビックリしますよ

↓島田帯祭り 写真いろいろ
http://toraimomo.moo.jp/sub55.htm

↓島田大祭帯祭り
http://simadataisai.web.fc2.com/

↓島田帯祭り大奴
http://futami.good.cx/photowalk/024obimaturi/index.htm


テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット



Design&Material By MOMO'S FACTORY