ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2018.02 >>03
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


今年はじめの登呂遺跡~~その2
道
この道を・・・

とことこ
とことこと・・・
カートに乗って・・・

竪穴式
復元されている
竪穴式住居へ・・・

竪穴式
また、
その奥にある、
別の竪穴式住居へ!

かのまり
その前で記念撮影を~~(o^^o)

どう
どう??

建物
ちょっと
雰囲気があるでしょう

お天気も良く
風もなく。
ぽかぽか。。

ここって、
こんなに居心地が良い場所だったんだなぁ~って
改めて思った次第だわ。。

同じ市内でも、
ここへ来る前に寄った丸子宿は
風も強く寒かったなああ。。

穀物倉
上の写真は
数年前にぷりんと一緒に行ったときに。
左側にあった高床式の穀物倉庫。

穀物
ネズミ返しを見つめているぷりんの頭。。(o^^o)

うす?
臼のようなこの中に、
収穫した赤米を入れて
杵のようなものでついて、
籾殻をとるのです。

赤米
赤米。。

つぼ
このお米を土器で
目の前で炊いてくれて・・・

はっぱ
葉っぱを食器代わりに。。。

ごはん
ほら・・・
赤米のご飯だよぉ~(o^^o)

えっと
微妙かも。。。byぷりんばぁば。。。(o^^o)

ちょっと、
懐かしい写真でしょ!❤

祭殿
そして右側には
祭殿が~

まりん
まりんちゃんの
堂々とした様子。。。
笑っちゃうね。。

かのんは、
この切り株の高さも怖がって
駄目でしたわ。。あははは。

祭殿
同じ場所の
ぷりんばぁば。。。ふふふ。

ちょっと、懐かしい場所だわねええ。

おわり。

スポンサーサイト

今年はじめの登呂遺跡~~その1
ここの所・・
あれやこれや
カメラの本ばかり・・・

未だにさっぱり・・

さてさて・・
読もうっと、構えると
いつの間にやら眠くなり~~~

眠くなりぃ~~♪

夢のまにまに~~❤

富士山

とっても良いお天気の富士山です!
寒い日なんですが・・・
風もなく
ぽかぽか天気~(o^^o)

広々

広々とした
水田の跡~

今では
今ではイベントとして
こちらで濃厚栽培が行われ
収穫しておにぎりにしたりして
食べたりするように。。。

赤米のおにぎりを食べたことがあるなああ。。(o^^o)

まわり

このすぐ横に
中高女学校時代には
友人の家があり・・
遊びに来ると、
周りには家すらもほとんど無くて、
がらがらの田んぼばかりだったのになぁ~~~

今では
今ではびっくりするほどに

ひろがって
多くの住宅が広がっていて・・

道
なんとも
違った雰囲気の世界が・・
広がっていますねぇ~~

つづく。


静岡登呂遺跡。その2.
道具
昔の人の生活観があるなぁ~

これ
おかあさん。。これ・・・

何?
何?

ご飯
これは赤米を焚いている所。。

焚いた
実際に目の前で焚いてくださいましたよ。

お皿
器代わりの葉っぱは。

まてばし
直ぐ横に生えているマテバシという葉っぱで。

とっても香ばしくて美味しかったです。
お米の味が濃いんですよね。

水田発祥の地なので小学生などの実地体験として
直ぐ横の水田で赤米やら黒米やらを栽培しております。
そのお米で焚いてふるまってくださいます。

おにぎり
先ほどの赤米がちょっぴり入ったお結びを売店で売っておりました。

最中
こちらは登呂遺跡最中。

ゆるきゃら
こちらは登呂遺跡のゆるキャラのようです。

埴輪
埴輪の根付け・・・これは50年以上前から同じものを売っていたなぁ~

土器
土器やら・・

土偶
土偶やら・・

土鈴
土鈴やら・・

土偶
書籍やらを売っております。

なんと
なんと・・こんなガチャガチャまで。。

たまには近くの名所も面白いものですよ。いかが?

コッカスパニエル
こちらは久能山の石段でお会いしたコッカスパニエルちゃんです。

コッカ
梅園に行くとき不覚にもカメラを忘れてしまって。
お写真を送っていただきました。
せっかくのコッカちゃんの可愛いお顔が映ってなくて残念。

ありがとうございます。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


静岡登呂遺跡。
遺跡
るんるん~♪

ここは?
こちらは静岡登呂遺跡~♪

登呂遺跡
ここは必ず小学校の遠足で訪れる場所でしたが。。。今はどうなんだろう?

みんな
その昔。。。

いまでは
静岡駅の方まで・・・大浜の方まで見渡せる限りの田んぼだったのに。。

田んぼ
今では見苦しい位に家々が建っちゃって。。。

少しは
少しは周りを市が買い上げるとかして。。

三匹
景観を守って欲しかったなぁ。。

少しは
家々が入らないように映すって難しいわ。。(笑)

こちらは
こちらは一番若いカノンママが代表で~火おこしを~~~♪

がまの穂
火種を熾したらガマの穂のほぐした繊維に移します。

吹く
そしてそれをふーーふーーーっと吹くと。ぱあっと炎が上がって。。
あっと言う間に火がつきました。

以外に早くついてびっくり!炎は早すぎて撮れませんでした。

その2に続く。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


静岡登呂遺跡 その3
静岡登呂遺跡 その3


ニワトリ?
当時の生活様式が良くわかる設備と。

ニワトリと竪穴式住居
働いている方々が皆さん感じの良い方たちばかりで。
懇切丁寧に説明をしてくださるのが嬉しい。

中に入ってみると
中に入ってみると。

当時の食べ物が。
かなりリアルに
当時の食べ物なんかが置かれてある。

リアルな魚を
あんまり魚がリアルなんで
ひっくり返してみた。(笑)
空洞の張子の魚でした。

へえ。

出来立てほやほや
とにかく2ヶ月ほど前に完成されたばかりの
出来立てのほやほやのぴっかぴかの設備ばかり。

階段
階段もどこもかしこも木でできていて

トイレ前
肌触りも踏み心地も優しい感触だ。

丸木舟
横に居たお兄さんの許しを得て。

丸木舟に
丸木舟に。乗ってみました。

絶景かな
絶景かな。。

屋上の富士山
屋上からの富士山。

眼下に
眼下に見下ろす竪穴式住居。

日本平
日本平も見えます。

ということで日本平へ。

つづく。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット



Design&Material By MOMO'S FACTORY