ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2017.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


静岡登呂遺跡。その2.
道具
昔の人の生活観があるなぁ~

これ
おかあさん。。これ・・・

何?
何?

ご飯
これは赤米を焚いている所。。

焚いた
実際に目の前で焚いてくださいましたよ。

お皿
器代わりの葉っぱは。

まてばし
直ぐ横に生えているマテバシという葉っぱで。

とっても香ばしくて美味しかったです。
お米の味が濃いんですよね。

水田発祥の地なので小学生などの実地体験として
直ぐ横の水田で赤米やら黒米やらを栽培しております。
そのお米で焚いてふるまってくださいます。

おにぎり
先ほどの赤米がちょっぴり入ったお結びを売店で売っておりました。

最中
こちらは登呂遺跡最中。

ゆるきゃら
こちらは登呂遺跡のゆるキャラのようです。

埴輪
埴輪の根付け・・・これは50年以上前から同じものを売っていたなぁ~

土器
土器やら・・

土偶
土偶やら・・

土鈴
土鈴やら・・

土偶
書籍やらを売っております。

なんと
なんと・・こんなガチャガチャまで。。

たまには近くの名所も面白いものですよ。いかが?

コッカスパニエル
こちらは久能山の石段でお会いしたコッカスパニエルちゃんです。

コッカ
梅園に行くとき不覚にもカメラを忘れてしまって。
お写真を送っていただきました。
せっかくのコッカちゃんの可愛いお顔が映ってなくて残念。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


静岡登呂遺跡。
遺跡
るんるん~♪

ここは?
こちらは静岡登呂遺跡~♪

登呂遺跡
ここは必ず小学校の遠足で訪れる場所でしたが。。。今はどうなんだろう?

みんな
その昔。。。

いまでは
静岡駅の方まで・・・大浜の方まで見渡せる限りの田んぼだったのに。。

田んぼ
今では見苦しい位に家々が建っちゃって。。。

少しは
少しは周りを市が買い上げるとかして。。

三匹
景観を守って欲しかったなぁ。。

少しは
家々が入らないように映すって難しいわ。。(笑)

こちらは
こちらは一番若いカノンママが代表で~火おこしを~~~♪

がまの穂
火種を熾したらガマの穂のほぐした繊維に移します。

吹く
そしてそれをふーーふーーーっと吹くと。ぱあっと炎が上がって。。
あっと言う間に火がつきました。

以外に早くついてびっくり!炎は早すぎて撮れませんでした。

その2に続く。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


静岡登呂遺跡 その3
静岡登呂遺跡 その3


ニワトリ?
当時の生活様式が良くわかる設備と。

ニワトリと竪穴式住居
働いている方々が皆さん感じの良い方たちばかりで。
懇切丁寧に説明をしてくださるのが嬉しい。

中に入ってみると
中に入ってみると。

当時の食べ物が。
かなりリアルに
当時の食べ物なんかが置かれてある。

リアルな魚を
あんまり魚がリアルなんで
ひっくり返してみた。(笑)
空洞の張子の魚でした。

へえ。

出来立てほやほや
とにかく2ヶ月ほど前に完成されたばかりの
出来立てのほやほやのぴっかぴかの設備ばかり。

階段
階段もどこもかしこも木でできていて

トイレ前
肌触りも踏み心地も優しい感触だ。

丸木舟
横に居たお兄さんの許しを得て。

丸木舟に
丸木舟に。乗ってみました。

絶景かな
絶景かな。。

屋上の富士山
屋上からの富士山。

眼下に
眼下に見下ろす竪穴式住居。

日本平
日本平も見えます。

ということで日本平へ。

つづく。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


静岡登呂遺跡 その2
静岡登呂遺跡 その2


わんこ
わんこさんとのご挨拶も終えて。

橋を渡って
橋を渡って。

登呂遺跡博物館
2010年10月3日にリニューアルされたばかりの
博物館へ行ってみる。

とろべえ?
いつの間にか。
ゆるキャラとろべえなるものが。(笑)

子供たちの掲示板
子供たちの掲示板など。

設備が綺麗
中に入るとまあ設備もぴっかぴか。

昼
昼になったり。

夕方になったり
夕方になったり。

ライトで
夜になったりと。照明が変わる。

田植え体験
田植え体験やら。

水田用の下駄
発掘された田植え用の下駄も。

器
草を調理したり。

稲
乾燥させたり。

彫る
丸太彫りなど。

作業を学
当時の地道な作業を実体験できる。

つづく。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット


静岡登呂遺跡 その1
静岡登呂遺跡 その1


車の中で。
↑車の中で どこへ行くの?
と。
目で問うているマロンちゃん。

朝ご飯を食べていたら・・メールが。

東京のブログ友だちのアミちゃんが。
急に思い立ち。
娘さん息子さんと一緒に東海道線に乗ったという。
10時前には東静岡駅に着くそうな。

(◎_◎;) おっ!

びっくりして直ぐに携帯に電話した。

私は車も無いし運転もできないので
突然ではあったが。
急遽マロンママにお願いして。
車で静岡観光めぐりをしてもらうことに。


登呂遺跡入り口
息子さんの希望で静岡の登呂遺跡に。

もう何十年ぶりにきたのだろうか。

大きな水車が3つ並んでいた安部川餅のやまだいちさんも
その大きな立派な建物は跡形も無く
今は結婚式場となっていた。

あら。。まあ。
人形の博物館なんかも併設してあったのになあ。

水田跡
昔たくさん並んでいた土産物屋さんも
今はまったく影も形も無く・・
寂しい限り。。。

お蕎麦屋お汁粉屋さんもあったなあ。。
埴輪なんかも買ったんだけどなあ。

竪穴住居跡
それに反して。
遺跡のすぐ傍にマンションやらが。
迫って建っている。

水田跡
水田跡の周りなどは。
何にも無い野っぱらだったのになあ。。

赤米
ボランティアの方だろうか?

赤米
この水田で収穫した赤米を。

杵でつく
杵でついて。

赤米の籾殻を落とす
手でふるって籾殻を落としている。

出来上がったお米
こんな具合に赤米の出来上がり。

このお米を。

竪穴式住居跡
懐かしい竪穴式住居跡の中で。

火をおこし
火をおこし。

火おこし
隣の炉で。

炉
実際に米を炊き
おにぎりにして販売してくれている。

観る
昔はもっと大きな建物に感じていた住居も。

住居跡
今見ると。案外に小さいことに驚く。

ボランティア?
実演して見せてくださっている方々がとても親切丁寧。

高床式倉庫
懐かしいねずみ返しのある高床式倉庫。

懐かしい
ちわわ返し?(笑)

こんにちわんこ
こんにちわんこ。

つづく。




テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット



Design&Material By MOMO'S FACTORY