偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


鑑定士と顔のない依頼人 映画DVD感想
前作に続いて 2つ目の映画感想を。。。

映画

美しい映像の予告編を観て・・・

映画

是非にも見てみたいと思った作品のひとつ。

映画

ぐんぐん・・・・ずんずんと引き込まれていき・・・目が離せなくなる。。

でも

でも。

なんとなく

なんとなーく エピローグに向けての予感が走る。。

そんな

そんな作品。

魅力

不思議な魅力に溢れている作品。。

が

が、しかし、納得できない所も多く・・・

ここまで

ここで書いてしまうとネタバレになってしまうような。。。

けれど

けれど・・・ここで、ネタバレを書かなければ感想を書けないような作品。

★★・・・・ここからはネタバレを含みますのでご承知を・・・★★

ばれる

これほどの目利きの鑑定士をだますことが出来るだろうか・・・

おおく

多くの作品にも精通しているし・・・

38

オークションをも主催したりしている位の人を・・・

37

だましおおせるだけの 世に知られていないと言う作品の数々・・・

36

そんな厖大な作品への知識と作品類を、どうやって用意したというのだろう。。。

何年かけて準備したというのだろうか・・・・

35

それだけの資金力と財力があるとすれば・・・

何もこれだけの手の混んだ計画を企てることも・・必要ないような。。

34

それとも長年の友人だった人間のしっぺがえし?

33

そこが不納得な作品。

32

ただ。。とても面白い。

そして魅了するほどの美しい美術的な画面。

31

ああ・・しかし。。。

ジェフリー・ラッシュ・・・・この俳優さんが演じるということは・・・ねぇ・・・

何かあるとは思っていたけれど・・ねぇ・・・

30

なんとも ・・・

年齢の上のものには・・・

これがとても幸福であったように見えたり・・・
たまらなく残酷で不幸に見えたり・・・理不尽すぎるようにに見えたり・・・

なんとも言えない作品だった。

でも 勧めたくなるような作品です。 ぜひどうぞ!

29

ああ・・・しかし。。私はこのぜんまい仕掛けの中のような・・・

こんな喫茶店には行きたくないなああ・・・

そして。。区切りの無い時間を・・・永遠に・・・連れを待っているのは辛すぎる。。。

スポンサーサイト

『リプリー』 1999年 
『リプリー』1999年 マット・デモン

むむむ。。。
なんというか。私にはひどく物足りない。

もともとが好きな俳優さんではなかった二人が主人公たちを演じている。

りぷりー
マット・デモン・・
顔は好みではないのだが
その人間性はとても好感が持てる人。

ジュードロウ
ジュード・ロウ・・・昔から何でか理由も無いのに嫌いな俳優さんだった。

その二人が演じる・・・というところからして引き気味で
この映画が公開された時にも
まったく観にいきたいという気持ちが浮かばなかった映画だった。

リプリー

私の中に有るイメージを
壊したくなかったというのもあったのかもしれない。

リプリー

やっぱり・・・やっぱり。
私にとっては
『太陽がいっぱい』のアラン・ドロンの持つイメージが強すぎて
容貌的にも随分と見劣りのするトム・リプリー役に
イマイチ興味が沸かなかったとも言える。

アラン・ドロン
(↑アラン・ドロン)

それほどにアラン・ドロンの美貌は強烈だったのだ。
なんせ年端もいかなかった私が観ても
まぁなんて美しい人がこの世には居るものかしらんっと
いっぺんに虜となってしまったのだから。。

リプリー

それに
このマット・デモン演じるリプリーを観て
妙に納得してしまったこともある。
『太陽がいっぱい』を撮られたルネ・クレマン監督さんが
何故に金持ちのぼんぼん役にとキャスティングしていたはずの
アラン・ドロンをトム・リプリー役に変えたのか。。
なんだか良く理解できるような気がしてきた。

リプリー

ただ外見的には人の良さそうな
これといったさしたる取り得も無さそうな小心者っぽい
そんな内面の屈折した精神疾患をも抱えていそうな
マット・デモンのトム・リプリー役よりも
ギラギラとキラキラと輝くばかりの美貌と
一度食らいついたら離さなそうな
野心とを剥き出しにしたようなトム・リプリー役の方が
アラン・ドロンには
とてもぴったりのはまり役だったようにも思えるのだ。

リプリー

家庭環境の特殊な状況で育ち相次ぐ退学と放校と。
17歳で外人部隊に志願してインドシナ戦線で戦い
不祥事で11ヶ月間刑務所にも入り4年後に除隊。
バイセクシャルであったジャン・クロード・ブリアリと二人で
上半身裸でカンヌをうろついて映画関係の人の目に留まったというアラン・ドロン。
その人間的なパワフルさと美貌が実践としての生きたものではなかったろうか。。

それゆえに映画を観ている側の感情移入も大きかったのではないだろうか。

リプリー

物語としてはマット・デモンのリプリーの方が原作に近く
ホモセクシャルな部分がより強く描かれていて
ディッキーに対しての恋愛感情がはっきりと描かれている。
車窓に映る窓にキスをしているように映るのもそのいい例だ。

リプリー

だが、それは多分に思い込みが激しく一方通行の片思いでもあり
少々異常とも思えるような惑乱から来ているようにも思える。

ディッキー

地下室に篭らなくちゃ・・という言葉に表れているように。
常に疎外感と孤独感とを持ち続けていて
自分が愛したいのに愛せない
自分が愛されたいのに愛されないと思い込んでいる。

リプリー

だから本当に自分を愛してくれた人を殺してしまうし。
自分が愛したかった人をも殺してしまうことになる。

リプリー

普通自分が愛した人だけは
何があっても守りたいと思うのが本当なのに
彼の場合は自己愛の方が強く偏執的で
相手の方を殺してしまうことを選ぶのだ。。

リプリー

うぅ・・む。
どうにも病的な部分だけが印象に残ってしまって
同情とか共感とかいうよりも。
なんだかなぁ・・・という感情で終わってしまった映画だった。

リプリー

釈然とはしない結末で。

リプリー

あぁ・・・やっぱり
アラン・ドロンの『太陽がいっぱい』は素晴らしかったと
あらためて思い直してしまった映画だった。

リプリー

愛の意味などわからない
憂鬱が何をかを知るまでは
失われる運命の愛に身を焦がすまでは
愛のことなど知る由もない

唇の痛みなどわからない
口づけの代償を知るまでは
心乱れてさまようまでは
愛のことなど知る由もない

傷心の嘆きなどわかるはずがない
追憶の彼方の切ない想い
涙を知った唇のむなしさは
やがて消え行く口づけの香り

心を突き刺す激しすぎる痛み
愛の炎を消すことはできない

眠れぬ夜に身をゆだねるまで
愛のことなどわかるはずがない
愛のことなど知る由もない

愛のことなど・・
誰に・・わかろう。

・・・・★映画最後に歌われていた歌より。

この最後の方でリプリーと愛し合うようになる音楽家の青年
ピーター役はジャック・ダヴェンポートさん。
『パイレーツ・オブ・カリビアン』での
ジェームズ・ノリントン役だった人・・・
雰囲気が違っていて とても良いんだけどねぇ。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


『バッド・エデュケーション』2004年 スペイン。アルモドバル監督作品。
『バッド・エデュケーション』2004年 スペイン。アルモドバル監督作品。

キサス・キサス・キサス♪の歌が懐かしい。

(意味は たぶん・たぶん・たぶん・・・?)

イグナシオ

映画の中にはその作品がいくら素晴らしくても
その感想を素直に書いてしまっても、良いものかどうかと迷う作品がある。
それはその作品の描いている世界に他ならないのだが。
なんとも、いかんともしがたい。。
その内容によっては書こうとする手も止まるというものだ。

igunasio

だが、そんな状況をも逸脱してあまりにも素晴らしい作品だと
それはもうやっぱり素直に手放しで賞賛するべきだと思ってしまう。

イグナシオ

凄過ぎるほどの展開と内容の濃い映画で
観終わったあとの余韻が重たいくらいなのだ。

イグナシオ

この監督さん自身の自伝的な懐古の部分も多分に含んでおり
昔々読んだヘルマン・ヘッセの『ナルチスとゴルトムント』
今では『知と愛』という題名に変えられて売られているようだが。。
あの作品の想い描いていた世界をも想像してしまった。

イグナシオ

ミッションスクールに通っていたせいもあるのだが。
私達の周りにはごく当たり前に
フランス人の神父様から
イギリス人やアイルランド人のシスター達がわんさか居て
実際に英語の授業やら要理やら
フランス語の初期の初期なんぞを彼らから学んだものだった。

エンリケ

だからこそだろうか、外国人に対する違和感も全く無く育ち、
私達の先輩には、今ではシスターになっているという人も居る。

教会

まだまだ保守色の強かった学生時代に
大いに読まれていたのがヘルマンヘッセやドストエフスキーの小説だった。
カフカも大好きだった。

神父様

この頃の劇団四季でも
松橋登さんや石坂浩二さんなどが
その主人公達の役を演じていた時代でもあったなぁ。
あの頃はそんなことすらもセンセーショナルな出来事だったものだ。

エンリケ

そんな秘め事みたいな淡い泡い恋の物語にも禁断の香りがした時代。
今のように、
何もかもがあけすけで開けっぴろげな時代とは
なんとも想像のできないような恋愛劇があちらこちらで。。。

劇場

道路をすれ違うだけですら真っ赤になり
ラヴレターが贈られる。

劇場

言葉ひとつ交わすこともなく過ぎ行く片想い。
そんな時代であった。

車

そんなことをなぜかロマンチックにも
この映画を観ていて想いだした。

家

まったく異質の分野に属するであろう
この映画を観ていながら・・・なぜだろう?

町

あまりにも美しい映像。
その癖に色合いは鮮やかでカラフル。
妙にに明るい色合いが飛び交う・・
ゆえに何故か哀しくて・・
切なさを倍増してゆくような気がする作品だった。

イグナシオ

昔の世界と今の世界との
重なり合いがみごとに調和していて
思わず引きずり込まれてしまうような作品。

エンリケ

またこの映画の中でイグナシオを名乗ってあわられる青年。
ガエル・ガルシア・ベルナルの演技の素晴らしいこと。驚くこと。
なんとこの人、
あの『チェ・ゲバラ&カストロ』でゲバラを演じていた俳優さんで
ナタリーポートマンの彼氏として一時騒がれた人でもあった。
まあ・・びっくりだ!!

今ではお子さんもいらっしゃるのだというが。。
まあ。御見事だというしかない。

フアン

特に女装した時のしぐさや演技などは
もうもう目を見張るばかりの出来栄えで
決してスタイルも良いわけでもないのに
どこか妖しげで妖艶であり
目の離せないような魅力的な女性そのものかと見まごうほどだった。

イグナシオ

しかもこの人5ヶ国語だかしゃべれるんだとか。。
まあ。ほんと。役者はすごいよ!
尊敬しちゃうね!

一度観られてみてはいかがだろうか?
偏見を持たずに素直に鑑賞してもらいたい映画の一つだ。

本当に素晴らしい!お勧めです。

ガエル・ガルシア・ベルナルさん
遠藤周作さんの『沈黙』の映画化にも出られるそうな。。
やっぱりポルトガル神父の役なのかしら??

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


『アマルフィー 女神の報酬』2009年映画の感想。
『アマルフィー 女神の報酬』2009年映画の感想。


アマルフィーはイタリアのリゾート地で
世界遺産にも登録されているほどの
美しい景色の海岸都市の名前・・・
その名前そのままに美しすぎる景色の数々が
この映画の全編にも使われていて
観ているだけでも虜となってしまう。

この地方の観光旅行にでも行ってしまっているような
そんな気分にもなれる映画でもある。

また全編に流れている美しい歌声が
これまた景色以上にすばらしく耳に優しく
私を虜にしてしまった。

なんて美しい歌声なんだろうか。
思わず手をとめて聞きほれてしまう。
聞き入ってしまう。

そんな美しい映像と歌声とが
全てを整えて撮影されいる映画である。

物語は・・・というと。
あまり頭の中には入ってはこないのだが。

とにかくは歌と景色と
町並みや建造物などなどの
ロケーションのすばらしさと
歌姫ならぬサラ・ブライトマンさんの
歌の舞台にと目がいってしまって
物語の深刻さが伝わってはこないのだ。

観始めた最初の頃には
テロの話かとも思って観ていたのだったが。
藤井と言う一個人の
恨みによるものだったことがわかった途端に
余計にも
物語の主張が弱まってしまったようにも思う。

いっそのこと私のように
他の部分をみて
楽しんで堪能してみてはいかがだろうか。

しかし。この織田祐二さんという方は
時代劇はからっきし駄目な人だったが
こういった役柄はとても似合っていてカッコイイ。
キリリっとしていて厳しい目つき。
顔つきも振舞いも
外交官というよりも
隠密裏の
公安関係者かと思ってしまったくらいだった。

『踊る大捜査線』とは
また別の人格を演じきっていて
とても良かった。

景色の素晴らしさと歌声と。
眺める映像のすばらしさと。
お勧めです。

景色と歌に酔いしれる映画です。

原作は真保裕一さん。
主演は織田裕二さん
天海祐希さん 戸田恵梨香さん 佐藤浩市さんなどなど。

☆・・・・☆・・・・☆

歌姫のことを。。wikiにて調べてみると。
下の様なことが書いてあった。

☆・・・・☆・・・・☆

サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」

演出家アンドリュー・ロイド=ウェッバーのもと
『オペラ座の怪人』『キャッツ』など
数々のミュージカル・トップスターとしての活躍を経て、
エニグマの創設メンバー、
フランク・ピーターソンとの運命の出会いにより更なる才能が開花。

1997年にリリースされた
『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』は、
全世界で1500万枚以上のセールスを記録。

日本でも同名のシングル・タイトルが
CMに起用されたことにより熱い注目を集めた。

クラシックとポップスとの垣根を取り除いた
新ジャンル「クラシカル・クロスオーヴァー」を生みだし、
その女王の座についたといっても過言ではないだろう。

そしてワールド・カップ・サッカーの
ドイツ大会が開催された06年、
アンセムとして同大会をドラマティックに演出した名曲
「クエスチョン・オブ・オナー」を収録した
初の本格的ベスト・アルバム
『輝けるディーヴァ~ベスト・オブ・サラ・ブライトマン~』をリリース。

2009年、
フジテレビ開局50周年記念作品映画
『アマルフィ 女神の報酬』
(7月公開)の主題歌に
「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」、
サラ自身が映画本編への出演することも決定した。

(リッスンジャパン)

☆・・・☆・・・・☆・

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


『天使と悪魔』 ロン・ハワード監督 2009年5月
『天使と悪魔』 ロン・ハワード監督 2009年5月


パンフレット

知らず知らず、
手のひらをぎゅっと。
自分で強く握り締めて観ていた。

もう、
いてもたっても居られないといった風に、
ぎゅっと強く握り締め、
食い入るように画面を見つめた。

今回の映画は、
怖くもあり、残酷でもあり、陰惨でもあり、
眼を覆うところも多く、
ちょっと観るに耐えられない場面も多い。

かなり,
心に、きつい場面も多い。
だが、それを上回る魅力的な場面も多い。
字面ではわかりかね、
想像で描くには限界のある場面も、
実像となって見せられると、
眼から納得できるという場面も多かった。

特に教皇様亡き後の、
所蔵の指輪の処置シーン。
全ての封印シーン。
そんな場面から”コンクラーベ”と、
バチカンに展開される絢爛たる世界は 
映画ならではのもの。

至極わかりやすく、想像に足る映画だ。

撮影風景
↑監督さんと撮影風景

秘密のベールに包まれたバチカン。
そのバチカンを舞台にした物語。
それも 手に汗握るようなサスペンスだ。

原作は上中下と膨大。
それをこの短い時間で纏め上げるには、
大変だったのだろう。
本を読んでいる人には、
あんなとこも、こんなとこも。。
と、
言い足りないようなところも多いのだろうが。

私には充分にまとまっているような気がした。

気のちいさな人には。ちょっと。。
と、いう場面も多いので、
覚悟をして、観に行っていただきたい。

ユアンマクレガー
↑カメルレンゴ役のユアン・マクレガーさん

アミン・ミューラー
↑枢機卿役のアーミン・ミュラーさん

1000円デーに行こうかとも思ったのだが、
インフルエンザも心配で、普通の日に行ってきた。

なんと。私ともう一人しかお客が居なかった。

うひ。。。

少なすぎる。。だろ。。

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY