FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ダ・ヴィンチ・コード』 2006年
『ダ・ヴィンチ・コード』 2006年

この映画も、
もう、観てから三年も経つのか。
はやいものだ。

この映画を観た当時、
私もすっかりと虜となって、
ありとあらゆる本をアサってみた。
「ダ・ヴィンチ・コード」の謎と真実など
夢枕獏さんも 写真つきで語っていて、
とても面白かったし、
「オール図解 30分でわかる
 ダ・ヴィンチの暗号と謎」
などという、
まるで、参考書のような、
作りになっている本もあった。

もちろん、原作も、
あれよっという間に、読み終えた。

読み終えた後、
何故か、まだまだ
物足りない気持ちがしたものだった。

久しぶりに、
テレビで映画放映を観て、
また、あらためて考察してしまう。

それほどに、詮索好き。
推理好き。歴史好きのものには、
たまらない魅力を持つ作品だ。

また、映画の手法も素晴らしく、
スクリプトと言う鍵を、
アップルという文字列で開けるシーンや、
また、
最後のルーヴル美術館のガラスのピラミッド。

あのシーンも、とても素敵だった。

映像でしか、現実に魅せられない、
そんな幻想ともいえるイメージを、
なんて素敵に描いてくれたものだろう。

この映画を観ると、
うっかり、
その気になってしまう、
単純な私が居る。

私はすぐ、
観たものに感化され、
すっかり惑わされてしまうタイプだ。

空想癖が、わざわいして
現実と絵空事との区別が
つかなくなるタイプ。

まあ、よく言えば、
赤毛のアンであり、
騙されやすいタイプなのだろう。

そう思いつつ。
また、
かっての本たちを眺める。

何回観ても、面白い作品だ。

今公開されているという
『天使と悪魔』
これも、さぞや面白い作品なのだろう。
興味がわいた。

ダン・ブラウンの長編推理小説が原作。

主演はトム・ハンクスさん。
イアン・マッケランさん。
好きな俳優さんだなあ。。

テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY