ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


「プリンセストヨトミ」 万城目学
本

この人の作品には。
荒唐無稽なようで。
どっかこんなこともあってほしいなと期待する。
そんな気持ちの表れのある作品が多いような気がする。

若い人にも。
私ぐらいの年代のものにも愛されているのは
そんなところからくるのかもしれない。

昔話や。伝説や。逸話や。御伽噺まで。
いろんなものがごちゃまぜになって物語を形作っているのが
私にはとっても好ましいのだ。

鴨川ホルモーのときにもそう思った。

なんか。こんなふうなこと。
実際にあったら面白いだろうなって。

私たちには何も見えていないことが。
その当事者たちにはしっかりと見えていて伝承しているなんて
ちょっと素敵なことじゃあありませんか?

そんな風に思いつつ。
私はこの人の作品をいつも読む。

鹿男にしても。
今度から奈良に行ったときには
そんなことを想像しつつ散策してみたら
どんなにか楽しいだろうな。。とか。。ね。

まあ。しゃべる鹿さんとまでは。いかなくてもね。(笑)

まあ。白昼夢の好きな妄想人にはたまらない魅力的な作品が多い。

そのくせ。今回の作品はまたちょっと違う。

ちょっとづつ。ちょっとづつ。
昼間の散歩の時間が長すぎて。
ほんのちょっとづつ毎日読んでいたので
やっとやっと。
最後に一気に読み終わったぞぉ~!と言う気持ちである。

映画とはまた異なった人物配置で・・というか。
映画のほうが、
映画として見やすいようにと変更してあったのだが。
どうしても先に映画の方を見てしまっていたので
映画の方のイメージが強く頭にインプットされていて
本を読んでいても
そのイメージの配役そのままで読み描いてしまっていた。

綾瀬はるかさんや。堤真一さん。
中井貴一さんや。笹野さん。
みんな好きな俳優さんばかりだったしなあ。

本にはほんの良さがあり。
当たり前だが・・
映画には映画の良さがああり。
どちらも相手を損なうことなく
どちらも好きな作品となりました。

今回の作品は。
男の方の賛同も多いのではないだろうか。

男の方は。
父親となっていたならば息子に。
読ませてみたくなるような作品なのではないだろうか。

そして。
父親のことをも。想ってみたくなる作品なのではないだろうか。

スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学


『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐 の感想
『ミッキーマウスの憂鬱』 松岡圭祐 の感想


嘘かまことかとの
真偽のほどはともかくとして
私は常々から
見てみたい知ってみたいと思い続けていた
ディズニーランドの
裏側の様子や仕事ぶりが
ちょっとばかりでも
垣間見えるような作品だった。

もう一度生まれ変われるものならば
20代位の若きぴっちぴちの女性になって
ディズニーランドで働いてみたいなと
いつも夢見ていたりする私。

実際に働いた人が
身近に居ないこともあってか
ぜひぜひ 
本当の話を聞いてみたいものだと想うのだが
なかなかその実態を語りつくされてはいない。

幾冊かのオリエンタルランド関係の本やら
TDLに働いて自分は良かったみたいな
本は読んだことはあるのだが
もっと別の本音の部分を赤裸々に
知ってみたいな。。
。。。なんて欲望もあるわけで。

そのまた、もう一方では 
夢は決して
壊しては、ほしくはないな。。
などとも思いつつ
その裏腹な好奇心も むくむくと
もたげてくる心は止めようもなく。

まあ実際に
自分が行って
働いてくればいいわけなんだろうけどね (笑)

本当に、この歳をしても
たとえ一ヶ月でもいいから、
実際に働いてみたいものだ。
なんていう好奇心を
充分に満足させてくれた作品だった。

ああ。。私もあとウン十年も若かったのなら・・
ぜひぜひTDLで働いてみたかったのになあ。。。

なんてね。
くくく。。


テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌


『ホルモー六景』 万城目学
『ホルモー六景』 万城目学


鴨川ホルモーの続きが見られるとばかりに
即、本屋に走り購入してしまったが。
ちょっと前作とは
毛色がちがって来ているというか
明らかに
文章の書き方までもが違ってきている作品。

なにかしらの古文調じみた書き出しで
名前の設定なども
殆ど古文からの引用でつけられており
ちょっと毛色の違った文章で
まとめられている短編1章から始まる。

前作のように
説得力のある力強い文章とは違って
話の内容も、
続き物を期待している読者には
ちょっと物足りない
尻切れトンボ的な作品が続く。

少々どれもこれもが中途半端で
ぱらぱらっと書いちゃったぁ~
みたいな。
前作とは力の入れようが
明らかにちがっているような本となっている。

せっかくの関連のある人たちも
登場人物として使われているのだから
もうすこし構成もしっかりと
なにが言いたいかもしっかりと
まとめてほしかったかな。。
と想うような作品。

うーーむ。
これで1300円は高い。。
古本で買うなら。。
まあまあアリかな。。

どれもこれもがぱっとせず
どれもこれもが いまいち。

読んだ後には何も残らない。
そんな作品でした。

鴨川ホルモーの続きを期待して
買われる方は要注意。

別の恋愛話のみの羅列です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学


『鴨川ホルモー』の 読んだ感想 万城目学原作
『鴨川ホルモー』の 読んだ感想 万城目学原作


なるほど原作は
これまた面白い!
文庫を今回買い求めたのだが、
前に見て違和感を覚えたものとは違う
とても可愛らしい三人の男女絵で、
真ん中に中国服を着ているのかと
思ったのは、
なんと織田信長スタイルになった
高村の姿だということらしい (笑)

なるほどねええ。。
映画を観てからの
原作本読破となったのだが、
本は本で さすがにとても面白い。
若さをも感じる作者の
そこかしこに
若い彼だからこそ 
書き得た描写の数々がとても面白い。

落ち武者のような月代を剃った
ザンバラ髪の頭を
プレでターのような頭とは、
なかなかの言い回しだし。
私たちの年代では
とても思いつかないような表現力の数々だ。

すばらしい!の一言。

いわし雲になって
そのまま飛んでいってしまいたいとは
その場にいたたまれないような心を
うまく表しているなぁ・・と、
その表現のうまさに 惚れこむ所多しである。

そして なによりにもまして
文章に活気があり
力がみなぎっているような
自信もたっぷりと感じられる。

読んでいるこちら側にも
その力強さが伝わってくるような気がする。

陰気な気分にならないし、
落ち込まない。
いいね!
元気になれる本で お勧めです。

☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆ーーー☆

鬼の語源を知ってる?
”鬼”は”隠”が訛ったもので、
隠れて姿を現さないものという意味から
来ているんだって、
ちなみに、
昔は”神”という字も、
オニと読むことがあったらしい。

要は、昔は、
神様も鬼も、
眼には見えない何か特別なものとして、
一緒に考えられていたってことだね。
だから、
ホルモーだって、
普段は見えない何かを使ってするものなのかな・・
なんてね。
ふと考えたりもしてみた。。。

↑本の一部より。。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学


 『京伝怪異帖』 高橋克彦 を読んだ感想
 『京伝怪異帖』 高橋克彦 を読んだ感想


すこうし、
出だしはとろとろとしていて、
ちょっと いらっとするが、
読み進んでいくうちに、
江戸の時代を探索して歩いているような
気持ちになってくる作品だ。

やっぱり、なんというか。
この人の本は、
時代浮世絵作品が一番面白いようだ。

今回の本の内容は、
浮世絵絵描きのほうではなくて、
戯作者山東京伝と、
エレキテルで有名な平賀源内先生との
遊び心をを交えたお話で
江戸の庶民の心意気と、
生活のこまごまとした様子も描かれている。

そして、何よりも興味深いのは、
老中田沼意次が、失脚しつつあり、
その後を松平定信が台頭してきつつある時代、
まさに時の聖児が動きつつある時代をも、
背景にして描かれているところにある。

奇奇怪怪の事件をも謎解きながらも、
読んでいるこちら側にも、
そのせっぱつまった世情が、
手に取るように見えてくるところも
とても面白い内容となっている。

情緒豊かで、趣深い。

没頭して読むという 
かーっとする・・
熱情はわかない作品なのだが、
ぼちぼちと読むには面白い短編形式となっている。


テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学



Design&Material By MOMO'S FACTORY