偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

02<<  2017.03 >>03
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『殿、利息でござる!』の DVDを観ましたよぉ~。
映画
『殿、利息でござる!』のDVDを観た。

映画館に行ってみようと思いつつ。。
なんだかんだ。。
もそもそしていて見逃した作品だった。(o^^o)

ファン
実物の演技を見に行こうかと思った位の

作品
大ファンの羽生 結弦さんが・・

酒
殿さま役で出演されていることでも

殿
話題になった作品だ。

ふふふ
ふふふ。。

見送る
この時に、見送っている人たちが
なかなかの芸達者な俳優さんばかり・・・・

なかなか
お話は・・
こちらのお坊さんが実際に記していた

こちら
こちらを題材に描かれた映画。

使役
使役の苦しさにあえぐ

吉岡
吉岡村のお話。

それをなんとかしようと・・
一人が立ち上がり・・・
二人となり・・・・

穀田屋十三郎(阿部サダヲ)/造り酒屋  
思い込んだら試練の道を行く男

菅原屋篤平治(瑛太) /茶師
(自称)吉岡宿イチの知恵者

浅野屋甚内(妻夫木聡) /造り酒屋、質屋 
“ケチでしみったれな”金貸し。重三郎とは兄弟

とき(竹内結子)/煮売り屋          
皆に愛される飯屋のおかみ(未亡人)

遠藤幾右衛門(寺脇康文) /肝煎
年老いて生まれたわが子を愛するイクメン。
頼りがいのある男 

穀田屋十兵衛
(きたろう) /味噌屋
十三郎の叔父。
ちょっぴり思い込みが激しいがやさしい男 

千坂仲内(千葉雄大)/大肝煎
武士の身分に憧れる純真な百姓。
若いのに町を取りまとめる

早坂屋新四郎(橋本一郎)/雑穀屋
極端に優柔不断。最大の関心事は温泉堀り

穀田屋善八(中本賢) /小間物屋
おときを狙うハンター❤見栄っ張りなところもある

遠藤寿内(西村雅彦) /両替屋
噂好きで、ええかっこしいで、疑り深い男 

萱場杢(松田龍平)/出入司
冷酷無比な藩の役人 。切れ者

きよ(草笛光子)
十三郎、甚内の母

先代・浅野屋甚内十三郎(山﨑努 )
重三郎、甚内の父

千両
これらの顔ぶれが集まって・・・
数十年をかけてこつこつと・・
昔から貯めていた人やら・・
家財をすっかりと売り払ってまで用意するひとやらと・・
みな、必死で、
千両を集めたのだったが。

ここにまた
ここにまた・・・
なかなかの
抜け目のない役人が居て。。
頭を抱えることになるのですが・・・

こちら
こちらでの・・

場面が
場面がなかなかに・・・
泣かせるのだ。。

ちいさな
幼いときに・・・

ちち
聞くともなく聞いていた
父親の教えを述べるのだが・・・
なかなか胸に迫るのだ。

ここで書いてしまうと。
観た時の感激が薄れてしまうので。。
ぜひ、観てみてくださいな。
お勧めです。

松代
ロケも。
真田家のある 

真田
松代藩の真田屋敷を使われていたりして・・

なかなか
なかなかの見ごたえがありますよぉ===

なつには
夏にはこちらにも
私は、寄りたかったのですが・・・
とても残念でしたわ。。。

ぷりん
訪問コメントには伺ってなくてごめんなさい。
いまだに・・
想い出ばかりにふけってしまっております。

コメント公開はしておりませんが・・
いつも楽しく読ませていただいております。
心弾むお言葉をありがとうございます。
明るい気持ちになれて とっても嬉しいです〜♥
よかったらURLなども 
書いてくださるとありがたいです。



スポンサーサイト

『超高速!参勤交代 リターンズ』に行ってみた!
『超高速!参勤交代 リターンズ』

雨が続いたので。。
『超高速!参勤交代 リターンズ』を 二回も観に行ってしまったわ。。。(笑)

おもしろい

今回も面白い面白い!
機体を全く裏切りません!

笑い
ほんわりとした笑いにつつまれて
ふわっとした 気持ちにしてくれる映画! 

お勧めです!

菊池よ
この菊千代ちゃんという 
お猿さんがとっても可愛いの〜♥

今回は全編、一緒に旅を続けます〜♥
芸達者な子だなぁ〜♥

ぜひ
ぜひぜひ・・・
『超高速!参勤交代』と一緒に観られた方が、
面白さは倍増すること受けあい!

ぜひどうぞ!

本
こちら、原作の、本もあって、
これがまた 2冊とも面白い!面白い!

ついつい読み出すと止まらない、止まらない、(笑)
台風の夜には最高かも!

『東慶寺花だより』
こちらの本もついでに さくっと読んでみた。

うーむ。。
映画の方とは
かなり違うが・・・楽しめた作品。

なんでも本から 入ってしまう私。。

スマホ

スマホにしても。
先ずは本。。本。。(o^^o)

画面で説明を見るよりも。
一冊の本になっているほうが好き!

だから映画なども。
ついつい原作を読んでしまったりしていて・・・
見た映画の余韻が長引くわ。。。(o^^o)

今度はじめたポケモンGOにしても。。

どれどれっと。
先ずは どんなものかと。
昔のぽけもん図鑑などを購入して読んでみた。。

攻略本?? 紹介本?も、
先ほど出たばかりの本を、
4冊ほど。
ざくっと。
出るたびに購入して読んでみた。。あははは。

まだ読んではいないが・・
ラインの本も、Gmailの本まで購入。
やってはいないが フェイスブックの本まで買ってみた。

なるほどねええ。。。
片っ端から読んではみたが・・
実地の方が、
なかなか追いついておりませんわねぇ。。。あははは。

っと。ちょっと空笑い。。。

ぽけ
一昨日発売された
ポケモンGO plusも さっそく飛びついて
横浜のみなとみらいまで行って
朝一で買いに行こうかなどと迷いつつ・・・
並び続ける自信がないので やめた。。(笑)

朝一で
オフィシャルサイトへアクセスしたら。。。
もう、パンクしていて繋がらない。。
へぇ・・・って。

ならぶ
なんと、
前日からの並んでいた人たちもけっこう居たらしくて
朝の8時の整理券の段階で完売だったそうだ。

直接行かなくてよかったのかもなぁ~~(笑)。

ためしにアマゾンに行ってみたら。。
やっぱり情報がなかったのだけれど・・
不思議な商品が???

むむ。。。

これ
これは?
壁紙だけなのかしら??っと。
思いつつも。
評価コメントを読んでみると・・・

皆さん同じ悩みをすごい数の人が書き込んでいる。。

そうだよねえええ。。

まあ。これだけ仲間が居ればいいか。。っと。
決心して購入。

8時前には完売していた。。

ラッキー!!!

っと。思っていたら。。

なんとまああ。
早いこと、
今朝、朝一で届いたわ。。。

じゃあ。じゃああ。
前日から並んだ人には 申し訳ないような。。。

と、この商品にも後日談があるのだけれど。。ね。
それはまた。今度!

ロコン
ゲームのロコンが・・・
私にはチワワに見えてしまうわ。。。あははは!

まだまだもう少し、時間をくださいな。。
訪問コメントには伺ってなくてごめんなさい。
秋はもの想いについつい ふけってしまいます。。。

涼しくなってきたので
やっと体調も。。
ぼちぼちと訪問コメントさせていただきます。

コメント公開はしておりませんが・・
いつも楽しく読ませていただいております。
心弾むお言葉をありがとうございます。
よかったらURLなども 書いてくださるとありがたいです。


猫侍 映画とテレビ
猫侍

猫侍を借りてみた!(=^・^=)

まめしば

以前東京の友人が幼獣マメ柴を貸してくれていて 
これがなかなかのほのぼの系でいっぺんにはまってしまったのだが・・

その流れで・・・・今度は猫侍とな!

主人公

主人公は北村一輝さん演じる・・・斑目久太郎 (まだらめ きゅうたろう)

元・加賀藩剣術指南役で無双一刀流の免許持ち。
かつて「まだら鬼」と称される凄腕の剣客

玉之丞

いや・・本当の主人公は こちらかな?

↑猫の玉之丞

ねこ

これがまあ・・・
おっとりとした可愛い白猫ちゃんなのよねええ。。(=^・^=)

ういんく

これがウソかホントか・・・映画の中ではウインクするんだよねええ。。ホントかいな?(=^・^=)

ふたりの

この二人のふれあいの朴訥さが気に入った作品だ。

うでたて

何事にも生真面目な主人公。。。(=^・^=)

心の

心の声と・・・シメの一句が面白い!

一句

一句

お勧めです!

ドラマも借りて見てくださいなああ。

1から4までDVDが出ていて 
もっとじっくりと・・・・ほんわか哀しい 情愛がにじみ出ていて面白い!

お勧めです。(=^・^=)

ドラマ

 ニューヨークのジャパン・ソサエティーで7月10日~20日、
北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS」が開催された。

今年で8回目を迎える同イベントでは昨年日本でヒットした27本が上映されたのだが・
その中にはこの猫侍も上映されたそうだ。


「ドラマスペシャル 忠臣蔵 ~その男、大石内蔵助」 感想
「ドラマスペシャル 忠臣蔵 ~その男、大石内蔵助」感想


なんともかんとも。。

昔の時代劇を見ながら育った人には
物足りない思いの残る作品となっていたかと。

この頃の時代劇は
なにもかもがコンパクトに纏め上げてあり
時間も短縮されているることが多く
全てにおいて優先されているとは思うのだが。

何も時代劇にいたるまで
それに倣うことは無いのではないだろうか。

あまりにもハショッてしまって
話の筋立ても情緒もへったくれも無い。

昔から
飽きるほど忠臣蔵を見て育っている
私たち年代ならいざ知らず。
果たしてこれで
若き人たちには
その計り知れない心情を
慮り納得できたものだろうか。

もともとの基本の物語は
NHKの「赤穂浪士」の頃から培われたお話が
下地になっているとはいえ。

まあ・・分刻みで
名場面が盛り沢山に盛り込まれていたことよ。(笑)

俳優さんたちは
それぞれが
素晴らしい名優の域に達してらっしゃる豪華メンバー。
素晴らしい人たちが数多く並ぶ中。

岩下志麻さんのりく。
北大路欣也さんの立花左近。
このお二人の重みがずしんと響く。

ただただ、先にも述べたように。
あまりにも軽く。
ピッポッパッの短縮番号のように。
物語は完結していった。

なんだかなぁ~~。

それにつけても・・
この頃の年末年始の時代劇の軽いこと。軽いこと。
なんなんだろうねぇ。。

バブル期のように
1ッ週間ぶっ続けで
続き物をやれとまでは言わないが。
あの位の気迫のある作品が見てみたいものである。

田村正和さんにしたって。
かっては年末長期時代劇で
勝海舟を演じられて体調を崩し
弟の亮さんが代役を演じたなんてこともあったなあ。

そんな時代も懐かしいなあ。

まあ。あそこまで豪華にとは行かないまでも
せめて2日間くらいは続くものを観てみたいものだ。

忠臣蔵

余談ながら・・

おのおのがた・・・
っと言う台詞。。

思わず長谷川一夫さんを想いうかべたのは・・
私ぐらいなものだろうか。。(笑)

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


『十三人の刺客』三池崇史監督 の 感想
『十三人の刺客』三池崇史監督 の 感想

13人の刺客

テレビでの舞台挨拶やベネチア映画祭などの
役所広司さんを含めての前宣伝がとても良かったので
うんと楽しみにしていて
映画のサービスの日でもないのに
丸々1800円も払って観に行ってみたら・・・

うへ・・・

入って失敗したかな。。
・・・・っと思ったのが正直な気持ちだった。

うへ・・・
やめれば良かったかな。。

雨の中・・無理をしてやってきたのに。
わんこまで預けてきたのになあ。。

こりゃあ無いよ・・・っというのも正直な気持ち。
参ったなあ。。。。

なんというか、冒頭ののっけからの
まあ・・なんともリアルな音入りの切腹シーン。
げふ。。。

そして、これまた冒頭の残虐非道な
西大后も真っ青のような
両手両足を斬られ舌を抜かれた女性の姿。
げふ。。
よだれまで垂らしている。。

どれもこれもがリアル過ぎ。。。

そうだ。忘れていたわ。。
三池崇史監督さんの作品だということを。
この頃は穏やかであたたかな作品も撮られているが。
この人の作品ならではこその
『IZO』や『殺し屋1』を
思い出させるような作品となっている。

この頃は忍たま乱太郎を撮るくらいだから・・・
なんて思ったのが甘かったわ。

三池崇史監督健在なりだな。。。

かといっても
魅力有る映像描写も健在である。
美しすぎる景色との対比も見事である。
美しすぎるがゆえに・・・
これを外国の人はどう思って眺めたのだろう。
かなりショッキングな映像ではなかったのか?

周りを見渡せば・・
男性客ばかりなり・・
男性客の日だったのか。
女は一人だけだった。

それとも女性客が観るような映画では
なかったのか。。

げふ。。

まあ、目を背けたくなるような場面も多く。
バッサバッサと人を斬りまくる。
200人だというがそれ以上いる感じで
さすがの戦いぶりで
なるほどと唸るような戦術である。

まあ、これで生きて帰れるわけも無く。。
松方弘樹さんや伊原剛志さんの殺陣が
見惚れるように美しい・・・
さすがである。

そして目を惹いた俳優さんは多く。
木曽の山猿を演じた 伊勢谷友介さん。
この人もあれまあ・・・うそぉ~~
というどんでん返しがあるものの
目が離せないほど魅力的だった。

怖すぎる城主松平左兵衛督斉韶を演じた稲垣吾郎さん。
なんともはまり役でクールなまでの表情で人を殺してゆきながら
ひと節・・真理をついた言葉をつぶやいてゆく。
この人は屈折しているけれど。
内面はあらゆる事を考え憂えていたのかもしれないと。
思い遣ってしまうほどの演技であった。

鬼頭半兵衛(明石藩御用人千石)を演じた市村正親さん。
この人の風格はさすがである。
けれど最後の死闘では。足の運びがダンスのよう。。
あれれ・・・

土井大炊頭利位(江戸幕府・老中)に平幹二朗さん。
牧野靭負(尾張家木曽上松陣屋詰)に松本幸四郎さん。
三州屋徳兵衛(落合宿庄屋)に岸部一徳さん。
さすがのさすがである。

ただ。。最後に監督さんの言いたかったことって。
侍よりもなによりも。
庶民の強さだったのかもしれないな。。

なんてね。。

普段なら映画のパンフレットを買って帰る私なのだが。
今回はやめときました。。とさ。。(笑)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY