ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画 『ボブという名の猫、幸せのハイタッチ』 を見てきて~~
『ボブという名の猫、幸せのハイタッチ』

とっても、とっても、
優しい映画の作り方になっている。

ボブ

面白いのは
全編ネコ目線からの
映像でで描かれていること。

ボブ

そりゃそうだよねえええ。

ボブ

だって、
『ボブという名の猫、幸せのハイタッチ』
の、映画の・・っというか。
原作になっている
実話のネコちゃんが主人公を演じているんだものねぇ~~

ボブ

まぁ。。可愛いこと。
ぷっくりと
風格まであるように見えるわ。。

どしり

目の輝きというか・・
落ち着き払った眼光というか。。
思慮深そうな。。(*´艸`*)

どっしり

どっしりとした
酸いも甘いもかみ分けたような
お顔をしているわ。。あははは。

あれ

ん?
あれれ・・
このネコちゃんって
野良猫だけれども、
アメショーの黄色じゃない??

yoko

いつも、
前向きの写真ばかりを見ていて
横向きに、
ゆっくりと歩いて行くところをみたことがなかったわ。。

ひょっとして・・
模様は薄いけれど・・
黄色のアメショーじゃないこと?

ねこ

ネコには全く、
詳しくはないのだけれどさ。。。

じつは

実はこれ、
ぷりんが亡くなってすぐに、
ネコちゃんでも、、飼おうかしらと、
友達と何回か見に行ったことがあったのよねえ。。

わんちゃんより、
ネコちゃんの方が、
飼うのは
シニアには楽らしいよっと、助言もしてくれた方も居て、
真剣にその気になっておりました。

もうもう、
この黄色のアメショーの子猫が居て。
店員さんにも
色々お聞きして。
もうもう、買っちゃおうか。。
買って、その日に帰っちゃおうかと、思っていたんですよ。

笑っちゃうでしょう???(*´艸`*)

保険のことや・・
あれやこれや・・・
で、
とにもかくにも、もう一度。。

っと。
すぐ傍の大きなガラスケースの中に。。

どどーーーんんっと寝転んでいる物体が!!!

まあああ。。
デカいこと、でっかいこと。。。(´・ω・`)ウヒョぉ~!

ん・・ん? ん??

柄が。。柄が同じだわ。。
え??
色も同じだわ。。。って。

まじまじと見て見たら。。

そのでっかいベッドからはみ出たお姿が。。
私が買おうとしていた
アメショーの親じゃないけれど
同じタイプの子だったの。

それがまた、特別大きくて。
びっくり。。。。
デカすぎるのよ。
日本ネコなんかの比で無く、でっかい!!

ぷりんが小さくて、
1,8キロから2キロをうろうろしていた子だったので、
大型や、コッカスパニエルや、プードルたちを飼っていた頃には
自分も、まだまだ若くって
元気溌剌だったのっで、
なんとも感じなかったのだけれど。。

最後は小さな老犬だったことに慣れていて。。
これからの長い、ネコ人生を想像してしまったのよねええ。。

こりゃ、無理だわ、、、
何キロ??
なんだか、冗談のようだけれど。
6キロだか、9キロだか。。
もう、。。
私の方が固まった。

そういえば・・
うちのお隣さんには
めんくいん??
種類の名前は忘れてしまったが、、
当時、9キロあるとおっしゃっていて
若い奥さんが抱っこすると、
床につくくらい大きいの。

尻尾も長く、毛も長く、
とても重くて、腰に来るんだって
ふうふう言っていたことを想い出した。

めいんくーーん?? めんくーーん? 忘れたなあ。。。
なんだっけ??
とにかく、長くてすごい大きいの!

それが、頭にぱっと、浮かんで。
申し訳ない。買うのを停止してしまったわ。
店員さんには悪かったのだけれどねぇ。。

スコティッシュフォールドも、いいなあっとか
それまでは
色んなネコちゃんを
見に行っていたんだけれどねえ。

育った現実の大きさを見て。
パキっと。
頭の中のストップが、警鐘に変わった瞬間だったわねえ。。

もともと、
わんこは3歳から
複数頭が何匹も、
居た家だったけれど。
ネコは一度も、
居なかった家だったのよねぇ。。

なんてことを
つらつらと、想い出してしまったわ。。(*´艸`*)

はい

と、まあ・・
余談が長くなってしまったけれど。

ハイタッチ

ネコちゃんの方からの
体験型お話になっていて 面白かった。

だらっとしてしまいそうな実話の部分も、
細かなカット割りのようになっていて
飽きさせない工夫がされていて、

本人

また、
ご本人も、
本のファンの役柄で、
ちょい出演されている。

ぼぶ

こちらの映画のメイキング映像を見たのだけれど。
すぐ傍でご本人が
隠れて指示をしていて面白い。

ボブ

一心同体なんだねええ。。
でも、
このネコちゃん、今はもう11歳位らしいので
何かあったら。。
この、飼い主さん。大丈夫かしら?

ボブ

以前見た、テレビでも
ボブが居ないと、
生きていけないなんて、おっしゃっていたけれどねええ。

ちょっぴり心配だわ。。

本

映画館も満杯で、
意外にも人が多くてびっくり。
マロンママと、
こんなに多いとは思わなかったねぇ~~なんて、
思わず、二人でつぶやいてしまいましたわ。。(*´艸`*)

俳優
演じている俳優さんも
とっても素敵な方~~~
うっかりと、
俳優さんを載せるのを忘れてしまうところだったわ。。あははは。

お写真は全て
映画やらテレビのを
お借りしました。

bobu

そうそう・・・
もう一つ余談を・・・
こちらの原作本売り切れてしまっていて。
amazonのKindle版しか
手に入らないんだよねええ。
後続版の方はまだ売っていましたよーーー



スポンサーサイト

『きな子~見習い警察犬の物語~』 2010年 
『きな子~見習い警察犬の物語~』2010年 映画感想

きなこ

正直言って
物語としてはまったくもって
面白味にかけている映画だったのだが。
まずは映画の冒頭シーンで
きな子役のラブラドールレトリバーの子犬の頃の
よたよたっとしたあどけない表情に心をわしづかみにされた。

子犬の姿が映っているというだけで
私のテンションは上がりまくり
自然と顔がほころんできてしまって
笑みがたっぷりと浮かび上がってきてしまうような作品。

だいたいがもともとは犬好きな私のこと。
犬達の写真を見るだけで
この世は極楽と思えるような私のこと。

きな子役のラブラドールの
けな気な危なっかしい演技を見ているだけで
もうもうこの世は十分だと思えるほどに愛しい。

思わず。最高だワン!
っと。口にしてしまいそうな気分になる。

映画自体の出来がどうだろうとか。
物語の筋が曖昧で薄いだとか。
そんなことはどうでも良くなってくる。
ただ。。
やっぱりもうちょっとは
しっかりとした内容構成が欲しかったりもするのだが。。

それだけがとても残念に思えてしまう映画だった。

きな子ちゃん

ただもともとがこのきな子ちゃんが実話で。
テレビで取り上げられていたこともあり。
前々からのファンもついており
誰しもが心の底からの応援態勢に入ってしまっていて
お話もへったくれもなく
ただただきなこちゃん可愛さで
きな子ちゃんに似た子が動いているというだけで
もう十二分に満足しきってしまっている。

エンドロールに並べられている写真の数々が
映画そのものよりも数倍も
最高の犬の表情が撮られている。
あの愛らしさは自然であり。
わんこそのものの魅力が溢れている。

きな子ちゃん

普段から
犬たちの表情のひとつひとつ。
目の動き、耳の動き。
そんなものを見ているだけで
幸せ感と満足感の得られる私には。

ただただ犬たちを目で追って
ああ。。可愛いなあ・・っと思えた作品。
ただただ犬たちさえいれば
何も言うことなし。

ただ映画の中で一箇所。
雨の中を必死に走るきな子のシーンには
目頭が熱くなってきた。
感動してくれとばかりに。
ここぞと打ち出してきているシーンなのだが。
わかっちゃいるけど。。
その術中にどっぷりとはまる。
見ている自分の顔が緩むのが自覚できるシーンだった。

ああ・・わんこ可愛や。
可愛やわんこ!

きな子ちゃん

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY