偲ぶ想いと・・・新たなる出発と想い出を。

03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『殺人予告』土曜ワイド劇場特別企画。
『殺人予告』土曜ワイド劇場特別企画。


原作は安藤能明さん(朝日文庫刊)

出演者。
岩田修一郎に椎名桔平さん。
奥寺理事官に伊武雅刀さん。
相羽克彦に眞島秀和さん。
唐木英二に松重 豊さん。
三宅富夫に金田明夫さん。
深沢善治に斉藤 暁さん。
立花玲子にあめくみちこさん。
島岡 浩に正名僕蔵さん。
久米教授に勝部演之さん。
高津秀美に山下容莉枝さん。

出演されている俳優さんの面々が
素晴らしかったせいなのか
ドラマとしては見ごたえがあり
私としては楽しませてもらった作品。

やっぱり椎名桔平さんがとても良いわ。。
心情表現のうまい俳優さんで。
私なんぞは『化粧師』からファンになったもんだった。

そしていかにもいかにも。。の。
憎ったらしいげな松重豊さんの顔。。
久しぶりに見たわ。

この頃。良い人。面白い人。
人情溢れる役柄しかお目にかからなくなってしまった。
こういった昔ながらの憎憎しい役柄も
たまにはいいね!
懐かしく拝見させてもらった。

脇を固めている俳優さんたちが
これまた珠玉の方たちが集合していて
特に椎名桔平さん演じるところの
東邦新聞社会部特命班キャップ
その部下として集まっているメンバーに。
斉藤暁さん、あめくみちこさん、正名僕蔵さん!
と。
個性豊かな部下たちの力量が冴えている。

いつもだと気持ちの悪い悪役なんぞばかりを演じている
正名僕蔵さんも違った面が見られていてとても面白い。

相棒で言うところの特命も。
ここでは掃き溜めのような町ネタ集めの場所。
こんな風な推理一辺倒ではない物語も。
かえって良いかもと思わせた作品。

これシリーズ化してくれないかしら・・ね。
ちょっと期待してしまう。

スポンサーサイト

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ


松本清張スペシャル『球形の荒野』
松本清張スペシャル『球形の荒野』2夜連続ドラマ感想


少し暗めの重いドラマの内容ではあったが。
私くらいの年齢だと。
この内容もまた違った意味を持って
解釈されうるだろう作品。

私も前にも少し書いたことがあるのだが。
養父が満州に陸軍中尉として赴き
終戦となりシベリアに長いこと抑留されており
養母が先に
引揚げ船に乗って帰ってきていたことでもあり
国から死亡通知なども受け取っていて
死んだものだと信じて
他の方と再婚してしまっていたそうだ。

養母も引揚げてくる間には
頭も丸坊主に剃り、
男の格好をして
命からがら帰ってきたそうで。
その船の上で
生まれたばかりの赤ん坊を亡くしていた。

それが姉の陽子にあたる。

そこへの養父の帰国である。
お墓もりっぱにできていたそうだ。

さぞやドラマが展開されたものであろう。
二人からは
その時のことは語られることは無かった。

養母が死ぬまで大切にしていた手紙の中に
風間なにがし・・・という方からの手紙だけ
大切に保存されていた。
きっとその方からの手紙であったのだろうと
推測される。

そんな想いをもはこぶドラマでもあった。

今現在とは違い
家族よりも自分の身よりも
お国のため、国民のためになるならば・・
この身を犠牲にしても・・・
という考え方が先行していた時代。

国を憂えて行動した彼の姿が。
私にはなんとも言い難い。

英雄的行為でもあったものか。
それとも。。
その心情を慮るのみである。

ただ、このドラマを見ていて
とてもうれしかったのは
この時代背景の映像である。

東京オリンピックの映像が懐かしく。
会話の一つ一つにも思い当たることが多い。

円谷選手やアベベの名前が出てくると
心の中で拍手と。
その活躍の情景。
感動のゴールの場面が目に浮かんだ。

真っ赤と真っ白のユニホームの行進。
聖火台での点灯。
聖火ランナーの走るのを
皆で観にいったことも思い出した。

そして新幹線や東名高速道路。
服装にTV画面の懐かしさ。
野上家族の食事する風景を見ていて
その昔
中島屋グランドホテル本館旧舘を思い出した。
こんな風にコース料理を食べたものだった。

見るものの年齢によっては
さまざまな
とても懐かしく同調を呼ぶ場面が多い
そんなドラマでした。

田村正和さんも もう67歳とか。
我が家で生まれたわん子達を
もらってくださった2家族さん。

東京成城でずっと大学まで同級生だったとか。
お二人のお話を聞くと
もう中学の頃から女の子たちに人気があり
騒がれていたそうです。

これからもがんばってくださいね。
応援しております。

テーマ:特撮 - ジャンル:テレビ・ラジオ


フジテレビ開局50周年企画『わが家の歴史』第二夜感想
フジテレビ開局50周年企画『わが家の歴史』第二夜感想


丁度このナレーションをしている息子八女実と
私は同じ年代を生きてきたことになるようで
映っている時代の動きはそのまんま
私の成長してきた時代の流れとも
同じことになるようだ。

だからこそ
ここに出てくる有名人や著名人たちなど
私が知っている人たちが多く登場してくる。
私達が眺めて育った人たちである。

三谷幸喜さんとしては
何が言いたかったものなのか。
賑々しくも
昭和という時代を
象徴してみたかったものだろうか。
昭和の息吹を
想いだしてみたかったものだろうか。

昭和の懐かしい時代の様子が
てんこ盛りではあるのだが。
話の筋としてはいまいちである。

出てくる寺島進さんも
外国かぶれの
カーボーイもどきの格好で現れ
らしくない英語がぽんぽんと。。。(笑)

「あめ~りかに行こうぜ!」(爆)

ジョニー。。。さん。ねええ。
本名は柊修二といって架空の人物となるらしい。

ちょっと残念。
過去の有名人の誰かになってみて欲しかった。
あれこれ想像して待っていたのだが。
背が足りないけど・・
宍戸錠さんとかの役者役なんかも
同じカーボーイ姿だったのなら
よかったのになああ。。
小林明さんの渡り鳥でもよかったかも。(笑)

ジョニー・・・というと。
アイ・ジョージさんの
「ガラスのジョニー」という歌を
思い出した。

ジョニー・・・ねえ。。(笑)

どこか怪しいその人は
西部劇の登場人物よろしく
テンガロンハットを前後逆にかぶっていて
姿格好はカーボーイもどきである。
どこかおかしいその人は
西部劇よろしく銀行強盗をして
なんとも翌日にあっけなく捕まってしまう。

微妙に。他の人とはまた違った
一線を画したはまり役だった。(笑)
ちょっぴり。。笑ってしまった。

お似合いではある。

しかし丸山明宏さん役のウエンツ瑛士さん。
なんだか笑ってしまった。。(笑)
でも似合っていたような。。(笑)
銀巴里・・実は行ったことがあるのよねええ。。
その昔。
10歳年上の従姉妹がはまっていて
高校一年生の時に連れていってもらったのだ。
金子由香利さんとと丸山明宏さんが居たような。
シャンソンに触れた最初の頃だった。

その頃 
アダモが歌った”雪が降る”という
シャンソンが流行っていて
同級生たちも私もレコードを数枚持っていた時代だ。

”インシャラー”
「神の思し召しのままに」
と言う言葉も印象に残っている。
あとは”ブルージーン”か。

イブ・モンタンなんかも流行ったな。
”枯葉よぉ~♪”は誰だったか。。
もう。忘れたなああ。。(笑)

しかしなぜにあれほどに
中学生や高校生に至るまで
シャンソンが大流行したのだろうか。
今想うと。不思議である。

日本人のシャンソン歌手
芦野宏さんの
”フルーツサラダの歌”なんかも
頭にこびりつくほど聞いた覚えが。。(笑)

なんかが宣伝で流れていたせいなのかなあ。

そして銀巴里の近くに
どこだったか
銀座ACB(ぎんざアシベ)があって
やっぱり従姉妹に連れられて
スパイダースやらヴィレッジ・シンガースやらを
観に行った記憶がある。(笑)

今想うととても懐かしい想い出だ。


テーマ:2010年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


松本清張生誕100年記念 スペシャルドラマ『火と汐』
松本清張生誕100年記念 スペシャルドラマ
『火と汐』 2009年12月21日

ますます似てきたなあ。。
半開きのような
トッポジージョ風の目つきとか。
くちごもって尖らせてしゃべる
しゃべり方とか口元とか。
お父さんの宇野重吉さんに
そっくりになってきたなあ。。

親子って
こんなにも
良く似てくるものなのねえ。。

若い頃よりも
年代を経てきてからが
やたらとそっくりな顔になってきてる。
血の不思議さをも見るような気がする。

男と男友達。
女と女友達。
どちらも微妙な関係だ。

心から気を許しあっていたはずの
学生時代からの親友であったはずの
男友達同士と女友達同士。

その奥底に潜みつつある闇のようなもの。
親しくて
気の置けないはずの中だからこそ
生まれたひずみ。
人間同士だからこそ
生まれた闇のようなもの。

心とは不思議なものである。
心とは一様ではないのだ。
失ってみて初めてわかる
相手方の気持ちというものもある。

こちら側が
思い込みの状態でいるとすると
その相手方の気持ちというものは
まったく見えなかったりもする。

また
見ようとしなければ
見えないものでもある。

心を歪ませてしまうものは
自分自身の心である。

自分の心のよりどころや
もっていきようでは
どんなにでも変化するものでもある。

心とは不思議なものだ。
自分で自分の心すらを自由に出来ず。
自分で自分の心すらをわかり得ないのに。
分かり合うこともできないのに
相手の心を思い遣るということは難しい。

人に気を使える人間ではありたいと思う。
いつまでも。いつまでも。

円熟の主人公の心意気が
同年代として良くわかる。
そんな事がわかってきたということは
確かに
下り坂の人生を歩いているということなのだろう。
主人公の言葉が胸に沁みた。

主人公に熊代刑事に寺尾 聰さん。
部下の東刑事に 山本耕史さん
遠藤憲一さんや西田尚美さん。
などなど。。

そういえば・・
この『火と汐』という題名。。
アリバイ工作に使われた
京都の大文字の火と
三宅島のヨットハーバーの汐なのか。。



テーマ:今日見たテレビ番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ


『行列48時間』再放送のお知らせ。
『行列48時間』再放送のお知らせ。

こいさんが教えてくださいました。
年末に再放送があるようです。

下記の通りです。
場所によって放送時間は違うかも?

(NHK総合・1話45分・全6話)
1話29日23:10~23:55
2話29日23:55~30日深0:40
3話30日深0:45~深1:30
4話30日23:00~23:45
5話30日23:45~31日深0:30
6話31日深0:35~深1:20

http://www.nhk.or.jp/kindora/48hours/

とても面白かったのでぜひどうぞ!

宝福 喜朗(行列5番目) - 國村隼
宝福 聡子 - 森下愛子
宝福 恵美 - 岩田さゆり

沙也加(行列7番目) - 平愛梨
生方 柳太郎(行列6番目) - 金田明夫
生方 朋子(誘拐された柳太郎の娘)- 田中美優
洋太郎(恵美の彼氏) - 水谷百輔
桑崎 元 - RIKIYA
染矢 昭夫 - TETSUYA(EXILE)
永岡 信夫(造園社長) - 半海一晃

田中(聡子の友人) - 大島蓉子
橘(聡子の友人) - 峯村リエ
久保(行列4番目) - 村松利史
会長(行列8番目) - 山田明郷
坂下(行列8番目・会長の秘書?) - 中村真智子
行列1番目の男 - 隈部洋平
デパートの警備員 - 菊池均也
岸和田刑事(行列2番目) - 小林すすむ
松崎刑事(行列3番目) - 佐野圭亮
田ノ上刑事 - 渡辺憲吉
小椋刑事 - 寺井文孝
関本刑事 - 山上賢治
川上刑事 - 古本新乃輔
加茂川刑事 - 伊藤正之
タクシーの運転手 - 田窪一世
宝福の上司(重役) - 須永慶
雑貨店店主 - 田口主将
バーテン - 奥田達士
看護師(柏原の担当) - 建みさと
柏原(ひき逃げの被害者) - 上野山浩
野上(黒コートの仲間) - 阿部薫
知恵(黒コートの仲間) - 李千鶴
黒コートの男 - 木下ほうか

笹島警部補(行列9番目)- 佐野史郎
大河原管理官(誘拐事件の指揮) - 渡辺いっけい
古久根 隆 - 長谷川初範
佐伯 駒子 - かたせ梨乃

出演者もゴージャスです。
ぜひどうぞ!

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ



Design&Material By MOMO'S FACTORY