FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

06<<  2020.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画「SP 野望篇」(波多野貴文監督)の感想
映画「SP 野望篇」(波多野貴文監督)の感想

パンフレット

さっそくに行ってきちゃいました。

面白かったです。
文句無く
手に汗握る格闘シーンが多く。
思わず
歯を食いしばっちゃいましたが。

つっこみ所も多く
つっこみたいなあ心が動きました。(笑)

でもさすがに大人気だったテレビドラマの影響か。
いつもだったらガラ空きの時間帯に
映画館が見事に満杯でした。

私も一昨日の台風の日に
外に出られなかったのを幸いに。
一日中
以前にあみちゃんから送ってもらった
SPドラマ録画を予習を兼ねて
最初ッから見直しておりました。

一日は映画館の日で
入場券が半額なのをあてにして
映画館に行くぞ!っとの心意気!(笑)
しゃかしゃか自転車をこいで
10分以内に到着か。

なんと。もう。
多くの人たちが並んでいたのがビックリ。
しかも女性人が圧倒的に多いのです。
女というものは
半額には目が無いようですね。(笑)

さて。映画本体はというと。
アクションシーンがとても良くできていて
本当に手のひらを握り締めて見ていました。

ぐぐっと歯にも力が入って
食いしばり・・
結構本気で見てしまいました。

時間の経つのを忘れるほど。

ただ・・どうしても
映画という物語性の性質上
しょうがないのでしょうが。
SPがあの4人だけで次々と
いつでも敵と遣り合って
対処しているのが気になりました。

この通信時代に
警察への連絡がつながらなかったり。

また警察の応援と
政治的要人への救援が遅すぎたり・・
徒歩で警官5人だけが迎えにきたり・・
・・・・
なんて。思っちゃいましたね。

パトカーでもなんでも
こういった緊急時には
それこそ 
サイレンばんばん鳴らしてやって来いよ!
なんってね。

そんな具合にすっかりと
映画にのめりこんで夢中になれる作品です。
十分に楽しめました。

またSP役の役者さんたち一人一人が
とても良いんですよねえ。。

お勧めの映画です。

それに堤真一さんにも負けず劣らずの
堤真一さんの青年時代を演じた役者さんの
寡黙ながらのじとっとした存在感が
とても静かな迫力があって良かったですね。

成長してからが
堤真一さんになる・・・っていう過程が
想像できる役者さんでしたね。

尾形の青年時代

さてさて春に公開される続きが楽しみだけれど。
超能力のような鋭い勘をもつ主人公と。
堤さん演じる尾形との結果が知りたいな。

テーマ:「SP」THE MOTION PICTURE - ジャンル:映画


『ナイト&デイ』 先行上映の感想
『ナイト&デイ』 先行上映の感想

映画

10月の6日はトムの日だと言うので
トム・クルーズとキャメロン・ディアスの
お二人の共演映画である
『ナイト&デイ』を観にいってきた。

なんともかんとも
ハチヤメチャなようでいて
とてもハートフルで活力に溢れている
心から楽しめる映画だった。

底抜けに明るいストーリー展開で
微塵の暗さも陰険さも感じさせない。
コメディ映画かと思われるような場面も多くて
また
はらはらどきどきと
眼にも止まらぬアクションシーンも全開。

ふわっとした女心をくすぐるような
恋の話も描かれていて
とても面白い。

有り得ないくらいに強靭な肉体と
銃弾さえもよけて通るくらいな強運の男ロイ。

ロマンチックな夢見る少女のままの心を持ちながら
いざ、恋のためにはなんのその
思い切った決断と行動を起こす女性ジューン。

この二人の最強カップルが繰り出す冒険には
脱帽である。

音楽も
どこか郷愁を帯びていて
クラシカルな香りが漂っているが
絶妙のバランスで入る。

アクションシーンは斬新で
銃を撃つときや
一瞬一瞬 はっと止まった時の
静止画のようなトム・クルーズの目が。
とても良い。

文句無く楽しめて 
文句無くスカッと笑える。
素敵な作品でした。

もう一度観てみたいかな。
お勧めです。

暗くなりがちの沈みがちの人には
もっとも最適な映画かと。

是非どうぞ!


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


『特攻野郎Aチーム』 映画の感想
『特攻野郎Aチーム』 映画の感想

映画のパンフレット

現代は The A-Team だとか。
1983年から1987年にわたって
全部で98話がアメリカで放送されていたドラマ。
日本では1985年10月から1988年11月にかけて
テレビ朝日で放送された。

静岡ではつい最近。
それこそ数ヶ月前まで夜中に放送していたなあ。。

なんともなんとも懐かしい作品。
1970年代頃の映画かと思っていたほど
かなり昔から馴染みがあったように感じていたドラマだ。

それはなぜだろう?と思ったら。
このスミス大佐を演じていた
ジョージ・ペパードと言う俳優さんを
結構中学時代から
あれやこれやと出演されていた映画を
観に行っていたからかもしれないなぁ。

人なつっこい薄いブルーの瞳が
とても魅力的に映った頃だった。
今はパン屋さんとなっている同級生が
彼のファンだったこともある。

私はどっちかというと。
クリント・イーストウッドの方が好きだった。
『奴らを高く吊るせ』とかね。(笑)

ところでこの『特攻野郎Aチーム』
他のキャストの方々も皆さん魅力的だったな。

ギンギラギンの金のネックレスを
じゃらじゃらじゃらと重そうに首にぶら下げて
これでもかと指にも腕にも
金!金!金!
MR・Tと言う俳優さんの演じていたコング。
このキャラも大好きだったなあ。

そして頭のイカレタおかしなパイロット。
彼の変人ぶりも とても気に入っていたなあ。

いつ見てもスカッとする作品で
今のようにCG合成なども進んでいない頃のこと
飛びぬけたアクション一つにしても
全部生身の人間がこなしていたんだろうと思うと。
驚くばかりの感激が。。走る。

この頃のスタントマンさんって
命知らずだったんだろうなああ。

そんな風な作品を
何十年ぶりに映画になるのだと聞いて
思わず。
あの時のメンバーの?
なんて思って。
ああ・・ジョージ・ペパードは
もう随分昔に死んでいたんだと思い出した。

じゃ・だれがやるの?
と。先行上映に駆け込もうかと。

飛んでゆきたかたけれど
お留守番のぷりんのことが気になって
とうとう先週やっと行ってきた。

さてさて
観に行ってどうだったかと言うと。
大満足。
出演者の方々が
見事に再編成されていて
みなさん新しい人たちだというのに
昔のメンバーの特徴を見事に捉えていて
キャストを厳選して選んでいる。
特にMR・Tのコングの代わりをつとめた人や

コング

パイロットのモンキーの代わりをつとめた人が

モンキー

ピカイチの芸達者。
まったく違和感なし。

観ていてほんとうに楽しめた映画。

なんかもう一回観てもいいかなって思ったくらい。

複雑なコンテナのところのアクションがすばらしかった。
ぜひどうぞ。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


『グッド・バッド・ウィアード』 2009年
『グッド・バッド・ウィアード』 2009年


韓国での人気スター?
チョン・ウソンさんと
イ・ビョンホンさん
ソン・ガンホさん。
の痛快アクションだということで
かなり封切り前の評判が良くて
是非にも観てみたいなぁと思っていた作品だったが。

うーむ。。
と。眉をしかめてしまった。
物語としての筋道があまりにも雑で
漠然としすぎていて。
監督さん自らがコメンタリーで
本当に混沌とした世界を描きたかった
と、おっしゃっているように。
まさに混沌。
まあ賑やかでうるさいくらいに
混ぜこぜ状態の映画である。

どこまでが誰の見方で
どこまでがどちら側の人なのか
観ているだけではさっぱりわからないのだ。

ただただ目は楽しませてくれている。
馬と荒野と度派手なスタントが
観せるのだ。
草原を駆けめぐる馬達。
火薬と絶叫と。
馬の転がる状態が眼を覆う。

だいじょうぶ?っと。心配になった。
だが、コメンタリーを観ると
やはりイギリスでは動物愛護の立場から
かなり問題になって
そういうシーンはカッとされて上映されたのだとか。

また監督さんの話では
倒れる馬はダミーの馬なのだとか。
本物の馬とダミーの馬を上手に組み合わせているのだという。
ほんとう?
決して
本物の馬には怪我をさせたりしていないのだと
話しているのを聞いて。
ちょっと安心した。

昔観た映画に『夕陽のガンマン』という映画がある。
それに良く似た話の持って行き方で
これが韓国流の西部劇なのだろう。
命がけの迫力には驚く。
まさに命がけ。。
スタントの方々の命を心配してしまった。

そして日本からは
在日韓国人である白竜さんや
國本鍾建さんなどが
出演されている。
コメンタリーで彼らの事をみんなが語っている。

若い男性には垂涎もののアクションであろう。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


『サブウェイ123 激突』 トニー・スコット監督
『サブウェイ123 激突』 トニー・スコット監督


『サタデイナイト・フィーバー』以来
ジョン・トラボルタの映画というと、
ついつい観てしまう私。

だんだんと風貌も容貌も、変わってきて、
この頃では、
ずっしりと凄みのある
悪役に成り切っているいるものが多い。

それがまた、
実に見事に、
ぴったりと当てはまっているのだ。

度迫力がある。
凄みがある。

怖いくらいに、
ワイルドで非情な悪役が多いのだが、
どこかしらに、
憎めない部分を残している役柄が多い。
どこかしらに、
余韻のようなものが残るのだ。
悪役と言えども、
完全に、極悪非道で救いようのないやつと。
どこかしら、
切捨てられないような、
どっかに強く惹きつけられるような
魅力のあるワルも居る。

そんな風な後味を強く残す俳優さんだ。

サブウエイ

そして、今回もまたまた、
テンゼル・ワシントンとの
無線一本でのつながりの中だけで
お互いに心理戦を展開するふたり。

ふたりの駆け引きの絡み合いがとても面白い。
相手の居ないところでの
無線を手にしただけの 演技がすごい。
その二人の存在観だけで光っている映画だと想う。

私にはとっても面白い映画だった。
どこといって 度派手なアクションは全く無く
お互いの年輪と風格だけの演技に
なにか どんとした重みを感じる。

地味だけど、
とてもいい映画だった。

また交渉役をしたテンゼル・ワシントンの
側に常に付き添う イタリア系刑事さん。
ジョン・タトーロ。
この人がまた、とてもいい味を出していて
趣を添えている。

イタリア系の刑事さん

よかったら見てくださいな。

ジョン・トラボルタも、
『フェノミナン』や、『ベビートーク』
天使役のものなど、観られると
大いに泣けます!!

また違った彼の魅力に気がつかれるはず。
ぜひどうぞ!


テーマ:今日見た映画 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY