ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

03<<  2018.04 >>05
2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ブラックパンサー』映画と。センチュリーホテルのイチゴフェアーがひどすぎる。
ブラックパンサー

『ブラックパンサー』の映画、
こちらも観てきました。

ここの所。
観たい映画が多すぎて
時間が足りないわ。。

本当は、
『スリー・ビルボード』も観たいし。
『グレイテスト・ショーマン』も観たいし。
観たい映画だらけ。。

空海
『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』
こちらも、
もう一回か、2回観に行ってきたいしなああ。

気に入った映画は、
ほとんど、2回か、三回は続けて観るようにしているのよねえ。。( ´艸`)ムププ

やっぱり、
映画館で観るのが好き。。

パンサー
また、
今回の『ブラックパンサー』の映画は、
アベンジャーズの一連の作品とは、
ちょっと、違った雰囲気を持った作品になっていたなああ。。

今まで同じタイプの流れが多かった中で、
経路も道筋も違った感じ。。

隊長
私は、
あの女性近衛隊長の黒人の方が好き!
スゴイパワーを感じたなぁ~

女性
今回の映画では
アフリカ女性のパワフルさが際立っていて
すごく魅力的に感じたわ。。

女性
ただ、
物語自体は、、
うぅ=む。。。む。
っと。言う感じ。。

可も無く不可もなし、
でも。映像としては面白かったわ。。

アフリカらしい感じもしたし、
なんか、王座をめぐる、クーデーターっぽかったような。。(o^^o)

☆☆☆・・・・・☆☆☆

そして、
その前に行った、
”静岡センチュリーホテルのイチゴフェアー”の
静岡のスイーツバイキングはしょぼいなあっと
思ったことが。。

お値段は2500円。
すごい人数で。どのくらい居たんだろう?
100名以上は居たと思うのだが・・

出たのは
baikinngu
このテーブル一台だけ。。。

しかも。
左右で同じ物が並んで居て
8種類あれば良い方かな?
しかも、
普段、喫茶コーナーで食べられている
美味しいパティシエのケーキは一つも無い。

冷凍じゃないかという様な
貧弱なケーキばかり。。
あのスゴイ人数でこれだけ???友だち4人と食べに行って
予約もしてあったのに、
並んで一番のりで入ったから
まだ良いけれど。。

わーーっと、
最初の人がとってしまうと
テーブルの上は空っぽに。。

それも、
さっさと追加されるのではなく
全然次が出てこない。

テーブルの上に
お皿ものっていない状態が続く。(笑)

人ばかりが余ってしまって
うろうろうろうろ。。

次がいつ、
出てくるのだろうか?と
うろうろうろうろ。。。(笑)

あまりにもお粗末な内容で驚いた。

食べるものがないから
文句を言う人も出てくる。

つなぎにポテトフライと、
ピザトーストがちょこっと出て
つなぐのだが・・
すぐに無くなってしまって、
とる物がない。

こんなひどいスイーツバイキング。
さすがに観たことがないわ。。

まあ、
正直、東京や横浜のホテルのには
劣るにしても。
これはひどい!

これはひどいね!
写真に載っていたケーキは
写真だけだったんだねええ。。。。
って。
私たち4人は怒りモード!

周りの人達も
ホテルのボーイさんに、文句を言っている人も居たくらいだわ。

ke-ki
これで全種類?
この小さなカップケーキだけが
いくらでも出てくる。。(笑)

名前ばかりで、
丸ごとの生のイチゴが全く出無い。
みじん切りや、薄切りされたものやらが
乗っている位。

あっという間にテーブルの上は空っぽなのに、
人は並んで居て
次から次へと入ってくる。。

信じられないような情景だったわ。。

センチュリーも終わりだねええ。これじゃああ。

rizotto
最後に2回だけ
小さなお皿でリゾットが出てきて、
これも、4.5人がとってしまうと、
あっという間になくなった。。

なんなんだろうなあああ。。

という話。。。(o^^o)

スポンサーサイト

『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』の映像の美しいこと。❤
パンフレット
↑『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』の
映画のパンフレットより・・


楊貴妃
この作品。
私はとっても素晴らしいと思ったのだけれど。。

楊貴妃
なぜに、
こんなにも評価が低いのだろうか?
不思議だわ。。。

なぜに??

壮大
まあ。。壮大で、
圧倒的な映像美が、
ぐんぐんと画面一杯に迫ってきて。

楊貴妃
その画面からこちら側に
飛び出してきているかのような。

宴
一緒に、
主人公達と、
その、夢かうつつか・・・まぼろしか・・じゃないけれど。(o^^o)

鶴
その、最中に入り込んでしまっているかのような錯覚を起こさせるような
映像美が迫ってくる。

とにかく
とにかく美しい。。
もう、言葉が見つからないくらい
夢の世界でも
これほどに美しくは描けないだろうというくらい
美しい映画だわ。。

鶴
見始めた時には、
ちょっと、その極彩色の世界に
度肝を抜かれて
目を見開いているうちに
するすると
その物語の世界へと
誘われてしまっていくような、
そんな感じのする映画。。

鶴
今の若い人達のコメントを読んでいると。
出てくる人達の名前になじみがなくて
なんで、こんな名前を使用するんだ?
とか。
普通に、日本人の名前でいいじゃないか・・とか
話の流れが見えないとか
書かれていたっけなああ。。

tobu
要するに、
私たちの若い頃とは時代が違うということか。。。

私たちの中・高校時代には、
古文や漢文がかなりの割合を占めていて

白楽天
李白や、白楽天の詩を読んだり、
解釈したりする授業が多くあり、
『長恨歌』なども、
シスターが懇切丁寧に教えてくれたものだったなぁ。。。

仲麻呂
また、玄宗皇帝や、楊貴妃。
阿倍仲麻呂などのお話も、
昔は偉人伝とか、伝記とかで読んでいた人も多く、
まあ。今と違って
それほど、楽しみもなかったと、言えばそうだが。。(笑)

みんなが読書が大好きだった時代だったなああ。。(笑)

そういった名前に、
なじみの無い、若い世代には、
受けが悪いのかもしれない。

猫
また、そのまんま
夢枕獏さんの原題のままでも、良かったのに。
なぜに。
日本名の映画の題名を、
『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎 』。と。
空海をつけたのだろうか?

空海
空海と言っても、
『陰陽師』の中の安倍晴明のようなもの。
法師自体のお話ではないのだから・・・

そんなこともあり、
シニア世代がとても多かった映画館。

猫
私たちの時代には
夢野久作であったり、久生十蘭であったりと。
こういったタイプの作者も多かったなああ。

夢枕獏さんは、ずいぶん後から出てこられて
幻獣や、魔獣もので有名になられた方だったなああ。。

李白
さて。さて。
私は、この作品を、
まず観る気になったのには、
この監督さんが大好きだったから。。

陳 凱歌( チェン・カイコ―)さん。
もう・・
ずいぶんと昔に観た、
『さらば、わが愛/覇王別姫』
この映画に大感動してしまって、
大泣きに、何回も観たことがあったなああ。
そういえば・・
レスリーチャンを想い出すな。。。

『始皇帝暗殺』や、『花の生涯〜梅蘭芳〜』も好きだったなあ。。

そんなこともあり、
一にも二にもなく、観に行ったのよねえ。。(o^^o)

よかったら。
一度見て見たら?どうかしら?

行程
ちょっとした、
下地があると、良いのだけれど。。
そういう事を抜きにして観れば
最高に面白い映画じゃないかと。。

まああ。。
妖猫伝とも、
言えなくはないけれど。

こい
150億円を掛けたという
そのセットがスゴイ。。
CGと勘違いされてしまうのだけれど。
全て本物で撮っているのが、また、すごい。

メイキングを観ても。
そのすごさが解る。。

ぜひぜひ。
観に行ってほしいなあああ。。

私は気に入って
映画のパンフレットを買って帰ってきてしまったわ。(o^^o)

ただ一つ。。
吹き替えは必要なかったのでは?
とも。思う。。

写真は、サイトからお借りしてきました。

『パイレーツオブカリビアン/最後の海賊』を 2度も見ちゃったわ~(*´艸`*)
パイレーツ

日曜日に一回目を観に行って
あんまりにも 面白くて
またまた昨日も
もう一回観に行ってしまったわ。。

スパロウ
やっぱりいいよねぇ~~

パール号
面白くて
スカッとするわよねぇ〜♥。。

スカッと
やっぱり
パイレーツ・オブ・カリビアンは
大好きな映画だなああ。。

はらはら
冒頭から
はらはらドキドキ
笑いが満載。

船
娯楽性に飛んでいて
冒険物語の醍醐味があるのよねぇ~~

また、
音楽がズシンときて
頭に残る! (*´艸`*)

若い
それと
ジャック・スパロウの若い頃の姿が観れるとあって
一回目は
なんだか解らないうちに 流れて行ってしまったので

スパロウ
⒉回目は
よーく目を凝らして
スパロウの若い頃を観ていたら・・

アンソニー
アンソニー・デ・ラ・トーレと言うミュージシャンの方が
演じていたと言うよりも。。
あとで説明を読むと
ジョニーデップが演じていた上に
表情の似ている
アンソニー・デ・ラ・トーレさんの若い肌を重ね合わせて
映像加工してあるんだとか・・・

ふたり
そうだよねええ。
どう見ても
この彼が演じていると言うよりも

そのまんま
ジョニー・デップの動作と表情だったしねええ。

特に口元と、目の表情が、

これが
ジョニー・デップさん そのものだったしなぁ~~

それで納得したんだけれど。
今では
いろんな映像加工ができるようになってるんだねええ。
感心してしまうなあ。。

オーランド・ブルームや キーラ・ナイトウエイやら
最初の頃出ていた二人も
ちょっぴりだけど出てきて 最高!

二人とも
それなりの風格が出てきていたけれど
それにつけても
スパロウは変わってないなぁ~~ (*´艸`*)

この次の6作目がとっても気になるところ。
やっぱり デイビィ・ジョーンズが出てくるのだろうかしら?

三人
お父さんのウイルと
息子が一緒になって
旅に出るとか??
スパロウと一緒に~~ってのが
いいよねぇ〜♥

ちょっと待ち遠しいじゃないの~~~

早く作られないかしら?

期待してしまいます~~

さる
ジェフリーラッシュの
バルボッサが死んでしまって
ちょっとさみしいような。

また復活してこないかしらねぇ・・・

そうそ。
この肩に乗っているお猿さん。

喉の白いオマキザルと言う種類で
⒉匹のパブロとチキータと言う 
お猿さんが演じているのだとか・・

このお猿さん。
船にめっぽう弱くて
ジェフリーラッシュの肩の上で
14回くらい 吐いてしまったらしい。。。 (*´艸`*)



『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』をみてきたよぉ~
めちゃ
めちゃめちゃ可愛い
ベビーグルート〜♥

なんとも
なんとも
愛らしくってたまらない〜♥

はちゃ
はちゃめちゃなんだけれど
それでいて
ちゃぁんんと的を射ている存在感。

かわいい
とにかく
かわいいのぉ~〜♥

グルート
今回は

グルート
前作で

死んで
皆を守って死んでしまったグルートが

っしき
小さな小枝の挿し木にっよって

よみがえった
蘇ったちびちびグルートとなって登場する。

なけた
前作では泣けたっけねぇ~~

思わずぽろり・・・

ヨンドウ
ところが今回は

よんどう
育ての親??でもある
親分ノヨンドウが泣かせてくれる~(´;ω;`)ウゥゥ

おもわず
今回も思わずぽろぽろ~~

ロケット
まだ、
見てない方もいるだろうから・・

女王

このあたりでやめておくけれども
とても
面白かったし
泣かせてくれるし
笑わせてくれた作品。

お勧めです。

エゴ
本当に
名前の通り
エゴイズムの塊のような
クイルの父親のエゴも登場する。。。(*´艸`*)

ぜひ
ぜひ どうぞ!


『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の映画を見てきたわ。。
えいが

とおぉ~~っても、面白かったです〜♥

えいが

ただ・・・
一番驚いたことは
最後の最後の場面でのこと・・・

コリン・ファース演じるグレイヴス・・・・
名前の意味は 墓なんだとか・・・
いかにも不吉で黒っぽいイメージのキャラが

最後の最後に捕まって
髪の毛も真っ白になり
顔色も全て真っ白に変貌してしまってからのこと。

とっても同一人物とは思えないような風体になって???
っと。
思って、よーく見たら・・・
え?
まさか?ねぇ?

ジョニー・デップにそっくりだったのだ。

え?え?
口をゆがめて喋る仕草も?

私の目がおかしくなったのかしら?
と、
まずは、自分の目を疑ってしまったわ。。

えぇ?うそぉ?
まさか、出演??

ジョニー・デップが
ハリーポッターシリーズに出るなんて?
何処からも、
情報として聞いてなかったので
帰りの道々に
自問自答。

私の見る目が変になっちゃったのかしらん?ねぇ・・・

一刻も早くに確かめたくて
家に帰りついたら
直ぐにパソコンを立ち上げた!

映画の最後のクレジットのところでも
一生懸命に見ていたけれど・・
ジョニー・デップの名前はなかったような。。。??

検索してみたら・・
やっぱり、やっぱり!書かれていたわ。。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の続編に出ると。。

ジョニー

でも。
ちゃあんと。
前編の最後に出てきましたよぉ~~! ヾ(・ω・`;)ノ

これは

これは来年の続編が楽しみになってきたわ。。。( ´艸`)ムププ

コリン・ファースにしても・・・
まさか、
こういったファンタジー作品に出演するとは・・
思ってもみなかった役者さんだったなああ。。

彼も作品には
違和感なく溶け込んではいたけれど・・
やっぱりねぇ・・
異質の香りのする役柄だったわねえ。。
とっても似合っている配役でした。

ゆめ

とっても夢があって素敵な作品なので・・
ぜひどうぞ!

ぺっと

ちょっぴり主人公の どじさ加減に
いらっとすることも有るけれどねぇ・・・( ´艸`)ムププ

お勧めです〜♥


Design&Material By MOMO'S FACTORY