ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『ワンダーウーマン』の映画を観て。
実は・・・この映画
先月の封切りの日に観に行っていたのですが・・・
ちょっぴり感想を~

ワンダーウーマン

もう・・
何年も前~~
いや・・
何年どころじゃないか。。。あははは。

50年近くも前になるかしら?

いっとき、
アマゾネス映画がブームになったことがあったなぁ~

ヘラクレスとの恋愛物語になっていたり・・
神々の戦いの合間の
ちょい足し映画だったりしたのだけれど。

私も数本は観に行った記憶があって、
まだらに覚えていたりする。 (*´艸`*)

その中の映画の一つは、
スパルタカスの時代かなにかであって、
女だけでは 限界があり、
たとえ女王であっても
いっせいにある時期
子作りを目的として 郷へ赴き
子供ができたとしても
男の子だと殺すか捨ててしまわざる得ない掟があり、
女の子だけ、
強い戦士へと育てていく中で、
その捨てた男の子が成長し
その男の子の率いる軍隊に滅ぼされてしまう・・・
と言うようなストーリーだったなあ。。

他にも
ヘラクレスと女王との
悲恋?ぽい映画もあったなあ。。。

どちらにしても。
滅ぼされてしまうのが 悲しいわねぇ。。。

そういった映画を
ひょっこりと想い出すような映画だったなぁ~~

『ワンダー・ウーマン』のテレビドラマも
見たことがあって
めちゃめちゃ可愛らしい
キュ、ポン、パッ!の
ぷっくりとした縞々ブルマーを履いた
女スーパーマンのような
金髪主人公だったなぁ~

わんだ
が・・しかし。
まさかまさかの・・
ワンダー・ウーマンの原点が
アマゾネスだったとは知らなかったなぁ~~

わんだ
へぇ~~!!
っと。映画を観だしてからびっくり。。

かみ
ほんとに、そうなのぉ??
じゃ、
神様のゼウスとアマゾネスの女王との子供で、
半分は神様な訳??とかねぇ。。。

かみ
それなら不死身なことも
納得だわよ。。。ねぇ。。。
なるほどなるほど。。。

アマゾネス
と、
映画自体は
戦うアマゾネス一族の姿が美しく
魅力的。。

躍動感というか。
均整のとれた身体の線の美しさとか
宙を浮いている間の動きがとても綺麗〜♥

前半の戦いのシーンの
哀しいけれど惹きつけられる
動きの美しさが忘れられない作品。

美しい
なかなか面白かったので
ぜひどうぞ!

皆
今度のワンダーウーマンさん。
スゴイ美人!
また、大きい人なのよねぇ~~

女優さん
身長がスゴイ。。
世界の美人の2位に輝いたお方。。
迫力もあって
ほれぼれしちゃうわねぇ。。。

今年だったかしら??
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』という
バットマンとスーパーマンが戦う映画があって
すぐに観に行ってきたのだが・・
あの中にも出てきて
めちゃくちゃ強くて美人!

スーパーマンもバットマンも
お互いに、
お互いの連れかと思っていたらしく
問いかけあう場面に笑ってしまったのだが・・・
そちらも是非、
先に見てから
この映画を観られると
ちゃんと繋がって面白いと思いますよぉ~

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の画面の中に
今回の映画の始まりとなる
想い出の写真がちゃんと
出てくるんですよ。

ではでは。
お勧めです。
ぜひどうぞ!


スポンサーサイト

スパイダーマン・ホームカミングを観てきたわ~
スパイダーマン

ちょっと
ちゃらちゃらしているような、
どこにでも居そうな、
思春期を迎えた少年が
経験を積むことによって
立派な
アベンジャーズの一員にへと
変わっていく心の姿を
もっとも
初期の段階として描いている。

少年

今までのスパイダーマンには
つらい悲愴感が漂っていて
ただただ、ひたすら我慢で耐えるみたいな。。

前向き

今度の作品では
とても明るく
前向きで元気な少年の姿が描かれている。

やっぱり
今時の考え方なんだろうなぁ~~

下積みの努力だとか
限りない不幸を乗り越えて耐える・・・みたいな
そういう姿は流行らないらしいなぁ~

いまふう

今風の
今時の子といった感じが漂っていて
新鮮でもあり
面白かったわ。

世代

私位の年齢にしてみれば
孫世代といった風でもあり
とても可愛くて やんちゃで
好感も持てる作品だった。

あく

ただ。
迫力のある悪役さんが
まぁ、なんと!
かっては『バットマン リターンズ』の映画での
主人公、ブルースを演じていた
マイケル・キートンだったのに驚いた!

へぇ~~~~
まぁ・・まぁねぇ~~
これも、立派にありだわよねぇ~~~ ( *´艸`)

そういえば・・
ユニバーサルで見た
『ビートルジュース』も彼だったなぁ~~ ( *´艸`)

一員

楽しく見れる作品。
お勧めですよぉ~~ぜひどうぞ!


映画 『アサシン クリード』
子犬の前に・・・

アサシン

『ドクター・ストレンジ』の映画を観に行った時に

予告編で、

重々しい
重々しいけれども・・
なんとも迫力のある 歯切れの良い音楽に魅了されて
さっそくも、
観に行ってきた作品。

アサシン
観に行ってきて
良かったと思う。

よかった
面白かったですよぉ~~

深み
ちょっと、
他の映画とは違った深みのある作品で、
度k得の世界観を持っている作品。

ジェレミー
もともとは
ゲームの世界から 映画化へとされたらしいのだが、
私は、
こちらのゲームを全く知らなかったのだけれど、
かいまみえたような
SFとも、歴史物とも言えそうな、
別の異世界に、
入り込んでしまったかのような 錯覚を起こす作品。

パンドラの箱を思い起こすような。。。

おもたい
暗く・・
重たい印象のする衣装を着ていながら

手
驚くほど身軽な身のこなし・・・

パルクール
今で言うところのパルクールの世界のような・・
そんな動きを身をもって体感するような作品。

パルクール
映画の中での話なのに、
映画の主人公たちと一緒に、
飛び上がり飛び降りて
はらはらどきどき。。
ぎりぎりの線をめまぐるしくよじ登り、
壁を走り抜け、
臨場感が半端ない。

これって
内容よりも
不思議な動画の魅力にはまり込むような興奮がある。

女優私には十分にも面白かった作品だが・・・

吹き
これって続くのかしら?ねえ?

大いにありそうな気がするんだけれどなああ。。

情報を知っている方いらっしゃるかしら?

こちら
私は医師役のヒロインよりも、
こちらの女優さんがとても気になった。

素敵な人だったなああ。。

ではでは・・
この次はこの間の子犬ちゃんたちを。。。


『ドクター・ストレンジ/Doctor Strange(原題)』。2回もみちゃったわ。。
ドクターストレンジ
(CENOVAロビーの等身大の人形~)

てくてくてくと20分!
張り切って歩いて行ったのに・・・
その日だけイベントがあって
上映時間が変更になっていた。。

ありゃま。。ありゃま。。
一度また家に戻るべきか否か。。。
悩んじゃうねぇ。。。ぶつぶつ。。。

あぁ~~あ。
4時間も時間が空いてしまうとなると。。ねぇ。。

それでも・・
本屋をのぞいたり・・・
思わぬ食事をしてみたり・・・
結局は、どうしても時間をつぶしきれなくて
歩いて帰宅・・・

それでも
チケットを買ってしまったので。。
またもや出発。。あはははは!

でも、その甲斐はあったわよぉ~~~((´∀`*))

もうもうめちゃめちゃ最高〜♥
ここのところ 観に行った映画の中でも
上位に当たるほど気に入った作品だわ。。

女優

何がって?
私。
この女優さんが大好きなの〜♥

エイシェント
(ストレンジの師匠となるエンシェント・ワン役ティルダ・スウィントンさん)

似合ってる
確か・・・
『フィクサー』かなにかで・・アカデミー賞を取られたような?

それよりも・・・
『ナルニア国物語』の白い魔女と言った方がわかりやすいかも。。
高貴な雰囲気がありますよねぇ~

女優
独特の雰囲気を持つ女優さん❤

ストレンジ
男性のほうも、
ベネディクト・カンバーバッチさん!

ふたり

こんなにも
人気者になる以前
『シャーロック』に出ていた頃から
とても気に入っていて
以前のシャーロック俳優だと言われた彼と同等に
しっくりしている人だと思っていたのだが・・・

あれよ

あれよあれよと人気者になり・・・
ただ・・
あの映画だけは 駄目だった。
エニグマ・・・、
『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014)』
この作品だけは苦手。。。
苦痛と苦悩ばかりが伝わってきて
くらーーーーい、いやーーーな悲愴感でいっぱいになった。。

それに比べると・・
重低音の音楽といい。
ぞくぞくするような作品。

チェンバロの音が心地よく・・
バロックやら何やらがまぜこぜになったような音楽。
これがとても
この映画に似合っていて
心の底に染み渡る。

ei18.jpg

そういえば・・・
この映画の映像が・・
かって、
渡辺謙さんが出演された
『インセプション』という映画に似ているような??

あの映画以来・・・・
こんなふうに カキコキと
映像のパズルをはめ込むような作品が多くなってきたなぁ~

浮遊
ふふふ。
私はこの、
浮遊のマントが気に入ったわ。。。(*´艸`*)

最後
最後の最後には・・・・
ふふふふ。。
楽しみだわ。。。〜╰(*´︶`*)╯♡

ロキがまた地球に来て・・
父親のオーディーンを探しているのだとか。。。
へぇ・・・・

ぜひ
ぜひぜひ どうぞ❤
おすすめです。

実は字幕版と。吹き替え版と
両方見たのですが・・
樋口可南子さんの吹き替えがとても良くて
本人よりもぴったり??なんてね。
どちらもおすすめです。

ああ。。
もう一度位観に行っちゃおうかしらね。。(*´艸`*)

宮島の最後のページはこの次に。。
先に映画を載せてしまったわ。。あははは。

コメント欄は公開しておりませんが・・
楽しいコメント大好きです〜♥
ただ。
今少し訪問ができていなくて
申し訳ありません。



映画 『X-MEN:アポカリプス』を観て
『X-MEN:アポカリプス』
『X-MEN:アポカリプス』

めちゃめちゃ
面白かったぁ~~~!!

めちゃ

私はもう字幕を追うのがめんどくさくなっちゃっているので
吹き替えの方を観たのですが・・

アポカリプス

松平健さんの声がとても心地良い!

アポカリプスにぴったりと似合っていて

その声の音の
響き具合がとても良かったわぁ~

アポカリプス

その容姿というか・・・
鴨のかたちも、
なんだか 
松平健さんを想像してしまうような容貌で

何もかも ぴったりだったわ。

エグゼビア

『XーMEN』
私は 一番最初の映画の時からの大ファンで
必ず 全てのシリーズを観てきているので

今回の映画も
まさに私好み!

少しばかり
『スターゲート』を匂わせるような雰囲気もあるのだけれど・・

『スターゲート』も大好きな映画の一つで。
そのあと造られた
長い長いシリーズ物の テレビシリーズも
全シーズン観ていたほど 好きだったなあ。。

当時、騒がれていた
ピラミッドパワーを 上手く取り入れていた作品だったし。
ビバリーヒルズ白書のディランが出ていて
一時騒がれた作品だったなぁ。。

あの微妙な
ラー神も またとても気になる存在だったなぁ。。

アポカリプス

今日観た アポカリプスの神様も
まったく足りない所は 一つも無いように思えるような
全知全能の神っぽいのだが・・・

ただ。ひとつ。
人を思いやる心と、慈悲深さが欠けていたようだ。

若きマグニートも、
前回よりは 数段人間らしい 良い人になっていたのに・・・

非情なだけの人ではなかったという あたりがとてもいいなぁ。。

XーMEN

この若きメンバーたちの シリーズが
なんだか 次にも続きそうな気がするのだが・・・
どうだろう?

本国では賛否両論の作品だったようだが・・
私は好きだなぁ~~

最後の最後の クレジットのおまけのシーンで
未来ロボット達の 逆襲のような想定を掻き立てるのだが・・・

どうなんだろうね??

おにいさn
スコットのお兄さんが
とってもハンサムで素敵だったのに。なあ。。
死んじゃうなんて
ちょっと もったいないなぁ~~

無いトクローラー
ミスティークの息子も
真っ黒に近い青なんだけれど
なんとも 可愛い息子さんじゃない?

たよりないけど。。。( ´艸`)

ちょっと これからに期待しよう~~

余談

余談だけれど・・・
東宝シネマーズが ポケモンと提携したようなので

どれどれっと。
映画館の中で操作すると・・・

ありゃま!

カピゴン
カビゴン! CP1286!
はじめて 5分もしないうちに 沸いてきたきた。。

え?ほんとう?
絶対に逃すまいと ゲット!

そして映画がはじまった。。。(笑)

ぷりん
ぷりんちゃん!
映画を観終わってから
さてっと座席で電源を入れたら直ぐに。。

嬉しいじゃない??? (笑)

かえりには
帰り道では・・・
この子と。

抱くトリオ
この子が出てきて 帰途につきました。

もう一回観に行ってこようかな。。d(=^‥^=)b チワワ!

コメント公開はしておりませんが・・
いつも楽しく読ませていただいております。
心弾むお言葉をありがとうございます。
よかったらURLなども 書いてくださるとありがたいです。



Design&Material By MOMO'S FACTORY