ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


『プルートで朝食を』 2005年 ニール・ジョーダン監督
プルートで朝食を

どうもこの頃の私は 
話の内容云々よりも
映像の美しさのほうを求めるようにもなってきた。

プルートで朝食を

ニール・ジョーダン監督の『プルートで朝食を』をもそんな映画の中のひとつだ。

雀

実に美しく軽快な音楽と共に

キリアン・マーフィー

リズミカルに流れてゆく物語だ。

キリアン・マーフィー

普通に考えてみて
女装をした男性の映画を想像するのだとしたら
昔のダスティ・ホフマンが演じていた『トッツィー』の映画のように
醜さと醜悪さとの紙一重の滑稽さ。

キリアン・マーフィー

どっちこっちの笑いの要素が見え隠れしていて
笑ってやろうというコメディの1シーンとして
使われているものを想像してしまいがちなものだが

キリアン・マーフィー

この映画にはそういう悪意はいっさい感じられない。

キリアン・マーフィー

とにかく美しくて女らしいのだ。

キリアン・マーフィー

しかも、まぁ、演じている人を見てもっとびっくりしてしまった。

キリアン・マーフィー

『バットマンビギン』でスケアクロウを演じていた俳優さんで
キリアン・マーフィーさんと言う方で2児のパパさん。
しかも同時期に撮影をされていたのだとしたら。。。

キリアン・マーフィー

へぇ・・・・
バットマンの時にも 『インセプション』の時にも
ちょっと瞳がびっくりマナコのようにパン!と見開いていて蒼蒼しくて
その青い目がとても印象に残った俳優さんだった。

キリアン・マーフィー

この役柄を演じている姿を観て
あらためて見直してファンになってしまった。

キリアン・マーフィー

この頃は
海外の俳優さんに対する尊敬度は増してゆくばかりなのだが
この方もその中の一人に加えよう。
決してそちら方面の方ではないのだが
観ている内に
なんだか本物の女の人に見えてきてしまったから不思議である。

キリアン・マーフィー

女らしくて可愛らしくて
おっとっと。男性だということを忘れてしまう。

キリアン・マーフィー

よくよくこの映画を見直してみると
お話の内容は不幸の連続で
次から次へと問題が起こってきて
果てしの無い愛への渇望は乾くいとまが無いほどである。

なのにどうしたことだろうか。
この主人公の底抜けの明るさと前向きな生き方は。。

あっけらかんと明るく楽しそうに
逆境にあることを忘れさせてしまうような生き方が
かえって本当の孤独感と哀切を誘う。。

明るければ明るいほどに
しっかりと生きてゆけばゆくほどに
その内側に隠れている不幸が絶えがたく厳しいことを悟らせる。

決して人を恨むことなく
人をそしることなく。愚痴も言わず。

ただただ与えられた運命をまっすぐに生き抜くのみの主人公。

そんな彼?彼女に共感を覚えてしまう。

一生懸命に生きてゆくのならば
いつか、きっと、良いことがあるに違いない!と。
確信して生きているような作品。

生きる気力を分け与えてくれるような作品の力。

そんなものを堪能してみてくださいな。
お勧めです。

プルートで朝食を

余談ながら・・・
最初観た時には一瞬
高校時代に読んでいた『緋文字』を想い浮かべてしまった。
神の許しと愛についてを問うような作品だったけれど。

そういえば・・主人公はヘスター・プリン・・・ぷりんだぁ!(笑)

ぷりん
だめだこりゃ。。

リーアム・ニーソン

父親はカトリックの神父様。。。
あくまでも父親の名は伏せられて生まれた子。
誰知らずと父親の教会の前に捨てられていた子が主人公だ。

同じニール・ジョーダン監督の映画で
『マイケル・コリンズ』という伝記映画で主役を演じた
リーアム・ニーソンが神父様の父親役を演じている。

『クライング・ゲーム』のスティーヴン・レイも
キトゥンを愛する哀愁のあるマジシャンを演じている。

彼と居て幸せではなかったのだろうか?
私にはお似合いのカップルに見えたのだけれど・・なあ。。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


映画 『インセプション』感想 クリストファー・ノーラン監督
映画 『インセプション』感想 クリストファー・ノーラン監督

パンフレット

夢・・・
夢というものは
年々歳をとるごとに
様変わりしきて
見る夢の好みも
違ってきているように思う。

若い頃に見ていた夢は
とても斬新で
スケールの大きなものが多かったように思う。

それこそ、
このごろのSF映画にあるような
そんなストーリーのものが多かった。
そんな夢を
このごろは あまり見なくなった。

これが歳をとるということなのか。
老いのはじまりなのか。。

それこそ昔は
ジュール・ベルヌの地底探検もどきの
夢を多く見たものだ。

それもなぜか地下鉄に乗って
鍾乳洞紛いの暗く険しい道を
電車がひたすら下って行ったりするのだ。

そしてついた先には
平らで大きなプールが
それも切れ目がないほどにずっと広がっている。
しかも深さは浅くて10センチも無いくらい
しっかりとコンクリートのヘリがあるプールだ。

なんだったんだろうね?(笑)

そんなところへ旅をする夢をよく見たり。。

あと太陽が8つに割れて
それが私達をめがけて飛んできたり。

そんなのもあったなあ。。

それはきっと
その頃に読んでいたSF小説なんぞに
影響されていたものだろうが。
そんな風な夢が多かったように思う。

結構ワイルドな夢も多かったなあ。
アクションや探検ものが多かったように思う。

このごろ見る夢は
それに比べて
とても地味になって穏やかだ。
静かに平和な
自然の中に居るものが多くなった。
亡くなった犬達みんなと
戯れているものも多くなった。

また、逆に
夢を見る回数が減ってきたようにも思う。
まったく見ない日も多くなってきた。

そして夢を見ていると
その見ている自分に気付いていることがある。
ああ。。
これは夢なんだ。
夢の中のお話なんだと。
そしてまた
それを楽しんでやろう・・とする
自分にも気付いていたりする。

だから
この夢の中で思い切り
楽しんでやろうと
話のスジを好きな方に持っていったりする。

その持っていった筋立てを
にやにやと楽しみつつ
映画を見るように楽しんでいたりする。

そんな自分に気付いた人は
案外に多いのではないだろうか?

このノーラン監督さんも
そんな人だったのではないだろうか?
そしてこの映画を作る気になったのではないだろうか?

場面

そして。。そして。。
素直な気持ちでこの映画を見てみた。
感想は?っというと。

う・・・む。。。
むむむ。。。

なんというか。
この映画を観ている時間の間。
私の頭の中を
別の誰かに占領されてしまっていたかのような
感じがすることだ。

マレーネ・デートリッヒの歌かと勘違いしていたが
エディット・ピアフの歌声が
最後の最後に流れることによって
この歌で
私自身の目が覚めてゆくような気がしてしまう。
この歌の持つ意味が
とても深く心に気に掛かるのだ。

夢の中の出来事だったのか。
それとも現実の出来事だったのか。
いったい。
はじめから どっちだったのかと。
観終わった後も
ずっと尾を引いて
なんとも
喉元に引っかかってしまう。

場面

う・・・む。。
もう一度自分の中で
しっかりと立て直して
構築しなおさないと
このお話のわけがわからなくなってしまう。
もう一度はじめから見直して
一言一句 一挙一動を
見逃すまいとしなくては
答えが出ない作品のようにも思う。

他人の夢の中で見る
そのまた夢の中の夢の
そのまた夢の中にある潜在意識の中という
入り組んだ物語の構成に
頭がすっかりとこんがらがってしまいそうな
観ているこちら側も
かなりしっかりと組み立てて構えていないと
訳がわからなくなってしまうような映画だった。

場面

うぅむ。。
もう一度観なおしてみたい。
またこの映画は
映画として映画館で観るのがお勧めである。
それが相応しいような映像の素晴らしがある。

とても不思議で目が離せなくなるほどの
魅力的な動きのある映像が
摩訶不思議な世界へと誘い虜にする。
目が離せない。
不可解な法則を越えた世界観が存在する。
ぜひぜひ自分の目で見て欲しいです。

気にかかる俳優さん
↑気にかかる俳優さんでした。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY