ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

10<<  2017.11 >>12
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』
ブレイキングドーン
映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』

やっぱり観に行ってよかったわぁ~~~!

指輪

part1の方はちょっと
甘ったるすぎてかったるいような・・・中休み的な感じのする作品だったけれど。
今度のpart2の方は
しっかりしたと濃い目の内容となっていて
見ごたえがたっぷりとあって、
あっと言う間の展開の速さに・・・時間がささっと過ぎてゆくようだった。

目

少々、原作を読んでいる者にとっては
物足りないようにも思えてしまう所も随所にはあるのだが。。

どきどこ

ドキドキハラハラとする臨場感はさすがのもので、
どうっと引き込まれていってしまう。

戦い

特に物語を読んで知っている人ほど
最後のシーンの方の場面には興奮していってしまうと思う。

戦い

え~~~!!こんな馬鹿な!
こんなことになってるの?映画では?
えぇえぇ~~~~!っっと。
驚いてしまう展開が多く盛り込まれている。

ヴぁるとーり

一気に手に力が入ってしまう。

そして迎える大どんでん返し!

はぅ~~~っと。力が抜けてゆくようだった。

仲間

これはスゴイ!
上手いストーリー展開だなあ~!っと。拍手したくなった。(笑)

レネズミ

よぉ==く知った原作本のファンたちほど
うまぁ~~く、翻弄されてしまう仕組みのようだ。(笑)

実に良いねぇ~(*^_^*)

ふたり

あまりにも短い上映時間内での内容の抜粋が
ちょっとばかり惜しいようなきもするが・・・

これはこれで充分に楽しめた映画だった。

レネズミ

ひょっとして・・・
まだまだ続きそうな予感もなくもないような。。。?

もしかしたら
娘のレネズミと狼人間のジェイコブとが主人公になって
物語がまだまだ続いて行きそうな。。そんな気がするような終わり方だった。

これに続編が作られるのだとしたら・・嬉しいんだけれどなぁ。。。

今度の
↑今回のパンフレットはカレンダーになっていて。
来年一年楽しめそうな作りとなっているのが嬉しいかな。

ぱンフ
↑その他にも、とってもゴージャスなパンフレットがあって。

パンフ
↑ブランケットとポーチとセットになっているタイプも販売されていた。

映画館で見せてもらったけれど。。お値段が3500円。2種類販売されていた。

この映画上映の映画館が狭かったせいもあってか満杯のお客様でした。

いかがですか?
スポンサーサイト

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画


天才画家ダリ 愛と激情の青春 
なぁんとびっくりとがっかり。。

去年感想を書いていた『Little Ashes』 の映画だが。
7月2日に日本語版が発売されしかもレンタルにもなったのだ。。

ありゃま。。
何もわざわざ輸入版を買うことも無かったなぁ~~~~。がっくし。。

私には好きな映画なのでよかったら 是非どうぞ!

ダリ

昔。伊豆にある20世紀美術館に2度ほど行ったことがある。
最初に行ったのはオープン初日だったような。。
もう40年近くも前の話なので笑ってしまうが。。。

当時には珍しい近代的・・
この近代的という言葉さえ・・今では死語のような。。(笑)

下田へナマコ壁を見に行くついでに寄ったものだった。

次に行ったのは母との旅行で立ち寄った。

ダリ

その頃はなんでか知らないが。
アールヌーボーに凝っていた頃で
諏訪湖にあるアールヌーボー北澤美術館やら。
全国あちこちに出かけて行ったものである。
まあガラスに限らず広く浅く・・(笑)
穂高の碌山美術館から浮世絵美術館やらと
フットワークの軽い頃だったなああ。。

とまたまた脱線。。。

ダリ

その20世紀美術館で
初めて沢山のダリの作品をじかに目にしたのだった。

ダリ

私にはどちらかというと
ビュッフェやシャガールの方が好きだった頃だったので
どうにもダリは受け入れがたくて理解しがたい作品に思えた。

ダリ

あの引き出しがいっぱいある絵とかも。
この40年近く経った今でさえ鮮明に覚えているほどだ。
(それだけ覚えているってことはやっぱりすごい画家さんだったのか・・)
この絵を見終わったあと気分がもやもやとして
自分の頭の中にもあんなふうな引き出しがいっぱいあって
その心の中全てを覗かれて見透かされてしまっているような気がしたものである。

ダリ

あのぐんにゃりと溶けそうな形ひんまがった時計もまた
観ているだけでざわざわと気持ちが悪くなってきて
過ぎてきた過去の重さを後悔しているかのような気持ちになった。

ダリ

なにか潜在的なものに訴えかけてくるダリの作品が
気持ちの穏やかさを破壊した。
時間の過ぎ行く恐怖を感じさせる作品ばかりが多くて
まだまだ20代だった私には苦手な絵ばかりだった記憶がある。

ダリ

まあ。そんなんでその頃出した結論は
わけのわからない絵ばかりで苦手。
私が受けられるタイプの絵ではないな。。っと。

ダリ

そんなダリを描いた映画に『Little Ashes』(2008)という作品がある。
日本では未公開の作品だったので私は英語版で観させてもらった。

ダリ

これがなかなか私には気に入った。
インディーズ映画なのだろうか。

ダリ

映像は美しく情感豊かに描かれている。
美しい音楽の調べも心地よく流れるようにつづく。

ダリ

言葉などあまり必要ではなく重要でもなく。
観ているだけで十分に話の内容が理解できる作品になっている。

ダリ

ただ若い方達には馴染みのない名前が多く出てくるので
私達の年代の方が出演している人たちのその後が良くわかるのでは。

ダリ

若かりし頃のサルヴァトール・ダリと18歳位の時だろうか?
そして彼との同性愛相手だったと噂されていた
フェデリコ・ガルシーア・ロルカとの交流の様子や
それを必死で分かれさせようとしていた
ルイス・ブニュエルとの交流の様子が
また違った形をもって描かれている。

うつくしい

映像はあくまでも美しく繊細である。

ダリとロルカ

ちょっとばかり『ベニスに死す』や『モジリアーニ』の映画などや。
ジャン・コクトーやジャン・マレーの二人を想い出してしまった映画だった。

ジャン・コクトーとジャン・マレー・・
私達の学生時代にはこの二人が印象深い。
この二人の映画やら詩やらをあさったものだった。

有名なマレーの言葉に
「コクトーは憎しみを知らず、愛することを愛した人」と言うのがあって
これが私をいたく感動させたのを覚えている。

いつ頃だったか。ハウマッチという番組にも
自分の陶芸だったか彫刻だったか。
作品を持って出演し。
スター千一夜?だか徹子の部屋だったか。。
そちらにも出演していて話されていたのを記憶する。
齢を重ねても非常に気品溢れる美しい男性だった。

そういえば高校時代に流行った『失われた時を求めて』の
マルセル・プルーストもこの頃の人だったような。

ロルカ

なぜにあの頃は
こういった人ばかりの作品が脚光を浴びていたのだろう。
今思い返してみると不思議でならない。

なぜだったのだろう?

今はもう一度読んでみようなどとは思わない。

と。脱線しまくりだが。。
この映画でダリを演じているのは
「トワイライト」でエドワードを演じていたロバート・パティンソン。

ダリ

この人普段の顔はどうっていうことのない。
どっちかっていうとくしゃくしゃっとした毛深い人。

その彼がいざ演技となると。
どうなったものかみごとな美男に変身するのだ。

不思議な俳優さんではある。

ダリ

繊細でもろさと鋭さのある役柄をやらせたら上手い俳優さんだなあ。。
若きダリの姿がくっきりと浮かび上がってきた。
この人にコクトーとマレーの映画も演じてもらいたいものだと希望する。

ダリ
(ダリさん・・・普通にしていればハンサムだなあ。。)

ダリ
(こんな髭・・・無い方がいいんじゃない?)

今思うと。
私達の学生時代にはあまり色々な遊ぶことが少なかった時代

本の中で遊び。
本の中で夢を見た。
そんな時代だったなあ。。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』 感想。
映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』 感想。

唐突に。。感想を。。~(=^‥^)ゞ ぴっ!!

エドワード
(おおぼったい眉毛の手入れをすべきだったのでは?)

原作がシリーズ中
もっとも面白く大興奮し大いに盛り上がるはずの内容だっただけに・・
この映画の出来上がりの作品には 少々がっかり。。。

式

何が悪かったのだろう?
ビル・コンドン監督さんの作品への焦点の浴びせどころかなぁ・・・

式

この監督さんはきっと
この二人を演じる俳優さんそのものに
それだけのひっぱりどころがあるもののだと判断して
この映画を作ったのではないだろうか?

式

それでは根本的に間違っているのでは??

この二人の現実なんかはどうでもいいのだ。

ちぇす

あくまでも基本は物語にあって
この二人の男優と女優の魅力では無かったのだと言う事を
思い知らされるような作品に出来上がってしまっている。残念だ。

あれほどわくわくさせた原作の面白さがちっとも伝わっては来ない。

ふたり

なんだかひどく長ったらしく
馬鹿馬鹿しく思えるような二人のラヴシーンなんかどうでも良い。
もっとしゃきしゃきと物語を進めて欲しかった。

ふたり

二人のファンへのサービスへのつもりででもあろうか。
見ているうちに
早く物語の先を急ぎたくなってきてしまって飽きてきてしまう。

ふたり

まだかいな?っと。画面に向かって問いかけたくなってしまう。

刻印

刻印の少女レネズミの幼少時代への
ユーモラスな生活をどんどん覗き見たくなってしまうのだ。

レネズミ

またpart2になってやってくる
ハイブリットたちとの厖大な戦いが控えているのだから・・・

レネズミ

どんどん先へ進めなくちゃ物語がどん詰まっちゃうぞ!
なんて思いながら眺めていた。

ジェイコブ

やっと妊娠が解るあたりからの展開は面白い。
こうでなくっちゃねぇ・・・(=^・^=)

おっとっと。。そう思いはじめた時にはエンディングがやってくる。。。(´・ω・`)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


『リメンバー・ミー』 2011年 ロバート・パティンソン
『リメンバー・ミー』 2011年 ロバート・パティンソン製作総指揮

リメンンバーミ

なるほどねぇ・・・・っと。

この映画、
結末を見るまでは
ありきたりの若い人好みの恋愛ドラマなのかと思ってしまっていた。

それにしては虚無感が漂ってるし・・
主人公のイメージが暗すぎるのが気になった。

なるほどねぇ・・・
そこで初めて映画の題名を思い出した。

『リメンバー・ミー』・・・私を忘れないで・・・だ。

なるほどねぇ・・・
こういう事だったのかと納得がいく。

記憶

しかも、
もうすっかりと忘れてしまっていた記憶の1ページをも
もう一度しっかりと頭に叩き込むような重みをもって
鮮明に思い出されてきた映像があった。

2001年9月11日・・
”アメリカ同時多発テロ事件”

もう2001年の事だったのかぁ。。。

わすれないで

年月の経つのは早すぎて。
あっという間に
いかに大きな出来事ではあっても
所詮は他人事となるとなおさらで
年数すらも忘れてしまっていた。

そのくせに、自分のかかわったイベント事となると
どんなにくだらない事であっても
しっかりと覚えているものである。

このテロの数日後には待ちに待っていた
ディズニーシーのグランドオープンがあり
友人たちと母と母の友人たちまでを誘い合わせて
5日間もオープニングの前日からミラコスタに泊り込んでいたのだ。

このテロの影響もあってか
入場者全員の手荷物検査と身体検査などが
いちいち念入りに行われることとなり
そのチェックが何時間にもわたって行われた覚えがある。
少しでも早く入りたいという
はやる気持ちの出鼻をくじかれた気がしたものだった。

ぶんぶん上を飛ぶヘリコプターがやけにうるさくて
いらいらとして長い列をまっていたのを想いだした。

そんなこんなを想いだした映画だった。

誕生日

忘れないで・・
決して忘れるなよ!と・・この映画は言っている。

それは主人公のことなどではなくて
このアメリカ同時多発テロ事件のことを
忘れてくれるなよ!と言っているかのような映画だった。

確かにそうだった。

このテロの事件が起きた時には
もうそろそろ寝ようかしらという時で
何の気なしに観たニュースで取り上げていたのだ。

ニュースステージョンだったような。。

それもまるで映画のワンシーンのようでいて
あまりにも実感と言うものが沸かなかったのを覚えている。

それほどに余りにも唐突で
絵空事のように見えてしまったのだ。

徐々にリアルタイムで朝までぶっ通しでニュースが流されていて
刻一刻と事情が鮮明に解ってくるうちに
その現実感におののいたものである。

あまりにも大きすぎる犠牲者の数。。

ふたり

私を忘れないで・・
確かに、亡くなった一人ひとりの方々が
私達にそう呼びかけてでもいるような
そんな作品である。

ふたり

青春を悩み、生きることを悩み、
家族との絆で悩んでいた青年の
さあ、これからが前向きに生きていくんだぞっと。

ニューヨーク

新たなる人生の始まりを感じさせた途端の
途切れてしまう生命。人生。

ニューヨーク

生き急いだわけでもなく
死に急いだわけでもなく
ごく普通に悩みを抱えて生きていた青年の
もの言わぬ最後であった。

愛情

ただ一つの救いは
いつも父親の愛情を得られていないと思い込んでいた彼に
父親が彼をも深く愛していたんだと確かめられてから死んだこと。

愛

兄への慕情と。父への渇望と。妹への溢れる愛と。
気の置けない友人との友情と。
母親の信頼と義父との誠実な関係と。。
恋人への充足した愛情と満足感と。。

わかりあう

以外にも死んだ後に書き連ねてみると
案外に愛情に溢れた男だったのではないだろうか。

ビル

こんなにたっぷりでいっぱいの愛情に包まれていた男も少ない。

ビル

身内の縁の薄かった私には羨ましい限りの男ではないか。。
血縁者が傍に居るだけで幸せだというものである。

ビル

そしてこの父親役のピアース・ブロスナン。
仕事をばりばりにこなす大金持ちのお父さん。
このお父さんもちょっと可哀想過ぎるのではないかしら。

死

だって、
長男は音楽に挫折した挙句に22歳で自殺。
次男は自分が事務所に呼び出した事でテロにあって22歳で死亡。
自分本人は時間に遅れたがゆえに助かったのだ。

父親

これじゃあ、余りにも気の毒というものだ。

お墓

お墓の前に立つ彼はまだ立ち直れていないようだった。
よろけそうな父親の姿に同情してしまう。

お墓

あまり理解しあうことのなかった親子ではあったのだが
やっと解り合えたという兆しが見えた瞬間に息子は亡くなってしまったのだ。

娘

最後に残った娘にだけは
これからはきっと惜しみない愛情と時間を注ぐことだろう。

娘

そして恋人の女性にも辛い過去があった。

母

母親を10年前に地下鉄強盗にあって目の前で殺されてしまっていたのだ。

大事な人を次々と失ってしまう巡り合わせの彼女。
彼女も辛すぎる。。

彼女

だがその彼女が最後のシーンで
そんな過去をも踏み越えて
一歩前へと前進して生きていこうとする。。

生きていくことへの復活である。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


ニーベルングの指輪(2004年) 映画感想。
(今日は朝からマロンママに乗せてもらってお注射2本。
お昼には大道芸にお友達と待ち合わせなので前に書いておいた記事を)

その昔の学生時代に流行ったものに
ギリシャ神話や北欧神話といったものがあった。

指輪

このニーベルンゲンの指輪もそうだった。
(昔私達はこの物語をこう呼んでいたような。。
 話の内容もこの映画の物語とはかなり違ってはいたが・・)

つい先ごろ大きな映画となり話題となった
『ロード・オブ・ザ・リング』の指輪物語も
その頃にはもう和訳されていて・・
と、言っても。
今の様にすらすらと読みやすい和訳などではなく
幾分に古文じみた表現の多い流れの和文でではあったのだが。
かえって、
その言葉の韻の魅力にはまってしまって
無我夢中で読み終えてしまった記憶がある。

そしてまた映画の封切りの折には
もっと軽くて小さくて
コンパクトな全集となったものが出版されていて
例によってお風呂の中で全部で10冊だったかそれ以上だったか。。
数日間で読み終えてしまったものだった。

私はこの『指輪物語』が大好きで。
かっては3度ほど読みきっては同じ場所で泣いている。(笑)

幾度読んでもその世界は色あせることがなく
臨場感もひしひしと伝わってくるような迫力だ。

ジークフリート

良く人から、
なぜにそんなに映画が好きなのかと尋ねられることがある。

私達の子供時分には
町内に3つもの映画館があり
二本立て三本立てで50円だ80円だで
東映の時代劇から外国映画まで観ることができたものだった。

アラン・ドロンの『太陽がいっぱい』や
『ブーべの恋人』『鉄道員』『死刑台のエレベーター』
『昨日、今日、明日』『バイキング』『ローマ帝国の滅亡』
などなど。。
まあ、さすがに『クレオパトラ』やら『ベン・ハー』やら
『十戒』などは指定席のある大きな映画館で観たのだが。
その映画館とご近所の映画館が
歩いても10分位しか離れていなかったのだから面白い。

それほど映画館が多かった時代だ。

そして映画館の帰りには家族揃ってお食事へ。。

ゆったりと一日コースのイベントでもあった映画鑑賞。
今思えば懐かしい。

そんな時代をすごしてきたからか
私は映画というものが大好きである。

これは死んだ養父母のおかげででもあるような。
養母は毎週決まって、
土曜日になると私を伴ってあっちの映画館へこっちの映画館へ。
ジャンルを選ばずに観にいったものだった。
おかげで私もすっかりの映画好きに育ってしまったようだ。

養父母について・・
静岡にきてからの記憶で、
何を一番に覚えているかというと。
夜になって、この映画館からの帰り道に
養父の背中におぶわれて
うつらうつらと眠りながら家路についたことだった。

それまで一緒に暮らしていた祖母や兄・・
そんなものを全て忘れた。

だからか、好きな俳優さんもかなり年配な人が多い。
なんせ明治と大正生まれの養父母だったのだから無理もないか。
事情を知らない友人は祖父母と暮らしていると思ったようだった。

チャールトン・ヘストンに。ユル・ブリンナー。
ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ。
ジョージ・チャキリスに。キャンディス・バーゲン。
エリザベス・テーラーにリチャード・ハリス。
オードリー・ヘップバーンにジョン・ウエイン。。etc。

日本人ならば、
大川橋蔵に市川右太衛門。近衛十四郎。三船敏郎。。etc。

女王

まあ話がまたみごとにそれてしまったが、
ニーベルンゲンの指輪。
この名前には別の意味で聞き覚えのある方も多いだろう。
遠くオルフェウスの窓の中でも語られていたし。
今では池田理代子さんが漫画で描いてらっしゃるし。
里中真知子さんも描いていらっしゃる。

この二つの漫画も、近いうちに読んでみたいと思っている。

ニーベルンゲン

神話と呼ばれるものの多くには
戒めであったり、教訓であったり、
道徳的なことを説いているものも多く。
ましてや
人間の業についてや欲深さに触れているものは数多くみられる。

そして、これまた愛と愛に伴う猜疑心から生まれた誤解と悲劇。
愛の確かさを信じ切れなかった者への天罰なども多く語られている。

王子

手に入らない時には欲しくなり
手に入ったものならば それ以上のものが欲しくなるし。。
愛の不確かさと人間の業と欲の物語はつづき。。
凄惨な結末を迎えている。

ジークフリート

少々解せないことがある。
それは、神々の持っていた宝の呪いのことだ。

ジークフリートはその宝ゆえに呪いをかけられたのだが
そもそもその神々の宝とは何処から手に入れたものなのか。
ましてや姿の無い神様のこと。
これだけ多くの黄金と宝石の宝飾品類を何処で使うというのだろう。
食べるでもなく・・着飾るでもなく・・商売するでもなく。

神様なのだから物欲は無いはずだろうに。

自分たちすらも人間たちから奪った宝の品々を
それを奪われたからと竜を呪い。
その竜を倒して奪ったジークフリートを呪い。
そのジークフリートが愛の証として与えた妻を呪い。。

う・・む。いまいちよくわからん。

それほどにたたる神様って神様なのかしらん。

ましてや竜が宝を奪ってなんとする?
食べれるわけでもあるまいし。意味がないような気がするなあ。

まあ。へそまがりな私の意見だけれどね。。(笑)

王子様役
↑「トワイライト」のエドワード・カレンを射止める前の作品。

パティンソン
↑善良な王子様の役柄を勤めたロバート・パティンソン。

王子様
↑この作品でみると ただのもやもやっとした少年でした。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



Design&Material By MOMO'S FACTORY