ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


逃走中・・を見て。
逃走中・・

私はこの番組が大好きだ。
この間あみちゃんに
前の分の録画を送ってもらったのだが。
実に面白い!
すっかりはまってしまった。

出演者たちと一緒に
どきどきわくわく はらはらと。
心臓にも悪そうな番組ではあるが。
面白くってたまらない。

あみちゃんに先日お電話でお聞きすると
これを普通の街中でやっていたのだとか。
早朝ではあろうが。
普通に生活している場所でやっていたらしい。

その頃のを是非拝見したいものだ。

しかし。これ。見ていて思ったのは
やはりアスリートと呼ばれる人たちの
運気の強さだ。
やっぱりその身体能力の素晴らしさだけではなく
五感も六感も働いていて
なおかつ運気の強さも兼ね備えているようだ。

一番最初につかまってしまっても
敗者復活から生き残り
最後まで生きぬいて賞金を獲得して
帰っていかれる姿をみて。

やっぱりすごいもんだ!と。感心した。

それと無欲な人にも
ツキがまわってくるようでもある。
あまり最初からガツガツと
金銭欲を剥きだしにしていると
これもまた その立ち昇るオーラゆえにか
すぐにハンターに捕まってしまうようだ。

人の良さと。
その人の人間性の本質が
見え隠れする番組でもあり。
ついつい女性に優しかったり
ミッションを積極的にこなす人に。
声援を送ってしまう。

犠牲的精神で
つかまってしまったりする人には
なんとも気の毒で同情してしまったり。

すっかり逃走中にはまってしまったようだ。

いざ自分が・・・と思うと。
どうだろ。
あっというまに捕まって終わりだろうな。。(笑)

★・・

明治村も30年ぶり位だろうか。

楽しく拝見できました。


スポンサーサイト

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ


金曜プレステージ『東野 圭吾ドラマスペシャル 探偵倶楽部』
金曜プレステージ『東野 圭吾ドラマスペシャル 探偵倶楽部』
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2010/101012-184.html

探偵物語

なんともおっとりとした
品の良い頃合の物語展開と。

見ているものを
ほっと和ませるような探偵物語である。

そういえば、
見ているうちに。
古き良き時代を懐かしむような
そんなノスタルジックな感傷的な気持ちにもなってきた。

シャーロック・ホームズとエルキュール・ポアロを
ない交ぜにしたような
そんな規律正しい紳士的な様相の主人公。
二階堂匠を谷原章介さんが演じて。
その凄い記憶力を持った助手漆原こずえ役を
『ゲゲゲの女房』での松下奈緒さんが演じている。

どちらも、
さらさらっとした雰囲気で
ちっとも 
ねっとり感の無いコンビで違和感も無く 
すうっと受け入れられるような雰囲気を持っている。

どちらもその場の雰囲気を緩和して
やわらかく包み込むような谷原章介さんの声と
きょとんとした美人の助手と。
とても良い具合にマッチしている。

もともと東野圭吾さんと言う方が
描かれてゆく探偵には
どことなく
こういった古き良き時代を懐かしむような
主人子が良く出てくる。

それは彼が若かりし頃見た
探偵物語や映画の影響だろうか。

私には
厳しい刑事物語などよりも好ましく。

またシリーズ化してくれないかしらね。
と。望む。

テーマ:2010 秋の新ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


日本テレビ松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ「霧の旗」
日本テレビ松本清張生誕100年記念スペシャルドラマ「霧の旗」


若い頃にはよく
祖母や叔母、母や従姉妹たちと連れ立って
よく歌舞伎を観に行ったものだった。
夏には駒絽の紋付を着て
虫の入った赤い琥珀の帯止めをつけて
よそいきに装っている祖母が
とても可愛らしく見えたものだった。

間合いに食べたお弁当。。。
などなど。。
梨園・・・というと。
そんな事ばかりを想い出す。

今日の松本清張さん生誕記念ドラマの
スペシャルドラマ『霧の旗』を観た。

なんというか。
独特の存在観のある海老蔵さん。
MR・ブレインで観たときにも
凄みのある存在観で
他を圧倒していたのだが。
いつでも真剣勝負をしているような
底力のある演技で押しが強く
畑違いの役どころをこなしている。

お話の内容としては
とても怖いお話であって
こんなことが実際にあったとしたら
とんでもない。。
と。思うと同時に。

いつもドラマを観ていて。
お定まりの一言を。(笑)
まずは死体なんか発見しちゃった折には
何があっても何はなくとも
まずは即警察に連絡を。
110番すればすんだことなんだから。。
と。思う次第。

この間最終回を迎えた
『左目探偵』にしても思ったのが
出血多量で死に掛かって居る兄を
本気でその命を助けたいのだと思うならば
まずは救急車を手配すべきじゃないのか。
電話一本ですむんだし。。

高層ビルから・・
自分で背負って運ぶか?
山の中でもあるまいに。
東京のど真ん中。ビルの中。
一本電話をかければよいのでは?
と。
しかも空き地なんかを背負ってたり。。
街中で血だらけの出血多量の人を背負っていれば
だれかが手を貸すはず。。
あんなに可愛い男の子が必死なんだもの。(笑)

いつでもわざとらしくも
回り道をして問題を提起してゆく
ドラマ作りには異論があるのだが。。(笑)

なんて。
ついついこのドラマにしても
死体を発見したときに
きゃあー!!って叫んで人を呼ぶか。

電話一本かけて警察を呼べば済んだこと。
なんて。言い出したら
元も子もないか。。(笑)

右京さんみたいな刑事さんがいれば
ちょちょいっと解決してくれただろうに。。

と。
ああだこうだ言いつつも。
今日はじっくり観させてもらったドラマだった。

普段。
ひまか?っと顔を出す
相棒の角田課長さんが犯人役とは。。

あまりにも雰囲気が違っていて
最初どこかでみたような。。
と。思い出すのに時間が掛かってしまったわ。。(笑)

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ


『宿命1969-2010~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~』 第四話
『宿命1969-2010~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~』 第四話


なんだかいやだなああ。。
このお母さん。
計算高すぎて。。
息子の出生も。
息子の将来にも。
そもそも
母親の政治意欲のために
育まれ仕組まれていて
尚且つ
上手の手から水が漏れるの例えのように。
自分が敷いたレールの上に
不都合が生じたからって
こんなふうに。
自分の都合だけで。
一人の女性を罠にかけて
踏みにじっていいものだろうか。

なんだか。。
嫌な女だな。

どんなに魅力がある女性でも
どんなに名誉と財力があっても
とても私にはついていけない。
怖すぎるね。


テーマ:宿命1969-2010 - ジャンル:テレビ・ラジオ


『宿命1969-2010~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~』 第三話
『宿命1969-2010~ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京~』 第三話


今にして思えば・・・
あの時、ああしておけば良かったのだとか。
あの時、こうしておけば良かったのだとか。
ああもこうもと後悔するようなことが
ひとつやふたつはあるものだ。

いや。
ひとつやふたつ位なら
少ないくらいな方かもしれない。

私などは、
いくつもいくつも。
数え切れないほどあるのだ。

それが運命の流れのままにというものか。
あとでつらつら思うに
あの時、
もう一方を選択していたとしたら
どうであったろうと思われることも多い。
年齢を経てみて
はじめて見えてくることも多いのだ。

人生とはそんなものである。
この宿命という物語も。
その人生の波を描いている作品だ。

そして、もうひとつ。
運命を左右するものの一つに。
人の思惑というものがある。
個人個人それぞれの人の思惑。
それが余計と
運命を狂わせて行くといっても
過言ではないのかもしれない。

この奥田映二さん。。
『独眼竜政宗』の時には
石田三成役を演じていて
まだまだ細面の線の細い役者さんだったのだが。
いつのまにやら勝新太郎さんのような
癖のつよい アクの強い俳優さんに。
時はうつろっているようだ。


テーマ:宿命1969-2010 - ジャンル:テレビ・ラジオ



Design&Material By MOMO'S FACTORY