FC2ブログ
ちわわんと言うハンドルネームと、タイトル名と、この名前を作ってから・・・いつの間にやら 20年余りも経過しちゃったなぁ~・・・あの頃は、タグ打ちの時代で、同じ名前は登録できなかった時代だったのになぁ~~~・・・Windows95のホームページの時代から考えると、すごいわよねぇ。。写真もコメントもさくさく入れられるようになっちゃって驚いちゃうわよね( *´艸`)

01<<  2021.02 >>03
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

ひとりごと・・

ちわわん

Author:ちわわん
知り合った多くの友人たちに。
感謝をこめて。

↑写真はぷりんちゃん15歳6ヶ月と20日(2015年6月20日没)と
3年前に5月7日に17歳で亡くなったその母ムーバです。

静岡市在住の。
ご近所の犬ともだちさんへ。
ありがとうの言葉を添えて☆

長い犬人生と映画など色々。
20年程前のホームページも合体しました。
これからもよろしくお願いいたします。


最近の想い出綴り


最近のコメント


分類


あしあと


QRコード

携帯用にどうぞ。

QRコード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


愛の劇場『吾輩は主婦である』1から8 宮藤官九郎 2006年
愛の劇場『吾輩は主婦である』1から8 宮藤官九郎 2006年


宮藤官九郎さんの作品には
愛情が満ち溢れているなあ。。
ご自分で作中でもおっしゃっているように
どろどろの厳しさや、
じめついた薄暗さはないけれど
とっても優しい温かな
愛情深い想いやりが
作中のそこかしこに溢れているように見える。

どの作品にも
観ているこちら側の
心が温まるような
どれもこれも
付け焼刃では表現しきれないような
深い想いやりが見える。

忘れてはならないもの
そんなものを想い起こさせる。

恋人や家族への情愛に溢れ
友人知人に対する思いやりに溢れる。
小さな気遣いやきめ細かさの
感じられる作品が多いようだ。

観ていると
ほんわかしあわせな気分が
連動して伝わってくるようだ。

きっと、
お母様や奥様への心遣いからか
自ずと沸き起こる作品が多いのだろう。

観ている方としては
我がことのように
多くの慰めを受けるような
癒された気持ちがするものだ。

そしてまた
素敵な夢のある作品も多くて
羽目を外しすぎるときも多いけれど
なんだかそれも
素直に受け入れられる
魅力を多く持っている。

ハチャメチャなようでいて
笑の中にもきっちりと
多くの優しさを含んでいる。
そんな
気持ちの嬉しい作品が多い。

このお話も
荒唐無稽のようでいて
誰しもが、
ちょっとは考えたことがあるような
歴史上の英雄や知名人が
自分だったとしたら・・・
自分であったのならば・・
っといった発想に基づいている。

そんな発想。。
小さな頃に夢見ませんでした?
空想しませんでしたか?

自分がクレオパトラだったらとか。
自分が織田信長だったらとか。

そういった具合の
夢のようなお話。。。

それが今現代においての
自分だったとしたら・・・
と、仮定してゆくと。
もう、
それはそれは
楽しくてしょうがない。

そんな空想物語を
おもしろおかしく
ほろっと描いてくれた作品で
しかもそれが
今現代のごく普通の主婦の身の上に
起こるのだから・・

あの文豪・・夏目漱石が・・。
のり移っちゃううんですよ。

これはもう
間違いなく面白い!
お勧めですよ!

この夏目漱石の
心の声をやっている本田博太郎さんが
これがまた、
実に味わい深くていい声なのです。

そして宮藤官九郎さんの
御馴染みのメンバー
『マンハッタンラブストーリー』にも
出演されていた
赤いトレーナーの女とか
いぼりんとか。。
相変わらずの面白さです。

そして及川光博さんは
なんと二人の子持ちのお父さん役です。
可愛らしいお父さんでお似合いです。
こんなお父さんもいいだろうなあ。

ぜひどうぞ!


スポンサーサイト




テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


コメント
No title
お向かいの奥様。。。
すごすぎましたね。
なまはげみたいな女性でしたね。
強烈でした。

ミュージカルみたいに
二人で歌ったりする場面が素敵でした。

いいですよねえ。。
あんなふうに歌えたら・・・
どろどろは苦手なので。。

ああいいうさらっとしたものなら
昼ドラマも楽しかろうと想いましたね。
[2010/01/05 04:55] URL | 猫又さんえ #vkcXtX9g [ 編集 ]


昼ドラマなのに、どろどろの少ないドラマでしたね。確かミュージカル仕立ての部分が、あった様な?斉藤由紀さんとミッチーさんが、デュエットしてたなあ。私はお向かいの奥様の、暴れっぷりが印象に残ってます。
クドカンドラマは、楽しいですね。
[2010/01/04 23:12] URL | 猫又 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://terajimasusumusan.blog37.fc2.com/tb.php/1638-5efda7dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY